理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

建設機械施工技士に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今建設機械施工技士の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい建設機械施工技士に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

建設機械施工技士に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの建設機械施工技士適性診断結果

あなたの適性度は67%で、建設機械施工技士の仕事に向いているようです。建設機械施工技士の仕事内容、年収、やりがいなどを調べて、あなたの希望に合うかどうかチェックしてみましょう。もし希望に沿うようであれば、具体的に動き出すことをオススメします。

建設機械施工技士に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.大きな機械が好き
2.コミュニケーション能力が高い
3.教えることが好き
4.多くの人と協力して物事に取り組める
5.体力に自信がある
6.常に冷静でいられる
7.人をマネジメントした経験がある
8.リーダーシップがある
9.日々学び続けられる
10.キャリアアップを目指している
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
建設機械施工技士適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 大きな機械が好き 』

だいぶ兼ね備えている

建設機械施工技士は、建設機械を用いた工事の品質管理と安全管理に必要な国家資格。一定金額以上の工事の場合、「建設機械施工技士」の有資格者が常駐している必要があります。建設現場で扱われている機械の具体例として挙げられるのは、ブルドーザーやショベルカーなどです。建設機械を正確かつ安全に動かすためには、専門的な知識や技術が欠かせません。建設現場で活躍する大きな機械に強い興味関心を持つ方であれば、楽しみながら学んでいけるでしょう。

『 コミュニケーション能力が高い 』

十分に兼ね備えている

建設機械の操作を誤ると、事故につながってしまう可能性も否めません。安全に工事を進めていくためには、作業員同士の意思疎通が重要。現場の作業員1人1人と、密接なコミュニケーションをとっていくことが求められます。しかし、一筋縄ではいかない「職人気質で頑固者」な技術者と共に働くこともあるでしょう。建設機械施工技士として技術者らと上手くコミュニケーションをとっていくためには、相手に自分の意思をきちんと伝えられるかどうかがポイントになります。

『 教えることが好き 』

そこそこ兼ね備えている

建設機械施工技士は、現場の責任者として施工管理に携わることもあります。たくさんの技術者や作業員らに対して、作業の手順や方法について説明したり、作業の進め方を指示したりするのも建設機械施工技士の仕事の1つ。人に対して何かを教えることが好き、分かりやすく説明することができる、といった方にはぴったりな仕事です。

『 多くの人と協力して物事に取り組める 』

そこそこ兼ね備えている

豊富な知識や高い技術を持っていたとしても、建設機械施工技士が1人で働くことは出来ません。建設現場では建設機械施工技士も含めた多くの技術者たちが、互いの力を合わせて工事を進めています。周囲の動きにも配慮し、助け合いながら目標を達成しよう、という心構えが大切です。チームワークを大事にしている方は、建設機械施工技士に向いていると言えるでしょう。

『 体力に自信がある 』

そこそこ兼ね備えている

現場では、夏の暑さや冬の寒さに体力を奪われてしまうこともあります。小雨が降っているなど、天気が悪い場合でも工事が行われる可能性は高いです。建設機械施工技士が現場監督として大きな声を出したり、自分の足で移動する機会も多いでしょう。よって、建設機械施工技士として働くためには相応の体力が必要になると言えます。さらに、建設機械施工技士の仕事は責任を伴うため、プレッシャーやストレスに耐えられるような強い精神力も必須です。

スポンサーリンク

『 常に冷静でいられる 』

十分に兼ね備えている

建設機械施工技士には、工事現場全体を見ながら判断できる冷静さも求められます。作業員たちをまとめて円滑に工事を進めていくためにも、自身の感情は出来る限り抑えなければいけません。現場全体を意識しながら、どのようにすれば効率的かつ計画通りに作業を進められるか、冷静に考えることが大切です。

『 人をマネジメントした経験がある 』

そこそこ兼ね備えている

自身が表舞台に立つのではなく、マネジメントの分野で成長したい、という場合もあるでしょう。建設機械施工技士の役割は、責任者として現場を統括すること。技術者として経験を積む必要があるものの、実際に現場を任されるようになるとやりがいが感じられるでしょう。経験を重ねることで、自分らしい現場の管理方法も見つけられるかもしれません。

『 リーダーシップがある 』

だいぶ兼ね備えている

建設機械施工技士として働く場合、必然的に人の上に立つ機会も増えていきます。年上の相手に対して、指示を出す必要があることも多いです。いろいろなタイプの作業員たちを束ねることが難しい場合もあるものの、上手くまとめられれば一体感が得られます。リーダーとなってみんなをまとめることが好き、という方であれば楽しみながら働いていけるでしょう。

『 日々学び続けられる 』

だいぶ兼ね備えている

建設機械施工技士の資格を取得するためには、それぞれ学科や学歴に応じて3年から10年程度の経験を積むことが求められます。仕事をしながら、機械の操作などに関する知識を身につけなければいけません。覚えなければいけないことは多く、決して簡単ではないと言えるでしょう。さらに、建設現場ではコンピューター制御による機械の導入が増えている傾向にあります。よって、ただ資格を取得して終わりではなく、建設機械施工技士として働き始めてからも新しい技術にも対応できるよう学び続けることが必須です。

『 キャリアアップを目指している 』

だいぶ兼ね備えている

「建設機械施工技士」は国家資格であるため、建設業界で働く人の経験や力量を客観的に判断することが出来ます。資格の取得によって社内での評価が高められるほか、転職の際にも有利になるでしょう。建設業界でのキャリアアップを目標としている方には、建設機械施工技士はぴったりな仕事だと言えます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの建設機械施工技士適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
建設機械施工技士適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 建設機械施工技士に向いているか向いていないか
  • 建設機械施工技士の職業適性度
  • 建設機械施工技士に必要な10の資質
  • 解説で建設機械施工技士に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

建設機械施工技士とは?

建設機械施工技士は、建築機械を用いた工事において施工管理を担う専門職です。

建築現場に相応しい重機の選定から工事計画、安全確認や品質管理までに携わります。

人力では実現出来ない大規模工事において建設機械施工技士の活躍する機会は多く見られます。

ブルドーザーやショベルカーなどの様々な重機の運用を的確な計画の元に進行させるのが主たる仕事です。

建設機械施工技士は、建築機械に対する高い知見と施工管理に関する豊富なノウハウを備えます。

危険が伴いがちな重機の稼働を安全に実現させるのが建設機械施工技士の主な役割となります。

建設機械施工技士になるには?

建設機械施工技士として働くには国家資格に合格しなければなりません。

建設機械施工技士試験には、1級と2級の試験区分が存在します。

2級の試験を受験するためには、大学で指定学科を学んだ後、6ヶ月に及ぶ実務経験を積むことが求められます。

1級試験を受験する際には、大学で指定学科を学んだ後、3年に及ぶ実務経験を積むことが必要です。

試験では、筆記と実地の双方の課題を制限時間内でクリアすることが求められます。

筆記では、土木工学、建設機械原動機、石油燃料、潤滑剤、建設機械、建設機械施工法、法規について問いに対し、解答を行います。

実地では、組合せ施工法についての記述と、各種重機の操作方法についての実技試験が行われます。

建設機械施工技士の給料・年収

建設機械施工技士の給料に関して複数の調査をまとめると、平均の給与は年収400万〜500万円です。

平均的な月収は30万5,000円となります。

初年度の月収は20万円程度となり、携わった現場や扱う重機が増えるに従い、年功序列の形式で昇給していきます。

2級建設機械施工技士から1級建設機械施工技士へのステップアップを果たすことが出来れば、資格手当を含めた形での大きな昇給を見込むことも可能です。

大規模な建築現場での各種の重機を使った工事計画を立案したり、海外での建築工事に携わったりすると、大きく昇給することも珍しくありません。

建設機械施工技士の就職・転職先(求人)

建築現場での大規模工事が増えるに従い、建設機械施工技士になる人の数も増えています。

建設機械施工技士の就業先には、ディベロッパーやスーパーゼネコンなどが多く見られます。

それ以外では、建築関連の企業で営業職に従事するケースも存在します。

建築案件の受注から携わり、使用する重機の提案や必要な職人の手配などを行います。

大規模な建築現場で経験を積んだり、様々な重機の操作に長けていると、コンサルティング的な意味合いの業務にも関わることが可能になります。

クライアントからの信頼を得られれば、独立開業を営むことも難しくありません。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0