理想の就活/転職のための
自己分析サイト

建築施工管理技士に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今建築施工管理技士の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい建築施工管理技士に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの建築施工管理技士適性診断結果

あなたの適性度は45%で、建築施工管理技士の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。建築施工管理技士を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

建築施工管理技士に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.体力がある
2.継続力がある
3.危機管理能力がある
4.マルチタスクができる
5.学習意欲が高い
6.精神体力ともにタフ
7.仕事をやり遂げる意欲が高い
8.柔軟性がある
9.リーダーシップがある
10.コミュニケーション能力がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 体力がある 』

あまり兼ね備えていない

建物を建てるためには長い時間をかけなくてはなりません。その期間の安全管理も建築施工管理技士が担うことになるので、人並み以上の体力を求められます。もし体力がなかった場合は、長期間の建設計画に携わることは難しくなってくるでしょう。集中して仕事をしていくためにも、体力が不可欠だと言えます。

『 継続力がある 』

そこそこ兼ね備えている

建築施工管理技士になるためには、一級建築施工管理技士の資格を取らなくてはなりません。一級建築施工管理技士の資格は国家試験なので、難易度は高いです。継続的に学習していく習慣と力がないと、国家資格を取得するのは難しいでしょう。社会人になってから試験勉強をする場合は、時間管理を行う能力も求められてきます。時間が限られている中で自分の勉強時間を捻出し、継続的に勉強していかなければならないのです。

『 危機管理能力がある 』

そこそこ兼ね備えている

建設工事中に事故が発生してしまうと数日間工事が止まってしまいます。工事が中止になり当局が深刻な事故だと認定したなら、労働基準監督官の事情聴取案件になってしまいます。つまり一度事故が起きてしまった場合、会社に深刻なダメージを与えてしまうのです。そのダメージは金銭的なものだけではなく、社会的な信用も傷つけられてしまうことにもなります。建設工事というものにはリスクがつきものなので、建築施工管理技士には全体に気を配れる人材が求められます。少しの異変も見逃さず、すぐに対処できる人が建築施工管理技士に向いています。

『 マルチタスクができる 』

十分に兼ね備えている

工事現場では複数の工程が同時に進行しています。並行して行われる作業はどれも重要なものなので、1つもおろそかにはすることができません。どのような仕事であってもこなせる器用さと、工程全体に目配せをしていくためにはマルチタスクに対応できる必要があります。

『 学習意欲が高い 』

だいぶ兼ね備えている

建築施工管理技士の仕事を更に深めていくためには、隣接する資格を取ったほうがいいでしょう。建築に関わる専門知識を更に拡大していくことで、より工事を円滑に進めることができます。隣接する資格としては、建設機械施工管理技士・管工事施工管理技士・電気工事施工管理技士・造園施工管理技士などを挙げることができます。どの資格も難しい試験を突破しなくては獲得できないので、高い学習意欲が必要です。

スポンサーリンク

『 精神体力ともにタフ 』

あまり兼ね備えていない

建築施工管理技士の仕事は、変則的なタイムスケジュールで働かなければなりません。工事現場は朝早くから始まる仕事ですが定時に終われるとは限らないのです。睡眠時間や休日を削りながら働かなければならないので、体力的にも精神的にもタフさが求められます。

『 仕事をやり遂げる意欲が高い 』

兼ね備えていない

施工管理の仕事は、けして高給とは言えません。少ないこともないのですが、仕事内容がきついのでその分低く感じてしまうことも多いのです。突発的な事故に対応するために休日出勤が求められることもあり、仕事への意欲がなければ続けられないでしょう。施工管理という仕事に誇りを持ち、最後までしっかりやり遂げたいという意思がある人が、建築施工管理技士に向いています。

『 柔軟性がある 』

あまり兼ね備えていない

一度決めた工事計画であっても、そのまま進めていくことができるとは限りません。トラブルが発生した場合、計画を変更していく必要があるのです。工事現場だけでなく、施工会社にも注意を払わなければなりません。計画を変えてくれというような要望にも、柔軟に応じなくてはならないのです。事前に綿密に話し合いを行っていたとしても、担当者が変わると変更を求められることもあるので常に先を見て行動していく能力が必要です。

『 リーダーシップがある 』

十分に兼ね備えている

建築施工管理技士になった場合は、現場をまとめていかなければなりません。人の上に立つには、リーダーシップを取っていく必要があります。正しく指示ができる人がいなければ、作業効率は落ちてしまうでしょう。現場の士気も下がりトラブルの原因にもなってしまいます。指示を聞いてもらうためには公平な態度を心がけなければなりません。誰かをえこひいきしたり、不満が残るような裁定をしてしまうと誰もついてきてくれません。それでは工事を滞りなく進めていくことも難しいでしょう。

『 コミュニケーション能力がある 』

兼ね備えていない

1つの建築現場が、1つの会社だけで運営されていることはほとんどありません。多くの場合、現場や工程で様々な建築会社が関わってきます。初めて会う人であっても円滑に仕事を進めていくためには、高いコミュニケーション能力が求められます。工事を円滑に進めていくためには、ただ現場の中だけを見ていけばいいわけではありません。工事現場の側にはそこで暮らしている人の家もあるため、彼らとの意思疎通を図っていく必要が出てきます。普段から近隣住民と意思疎通を図っていた場合、工事への理解をもってもらえるのでトラブルを未然に防げます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの建築施工管理技士適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る