理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

作曲家に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今作曲家の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい作曲家に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

作曲家に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの作曲家適性診断結果

あなたの適性度は43%で、作曲家の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。作曲家を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

作曲家に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.音楽が好き
2.楽器を弾くのが得意
3.好奇心旺盛
4.高い向上心を維持できる
5.コミュニケーション能力がある
6.パソコンの操作が得意
7.座り仕事が苦にならない
8.独学が好き
9.素直な性格
10.作曲を楽しむことができる
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
作曲家適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 音楽が好き 』

そこそこ兼ね備えている

作曲家は、音楽が好きな人ほど向いている仕事です。音楽が好きな人の場合、一日に何時間も音楽を聴いたり、こんな素敵な音楽があるんだと、関心や興味を高めたりすることができます。色々なジャンルの曲を聴くことで、作曲家としての間口を広げることもできるでしょう。作曲家として活動していく時は、一日中音楽と向き合ったり、一日に複数の楽曲を制作したりする必要もあるでしょう。作曲家は、音楽が心から好きでないと続けることが難しい職業です。

『 楽器を弾くのが得意 』

そこそこ兼ね備えている

作曲家は、別に楽器を使わなくても、作曲をすることができます。しかし、良い楽曲を制作するならば、楽器を弾ける方が有利です。例えば、ピアノが弾ける人は、ピアノという楽器の特色、音域の広さ、どんな演奏法があるのかなどを理解しているでしょう。楽器に詳しいことで、よりリアルなサウンドを目指すことができます。楽器が弾けると、楽器を弾きながら作曲することもできます。ピアノやギターなどが弾けると、インスピレーションが湧いてきやすくなり、多彩なメロディーの楽譜も書きやすいでしょう。

『 好奇心旺盛 』

あまり兼ね備えていない

作曲家は、好奇心旺盛でチャレンジ精神旺盛な人に向いている職業です。世の中は、色んな音楽で溢れています。目新しいものや、普段自分が聴かないような音楽に興味を持ったり、スキルを幅広く学習・身につけたりすることで、着実にレベルをアップしていくことができます。聴く人の心に響く音楽を作曲するためには、聴く人や時代が何を求めているのか、知っておくことが大切です。もっと色んな音楽を知りたい、常に新しいものに触れていたいという好奇心旺盛な人が、作曲家に向いているでしょう。

『 高い向上心を維持できる 』

兼ね備えていない

作曲家に向いているのは、常に向上心を持ち、自分の可能性を追求できる人です。向上心がないと、対応できる音楽のジャンルが少ないままだったり、いつも同じような曲ばかり作ってしまったりします。向上心を維持できることで、クオリティーの高い楽曲を制作しやすくなります。良い曲を作り続けるためには、向上心を維持し、現状に満足せず、常に前進する努力を惜しまないことが大切です。

『 コミュニケーション能力がある 』

そこそこ兼ね備えている

作曲家になって、制作依頼を受けて作曲する時は、依頼者のニーズに合った曲を作らなければなりません。しっかりと打ち合わせをしたり、メールのやり取りしたりなど、コミュニケーションをとりながら、楽曲を制作していくことが大切です。他にも期日内に成果物を納品するために、スケジュールやタスク管理も必要です。「また作曲を依頼したい」と思ってもらうためには、丁寧な対応が求められます。

スポンサーリンク

『 パソコンの操作が得意 』

だいぶ兼ね備えている

楽曲制作には、DTM(デスクトップミュージック)が使用されることが多くなってきました。DTMがあれば、ゼロから自分一人で音楽が作れますし、様々なジャンルの楽曲を制作することもできます。パソコン操作が得意ならば、効率よく楽曲を制作・生み出すことができるようになるでしょう。パソコンを使って制作するスキルが高い人は、作曲家に向いていると言えます。

『 座り仕事が苦にならない 』

そこそこ兼ね備えている

作曲家は、座り仕事が得意な人に向いている仕事と言えます。作曲している間は、基本的に座って過ごすことになりますし、飽きやすかったり、動きたくなったりする人は、作業効率が悪くなってしまいます。楽譜を書いたり、DTMへ打ち込んだりするのは、地道な作業になるので集中力や忍耐力が必要です。座って作業する時間が長いほど、健康を害するリスクが高くなってしまいます。音楽家は健康維持も仕事の一環なので、運動習慣をつけるなど、体調管理に気をつけることも大切です。

『 独学が好き 』

兼ね備えていない

自身が描く理想の楽曲を追求するためには、現状に満足せず、さらなる高みを目指していくことが大切です。高みを目指すうえで大事なのが、勉強を積み重ねていくことです。音楽理論を学んだり、常に新しい知識を吸収し続けたりすることで、腕のある作曲家を目指すことができます。成長意欲が高く、独学が好きな人は、作曲家に向いているでしょう。

『 素直な性格 』

十分に兼ね備えている

自我が強いと視野が狭くなり、自身の成長を妨げてしまうことがあります。自分が作った音楽を聴いてくれた人の意見を素直に受け入れることで、相手の心に響く楽曲を制作しやすくなるでしょう。素直に相手の意見を聞ける人はスポンジのように何でも吸収することができ、無限大に成長をしていくことができます。

『 作曲を楽しむことができる 』

あまり兼ね備えていない

作曲家になるためには、音楽が好きというだけでなく、作曲を楽しめるかどうかもポイントになります。作曲家になれば、膨大な量の楽曲を制作していくことになります。果てしない試行錯誤を繰り返し、納得のできる1曲を完成させていかなければなりません。創作活動を楽しめる人は、作曲家に向いているでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの作曲家適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
作曲家適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 作曲家に向いているか向いていないか
  • 作曲家の職業適性度
  • 作曲家に必要な10の資質
  • 解説で作曲家に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

作曲家とは?

作曲家は、楽曲を作る仕事です。

楽曲には、歌手が歌うものや、オーケストラで演奏されるもの、映画やゲームで使用されるものなど、非常に数多くの種類があります。

作曲家は、その楽曲のメロディーを作ります。

そして、特定の分野のみに楽曲を提供する人もいれば、幅広いジャンルで楽曲を提供する人もいます。

作曲家の具体的な働き方は、特に決まっていません。

歌手に提供する楽曲には、歌詞が必要です。

そのため、作詞家と協力してひとつの作品を作る人もいます。

また、作詞家を兼任して、ひとつの楽曲をひとりで作り上げる人も珍しくはありません。

作曲家になるには?

作曲家の働き方には、会社に所属するものと、フリーランスとして働くものの2通りがあります。

いずれの場合も、資格は必要ありませんが、実力が必要となります。

そのため、音楽の専門学校や音大で実力を身に付け、在学中あるいは卒業後に作った楽曲を使用して、自らを売り込まなければなりません。

会社に所属する場合はまず、自らの楽曲を売り込んで認められる必要があります。

もし、実力を認められて会社所属となれば、その後は会社が請け負った案件通りの楽曲を作っていくことになります。

フリーランスの場合は、楽曲をコンペに出したり、動画サイトにアップしたりして、自ら依頼を獲得する必要があります。

作曲家の給料・年収

作曲家の給料に関しする複数の調査をまとめると、平均的な年収は、200万円から400万円程度が相場です。

そして、会社に所属するパターンと、フリーランスで働くパターンでは、収入の仕組みが異なります。

会社に所属して、給料制の契約を結んでいれば、200万円から400万円という安定した年収を得られるでしょう。

それに対してフリーランスの場合は、作った楽曲の印税が基本的な収入源となります。

そのため、楽曲がヒットすれば、400万円よりも多くの収入を得られる可能性もありますが、ヒットしなかったり、作曲する数が少なかったりすれば、年収が200万円を下回ることも十分あり得ます。

作曲家の就職・転職先(求人)

楽曲は、幅広いジャンルで使用されている上に、SNSや動画サイトで使用するBGMとしての需要もあります。

そして、オリジナルの新曲が求められることも珍しくありません。

よって、楽曲を作ることができる作曲家の需要が、将来的になくなることはないでしょう。

ただ、作曲家は、楽曲を作れさえすれば、誰でもなることが可能です。

また、世の中には、豊富な機能を備えた作曲ソフトが数多くあるので、作曲家になるためのハードルは低いです。

そのため、プロアマを問わず、数えきれないほどの作曲家がいます。

したがって、作曲家として成功するためには、大勢いる他の作曲家との競争に勝つ必要があります。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0