理想の就活/転職のための
自己分析サイト

コンサルタント適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今コンサルタントの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいコンサルタントに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのコンサルタント適性診断結果

あなたの適性度は56%で、コンサルタントの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。コンサルタントを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

コンサルタントに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.相手の立場になって考えられる
2.知的好奇心が高い
3.課題解決力がある
4.相手の喜びを自分の喜びにできる
5.体力がある
6.柔軟性がある
7.話を聞くのが上手い
8.プレゼンが得意
9.物事を俯瞰できる
10.中長期的に考える力がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 相手の立場になって考えられる 』

あまり兼ね備えていない

コンサルタントは相手の立場になって考える力がある人に向いています。コンサルタントはクライアントからの相談を受けて、クライアントが抱えている課題や悩みを解決するのが重要な役割です。自分の意見を押し付けるのではなく、あくまで相手の立場から考えて何をすべきかを提案することが必要になります。自分主体ではなく、相手を第一に考えて仕事に取り組める人はコンサルタントにうってつけです。

『 知的好奇心が高い 』

あまり兼ね備えていない

コンサルタントは知識欲がある人に適している職業です。クライアントの業界や事業などについて詳しく理解した上で、具体的に何をすべきかを提案しなければなりません。必ずしもすべてを理解している状況からコンサルティングを始められるわけではないので、学ぶ力があって相手に納得してもらえるレベルの知識を持つ意欲がある人はコンサルタントとして活躍しています。

『 課題解決力がある 』

そこそこ兼ね備えている

企業がコンサルタントに相談するときにはたくさんの課題を抱えていることがよくあります。その課題を一通り聞いたときに早急に取り組むべき課題を抽出して絞り込める力があるとコンサルタントとして有用な人材になれます。すべての課題を解決するのが難しいからこそ相談しているという状況があるのを理解して、速やかに課題を絞り込むことができると大きな信用を得ることが可能です。

『 相手の喜びを自分の喜びにできる 』

だいぶ兼ね備えている

コンサルタントのやりがいを感じる上で重要なのが、相手の喜びを自分の喜びとして感じることができる点です。コンサルタントはクライアントに喜んでもらうのが仕事です。その喜びを一緒に共有できるセンスがある人はコンサルタントに向いています。相手を喜ばせようという意識を持って取り組むことで自分も仕事が楽しくなるメリットがあるため、やりがいを持って仕事に取り組むことが可能です。

『 体力がある 』

十分に兼ね備えている

コンサルタントは体力がある人に向いています。コンサルタントはクライアントファーストとよく言われている仕事で、基本的にクライアントに合わせて仕事をする必要があります。夜遅くに対応を求められるようなケースも、明日までに対応して欲しい案件の連絡が突然来ることもあるので、体力的な負担があるのは事実です。それでも動じることがない体力を持っているとコンサルタントとして活躍できます。

スポンサーリンク

『 柔軟性がある 』

そこそこ兼ね備えている

コンサルタントは柔軟性がある人に向いている職業です。クライアントが最初に言っていたことと、次にミーティングをしたときに主張していることが食い違うこともしばしばあります。クライアントの意見がどのように変化したとしても柔軟に対応できる力があると重宝されるのが一般的です。状況が変わったら受け入れて、次に何をすべきかを考える前向きな気持ちがあるのも大切です。

『 話を聞くのが上手い 』

そこそこ兼ね備えている

ヒアリング能力があるのはコンサルタントとして成功している人に共通する特徴です。クライアントは必ずしも課題や依頼内容を伝えるのが得意ではありません。何が重要なのかを聞き出すヒアリング能力はコンサルタントには欠かせません。質問をして何が問題なのか、何をしたいのかを聞き出す力があると、的を射たコンサルティングをしてくれる人材として重宝されます。

『 プレゼンが得意 』

だいぶ兼ね備えている

コンサルタントはプレゼンテーションスキルがあると活躍できます。コンサルティングでは自分の考え方や今後の取り組みなどについての提案をすることが必要です。わかりやすくてインパクトがあるプレゼンテーションができると、クライアントも納得してくれるでしょう。プレゼンテーションのやり方次第で、良いアイデアを受け入れてくれるかどうかも異なるので重要な能力です。

『 物事を俯瞰できる 』

そこそこ兼ね備えている

コンサルタントは物事を俯瞰する力があると喜ばれます。クライアントは専門性の高い事業を進めていることが多く、全体を俯瞰する力が欠けてしまいがちです。一歩引いた視点で全体像を把握し、競合他社との関係なども冷静に見ることができるのがコンサルタントにとって重要になります。木を見て森を見ずにならないように心がける力は、企業から信頼されるコンサルタントになるためには欠かせません。

『 中長期的に考える力がある 』

あまり兼ね備えていない

コンサルタントは課題解決のための提案をできるのが重要ですが、クライアントが考えているのと同じ内容の提案であっては役に立ちません。クライアントの視点は短期に向いてしまいがちなので、中長期的な視野を持つことがコンサルタントにとって重要になります。中長期的な視野で課題解決を考えられる人はコンサルタントに向いています。短期的な視野での考え方も理解しつつ、視野を広げられる力があるのが大切です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのコンサルタント適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る