理想の就活/転職のための
自己分析サイト

制御設計に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今制御設計の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい制御設計に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの制御設計適性診断結果

あなたの適性度は37%で、制御設計の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。制御設計を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

制御設計に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.コミュニケーション能力が高い
2.自分で勉強する意欲がある
3.プログラミングのスキルがある
4.論理的な思考力がある
5.新しい事を取り入れる姿勢がある
6.機械やものづくりが好き
7.社会を支える仕事をしたい
8.電子工学や物理の知識がある
9.3D-CADでの製図スキルがある
10.忍耐強い
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 コミュニケーション能力が高い 』

あまり兼ね備えていない

制御設計では、顧客からヒアリングした内容から要件定義を行い、それをベースにして設計・開発します。そのため、顧客の意図を正確に汲み取るためのコミュニケーション能力が必要です。また、現場では、高度な専門知識が必要な業務を、自身が担当するパート以外のエンジニアやプログラマとも協力しながらやっていくために、明確な説明ができたり柔軟なコミュニケーションがとれることが求められます。

『 自分で勉強する意欲がある 』

あまり兼ね備えていない

制御設計の仕事では、高度な専門知識とスキル、思考力が求められますので、自分で勉強していく意欲のある人が向いています。プログラミングや機械の知識だけでなく、電気・電子関係などの学問的な知識も必要となります。また、それらの知識を開発チームのメンバーに説明する能力も必要です。さらに、業界の状況の変化により新しい知識を取り入れなければならないこともあるため、業務時間内でなくとも日常的に学習していく姿勢があることが望ましいです。

『 プログラミングのスキルがある 』

そこそこ兼ね備えている

制御設計は、機械を制御するシステムをプログラムする仕事なので、ITやプログラミングの能力が必要です。コンピュータ上で動作するソフトウェアだけでなく、ハードウェアやOSについての知識も必要になるのが特徴です。使われるプログラミング言語やOSは、状況によって異なるものが使われますが、コードを書くことやOSへの理解などのスキル・知識を学ぶことを苦にしない人が向いていると言えます。

『 論理的な思考力がある 』

そこそこ兼ね備えている

物事を筋道立てて論理的に考える能力は、制御設計の仕事をする上で大切です。顧客の要望をシステムの要件定義に落とし込むためには、論理的に物事を考える思考力が必要です。また、チーム内で協力して開発を進めるためには、正確に効率よくコミュニケーションをとれなければなりません。そのためには複雑で高度なことを把握する理解力が必要であり、そのためにも論理的思考力は必須です。

『 新しい事を取り入れる姿勢がある 』

あまり兼ね備えていない

新しいことを学び柔軟に取り入れていく姿勢も、制御設計の業界では大切です。IoT分野などにおける製品の進化や、プログラミング言語の分野の変化など、制御設計業界は時代とともに大きく変化していきます。そのため、これまでのやり方にとらわれずに、最先端の知識にキャッチアップしていく姿勢が必要です。新しいことに興味を持ってチャレンジしていける人が求められていると言えるでしょう。

スポンサーリンク

『 機械やものづくりが好き 』

そこそこ兼ね備えている

機械が好きな人やものづくりが好きな人は制御設計に向いています。仕事では、様々な種類の機器に関わるチャンスがありますので、機械好きな人には楽しい仕事になるでしょう。また、機械に新しいシステムを搭載したものを生み出す仕事なので、ものづくりが好きな人にとってもやりがいのある仕事であると言えそうです。このように、機械やものづくりが好きな人は、制御設計の仕事に向いていると考えられます。

『 社会を支える仕事をしたい 』

十分に兼ね備えている

制御設計は、家電などの身近な機械から、工場での作業を自動化する産業用ロボット、インフラ施設など、様々な形で社会に役立っています。自分が設計・開発に携わった製品が世に出ることや、それが社会の役に立つことに対して誇りに思える人は、制御設計の仕事に向いていると言えるでしょう。やがて社会を支えることになる仕事にやりがいを感じながら、業務を行っていくことができるはずです。

『 電子工学や物理の知識がある 』

兼ね備えていない

制御設計においては、工学や物理学などの学問的な知識も必要となります。電子工学は、電気の仕組みについての学問で、物質中の電子の流れなどを扱います。制御工学で必要となる物理学は、「機械力学」「材料力学」といった機械やその材料に関する力学の他、「流体力学」「熱力学」などです。高度な知識で万人が容易に習得できるわけではないので、大学などで学んでこれらの分野の専門知識に自信がある人は、制御設計の業務に活かして活躍することができるでしょう。

『 3D-CADでの製図スキルがある 』

兼ね備えていない

制御設計では、設計を行うために、製図のためのツールである3D-CADが使われます。大学や専門学校などでCADの使い方を習得した人は、スキルを活かすことができます。プログラミングや制御ロジックの部分以外でも仕事をすることができ、仕事の幅が広がるでしょう。

『 忍耐強い 』

そこそこ兼ね備えている

制御設計の仕事は、予定通りに進行しないこともあるため、忍耐強さが必要です。例えば、プログラムのバグなどによりシステムが仕様通りに動かず、解消に時間がかかって開発が遅れてしまうこともあります。また、顧客側の都合により要件定義をやり直さなければならなくなることもあります。こうした予定通り順調に進まない状況が生じてしまった場合でも、折衝やチーム内の人間関係の調整なども含めて柔軟に対応し、忍耐強く業務を進めて行く能力が、制御設計においては求められます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの制御設計適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る