理想の就活/転職のための
自己分析サイト

コンサートプロモーター適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今コンサートプロモーターの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいコンサートプロモーターに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのコンサートプロモーター適性診断結果

あなたの適性度は56%で、コンサートプロモーターの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。コンサートプロモーターを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

コンサートプロモーターに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.コミュニケーション能力が高い
2.スケジュール管理が得意
3.責任感がある
4.とにかく音楽が好き
5.人に感動を与えられる仕事をしたい
6.語学力が高い
7.交渉が得意
8.お金の管理が得意
9.企画が好きで得意
10.情報収集力がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 コミュニケーション能力が高い 』

あまり兼ね備えていない

コンサートプロモーターは、色々な人と関わる仕事です。アーティストはもちろん、コンサートの設営スタッフや監督、プロデューサーなどとやり取りをしながら、コンサートを作り上げなければなりません。その時に必要になるのがコミュニケーション能力です。コミュニケーション能力がなければ、円滑に仕事を進めることができません。自分本意な考えや行動をしてしまうと、他の人から信用を失い協力を得られなくなってしまうので、コンサートの運営が難しくなります。

『 スケジュール管理が得意 』

あまり兼ね備えていない

コンサートプロモーターの仕事は多岐に渡りますが、中でも重要になるのがスケジュール管理です。リハーサルから本番までのスケジュールを組み、円滑に進むようにしなければなりません。本番に向けていつリハーサルを開始するのか、本番はどのようなスケジュールで進めるのかなど、細かく決める必要があります。もし無理なスケジュールを組んでしまうと、コンサートを開催できなくなってしまうかもしれません。スケジュールを決めて行動するのが得意な人は、コンサートプロモーターに向いていると言えるでしょう。

『 責任感がある 』

そこそこ兼ね備えている

コンサートプロモーターは責任のある仕事です。自分のミスのせいでコンサートが開催できなくなると、多くの人に迷惑がかかるだけではなく、大きな損害が発生してしまいます。コンサートを成功させて多くのお客さんに満足してもらうためには、最後まで責任を持って仕事をこなさなければなりません。

『 とにかく音楽が好き 』

だいぶ兼ね備えている

コンサートプロモーターは大変な仕事ですが、音楽が好きな人にとってはやりがいを感じられる仕事です。色々なアーティストのコンサートを見ることができますし、自分自身がスタッフとして参加できるので、楽しみながら仕事できるでしょう。また、音楽が好きでよくコンサートを見に行っている人であれば、その経験を仕事に活かすことができます。普段から音楽に触れている人は、コンサートプロモーターに向いていると言えるでしょう。

『 人に感動を与えられる仕事をしたい 』

十分に兼ね備えている

コンサートは多くのお客さんが訪れるイベントです。コンサートを見て感動する人、勇気づけられる人がたくさんいます。来てくれたお客さんに感動を与えたいという気持ちは、コンサートプロモーターに必要なものです。人を喜ばせるのが好き、誰かのためになる仕事がしたい、そういう人はコンサートプロモーターに向いています。

スポンサーリンク

『 語学力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

海外のアーティストを日本に招いてコンサートを開催するというケースも少なくありません。その場合、日本人以外の人とやり取りしながら、スケジュールを決めたり企画を考えたりすることになるので、語学力があると仕事の幅が広がります。通訳の経験がある、語学系の学校に通っていたなど、語学力に自信がある人はコンサートプロモーターに向いています。また、英語が堪能な人は日本だけではなく、海外へ活躍の場を広げることができるかもしれません。

『 交渉が得意 』

そこそこ兼ね備えている

コンサートプロモーターは、アーティストやマネージャーなどと交渉を行うのも仕事の1つです。人気のアーティストを呼ぶことができればコンサートの動員数を上げることもできますが、大物アーティストになると簡単に出演はしてくれません。そこで重要になるのが交渉術です。報酬はもちろん待遇面など、色々な交渉を行い出演を依頼することになります。交渉が得意な人であれば、色々なコンサートを企画できるでしょう。

『 お金の管理が得意 』

だいぶ兼ね備えている

コンサートを開催する時には当然お金がかかります。決められた予算の中で、出演アーティストや会場の規模、日程などを決めなければなりません。お金の管理ができていないと、大きな赤字を出してしまうかもしれません。チケットの売れ行きによっては、予算を見直してコスト削減を検討しなければならない場面も出てくるでしょう。限られた予算でいかに質の高いコンサートを作り上げるかが、コンサートプロモーターの腕の見せ所です。

『 企画が好きで得意 』

そこそこ兼ね備えている

コンサートが成功するかどうか決める重要な要素の1つが企画です。どのようなアーティストに出演してもらうのか、どんなコンセプトのコンサートにするかなど、企画によってコンサートの質は大きく変わります。魅力的な企画でなければ、お客さんは集まらないでしょう。コンサートプロモーターになるためには、企画力も必要になります。

『 情報収集力がある 』

あまり兼ね備えていない

魅力的なコンサートを作るためには、今どんなアーティストが人気になっているのか、どのようなジャンルの音楽が流行っているのかを知っておかなければなりません。常に最新の情報を仕入れる必要があるということです。情報収集力がなければ、コンサートプロモーターの仕事は務まりません。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのコンサートプロモーター適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る