理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

コンサートスタッフに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今コンサートスタッフの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいコンサートスタッフに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

コンサートスタッフに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのコンサートスタッフ適性診断結果

あなたの適性度は38%で、コンサートスタッフの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。コンサートスタッフを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

コンサートスタッフに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.音楽が好き
2.体力に自信がある
3.声の通りが良い
4.責任感がある
5.コミュニケーション能力がある
6.大勢で何かを成し遂げるのが好き
7.的確な判断力がある
8.土日祝日の仕事でも問題ない
9.縁の下の力持ちになりたい
10.細かい事によく気が付く
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
コンサートスタッフ適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 音楽が好き 』

そこそこ兼ね備えている

コンサートスタッフは身近でバンドやアーティストのライブが行われる仕事であるため、エンターテイメントが好きで音楽関係の仕事に就きたいという人が向いています。もちろん、仕事中は業務に専念しなければならないのでコンサートを楽しむような余裕はありません。しかし自分が好きな事に携わりながら仕事をしたいという人にとっては、大きなやりがいや喜びが感じられる仕事と言って良いでしょう。仕事である以上は楽しい事ばかりではありませんが、好きな事のためなら多少の我慢は厭わないタイプの人にはおすすめです。

『 体力に自信がある 』

あまり兼ね備えていない

勤務形態や担当業務にもよりますが、コンサートスタッフは基本的に立ちっぱなしの仕事が多く勤務時間も比較的長めです。機材の搬入出に関わるようであれば、それなりの力仕事がメインになる事もあります。また、コンサートスタッフは長期間のツアーに同行する仕事も珍しくありません。そういった意味では、体力に自信がある人はコンサートスタッフに向いていると言って良いでしょう。

『 声の通りが良い 』

そこそこ兼ね備えている

コンサートスタッフは精密機械や重量のある機材を受け渡しする事の多い仕事です。したがって、安全のためにもスムーズな進行のためにも、しっかりと大きな声で意思疎通出来る人が現場で重宝されます。会場に出入りする観客の誘導もコンサートスタッフの業務範囲ですが、そうした場面でも声の通りが良いと仕事がスムーズに進みやすいです。単に声が大きく通りやすいだけでなく、枯れにくく丈夫な喉を持っているとなお良いでしょう。

『 責任感がある 』

そこそこ兼ね備えている

精密機械の取り扱いやステージの演出、観客や出演者の安全確保などコンサートスタッフの仕事は失敗が許されない重要なものも多いです。「自分が失敗しても誰かが何とかしてくれる」というような気持ちで仕事に臨んでいると、取り返しのつかない失敗に繋がってしまうでしょう。コンサートスタッフになるには、自分の仕事にしっかり責任を持つ心構えが重要です。

『 コミュニケーション能力がある 』

あまり兼ね備えていない

1回のコンサートを作り上げるには大勢のスタッフが関わっており、それぞれが相互に連携し合って初めて成功を収める事が出来ます。そのため、コンサートスタッフとして活躍するには関係各所とスムーズにやり取り出来る高いコミュニケーション能力が求められます。同じメンバーで何度もコンサートを作り上げていくうちにチームワークが深まり、より良い仕事が出来るようになっていくのもコンサートスタッフという仕事の魅力です。

スポンサーリンク

『 大勢で何かを成し遂げるのが好き 』

そこそこ兼ね備えている

世の中の仕事には個人作業がメインでもくもくと業務に従事するタイプのものも存在します。その点でコンサートスタッフほど多くの人と関わる仕事は珍しいとも言えるでしょう。同じチームのメンバーや出演者はもちろんの事、観客もコンサートを作り上げる大切なファクターの1つとなっています。数千人・数万人単位の人間が時間と場所を共有して1つのコンテンツを作り上げる楽しさは、コンサートスタッフならではです。

『 的確な判断力がある 』

あまり兼ね備えていない

コンサート中は出演者のアドリブによって一部演出や進行が変更となるケースも珍しくありません。そんな時に慌てる事なく、的確な判断でスムーズにコンサートを進められるスタッフは高く評価されます。その他にも観客の体調不良や不正行為など、コンサートにおいてスタッフの的確な判断力が求められる場面は多いです。不足の事態にも動じる事なく、冷静な判断が出来る人はコンサートスタッフに向いています。

『 土日祝日の仕事でも問題ない 』

あまり兼ね備えていない

コンサートは娯楽産業の1つであり、学校・一般企業の多くが休みとなる土日祝日や大型連休中に興行が集中する傾向があります。もちろん平日の興行も多数存在していますが、土日祝日に働きたいという人もコンサートスタッフに適性があると言って良いでしょう。「いつ・どのように働くか」はワークライフバランスに大きく影響を及ぼすので重視しておきたいポイントです。

『 縁の下の力持ちになりたい 』

あまり兼ね備えていない

コンサートの主役となるのは原則として出演者であるため、コンサートスタッフは裏方の仕事に徹する事になります。そのため、自分が目立って脚光を浴びたいという人にとってはやりがいの薄い仕事になってしまう可能性が高いです。一方で、頑張っている人を影で支えたい・大きな事を成し遂げたいけれど自分は目立ちたくないという人にとっては天職と言っても過言ではありません。

『 細かい事によく気が付く 』

だいぶ兼ね備えている

コンサートを成功させるためには、いつも通りの環境で万全の体制を期す事が大切です。そのため、細かいところによく気が付く人はコンサートスタッフに適性があります。例えばステージ周りであれば機材の異常や音質の変化に敏感な人材が求められるでしょう。観客席でも不審者を見つけたり不正行為を注意したりなど、安全なコンサートの実現には注視すべき点は多いのです。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのコンサートスタッフ適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
コンサートスタッフ適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • コンサートスタッフに向いているか向いていないか
  • コンサートスタッフの職業適性度
  • コンサートスタッフに必要な10の資質
  • 解説でコンサートスタッフに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

コンサートスタッフとは?

コンサートスタッフとは会場で、コンサートやライブ・イベントのための準備や運営をする仕事です。

準備や運営にはさまざまな種類があり、音響・照明・映像・楽器や機材の運搬など様々な内容に分かれています。

イベント時にステージを作るための設営や来場者への接客・案内・グッズ販売、また、舞台転換などの演出・出演者たちの食事の手配など、さまざまな仕事を行います。

イベントの内容により仕事の内容は異なるため、その日ごとに違った仕事をする場合が多いです。

イベントやライブなどに対応するためには、広く柔軟な姿勢が必要となります。

コンサートスタッフになるには?

コンサートスタッフになるためには、高校を卒業後に専門学校や大学へ行ってからイベントやライブなどの設営・運営を手掛ける企業へ就職することが最も早い近道です。

高校卒業後アルバイトでスタッフとして参加しているうちに働きぶりを見込まれ、正社員登用される方法もあります。

スタッフと一口に言っても必要となる資格は異なります。

音響全般を担当するPAエンジニアになりたいなら、音楽関係の専門学校へ行くとよいでしょう。

映像操作などを担当する映像エンジニアになるなら映像関係、照明などを担当するなら照明技術を学べる専門学校を出ていると有利になります。

運営を学びたい場合、運営を学べる大学を出ていると、知識を現場で役立てることができるでしょう。

コンサートスタッフの給料・年収

コンサートスタッフに対しての複数の調査結果をまとめたところ、平均年収は170万円から600万円と幅があります。

運営会社や職種により異なりますが、若い人ほど年収が低く、年齢が上がっていくうちに高い年収となっていることが多いです。

音響関係を担当するPAエンジニアの場合20代前半なら170万円前後ですが、後半は250万円前後となります。

ただしPAエンジニア全体での平均年収は470万円前後となっており、必ずしも低いわけではありません。

映像エンジニアの場合は平均330万円前後、照明関係は平均350万円前後です。

運営スタッフの場合は20代前半の場合270万円前後、40代の場合には500万円前後となります。

コンサートスタッフの就職・転職先(求人)

コンサートスタッフの主な就職先・転職先は舞台制作会社やイベント制作会社などです。

また、アーティストなどが所属している芸能プロダクションで募集していることもあります。

中には会場やライブハウス専属で直接スタッフを雇用していることも増えてきました。

めずらしい例としては、アーティストやミュージシャン個人が専属のスタッフを募集していることもあります。

現場での仕事だけではなく、企画を考える仕事を募集していることも少なくありません。

映像や音響・照明関連の求人の場合は、経験者を募集していることが多いため、どんなイベントを運営した経験があるのかなどを明確にして面接に臨んでいる人が多いです。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0