理想の就活/転職のための
自己分析サイト

クッキングアドバイザーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今クッキングアドバイザーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいクッキングアドバイザーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのクッキングアドバイザー適性診断結果

あなたの適性度は46%で、クッキングアドバイザーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。クッキングアドバイザーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

クッキングアドバイザーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.料理の知識と調理技術がある
2.栄養に関する知識が豊富
3.世の中のトレンドに敏感
4.説明能力が高い
5.資料作成が得意
6.向上心、研究心がある
7.優れた接客のスキルがある
8.臨機応変に対応できる
9.時間の管理が得意
10.社会に貢献したい気持ちが強い
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 料理の知識と調理技術がある 』

だいぶ兼ね備えている

クッキングアドバイザーは、食品や調理器具について言葉で説明するだけでなく、人前で料理を披露する機会もあることから、食に関する知識と共に高い調理技術が求められる職業です。調理に関する知識と技術を磨き、消費者に対して自信を持って食関連の商品をアピールし、説得力のあるアドバイスができるようになりましょう。

『 栄養に関する知識が豊富 』

そこそこ兼ね備えている

栄養に関する知識は、食関連の知識のなかでも、クッキングアドバイザーにとって大切なものです。必ずしも資格を持っている必要はありませんが、専門的な栄養の知識を身に付け、正しく消費者に伝えられるようにして下さい。栄養素と健康、栄養素と美容の関係性など、消費者にとって身近な、生活に役立つ情報を収集しておくとよいでしょう。

『 世の中のトレンドに敏感 』

あまり兼ね備えていない

流行や動向を知り、時代のニーズをキャッチすることは、商品の魅力をアピールして消費者の購入を促す一助となります。クッキングアドバイザーの役割を果たすためには、常にアンテナを張り、時代の流れを理解しておくことが大切なのです。テレビやインターネット、雑誌など幅広い媒体から賢く情報収集をできる能力を身に付け、クッキングアドバイザーとして活躍しましょう。昨今は、レシピサイトで調理法を検索する人が増えているので、家庭での調理法のトレンドについても知っておくことが必要です。

『 説明能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

クッキングアドバイザーには、伝えたい情報を正しく相手に理解してもらえるように、分かりやすく説明できる能力が求められます。どれほど豊富な知識を持っていても、相手に伝える力がなくては、クッキングアドバイザーの仕事は成立しません。間違った情報が伝わることがないように、言葉の選び方には十分に注意をして、適切に説明をするように心掛けましょう。話す時のスピードにも気をつけることが大事です。

『 資料作成が得意 』

だいぶ兼ね備えている

クッキングアドバイザーとして働く上では、資料作成を求められることもあります。料理や栄養に関する情報を話し言葉で説明できるだけでなく、書き言葉でも分かりやすく伝えられる能力が求められるのです。必要に応じて、適切に図やイラストも交えながら、資料を作成するようにしましょう。動画の編集ができると、さらに資料作成の幅が広がります。

スポンサーリンク

『 向上心、研究心がある 』

そこそこ兼ね備えている

料理やグルメの世界は、進化が目覚ましく、日々新しい調理法や食品が生み出されています。自分が取り扱う商品に関しての知識を深めることに加えて、食全般に関する飽くなき探求心を持つことが、クッキングアドバイザーとしての成功にもつながることでしょう。日々研究を重ね、向上し続けられる努力型の人は、クッキングアドバイザーに向いています。

『 優れた接客のスキルがある 』

そこそこ兼ね備えている

消費者に製品の説明をするクッキングアドバイザーは、基本的には人と接する仕事です。接客のスキルを生かして明るく親しみやすい応対をすることで、積極的に話を聞いてもらい、製品に興味を持ってもらえるようにして下さい。自分のアドバイスを相手の消費行動に巧みに結び付けられるよう、相手が求めているものを察知して的確に提案できるスキルを磨くと、さらに活躍の場が広がることでしょう。

『 臨機応変に対応できる 』

だいぶ兼ね備えている

クッキングアドバイザーが働く現場は、多岐に渡るものです。各地のスーパーやデパートの売り場に出向いてデモンストレーションをすることもあれば、学校や施設に呼ばれて説明をすることもあります。個人宅を訪問して調理をするケースもあり、使用できる調理器具やスペースが現場によって異なりますが、慌てずに冷静に対応することが大切です。クッキングアドバイザーには、その時々によって変わる現場に柔軟に馴染んで、臨機応変に対応しながら仕事をする姿勢が求められているのです。

『 時間の管理が得意 』

兼ね備えていない

スケジュール管理能力や時間配分のスキルも、クッキングアドバイザーにとって不可欠なものです。自分が割り当てられた説明やデモンストレーションの時間を効率よく使えるように心掛けましょう。また、消費者から質問等があった場合に適切に回答できるようになることも大事です。説明は分かりやすく丁寧に、かつ、長くなり過ぎないようにして下さい。

『 社会に貢献したい気持ちが強い 』

兼ね備えていない

不特定多数の消費者に食の魅力を知ってもらうことや、新しい商品を手に取ってもらうことは、簡単なことではありません。クッキングアドバイザーの仕事を続ける上では、食を通じて社会貢献をしたい、より快適に暮らすためにプラスになる情報を伝えたい、といった熱意を持つことが大切です。社会との関わりが深い仕事に就く責任感と感謝の気持ちを忘れず、クッキングアドバイザーの仕事を極めて下さい。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのクッキングアドバイザー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る