理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

落語家に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今落語家の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい落語家に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

落語家に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの落語家適性診断結果

あなたの適性度は36%で、落語家の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。落語家を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

落語家に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.落語が好き
2.人を楽しませることが好き
3.度胸がある
4.忍耐力がある
5.メンタルが強く前向き
6.伝統を大切にできる
7.人の繋がりを大切にできる
8.努力を続けられる
9.負けず嫌い
10.頭が柔らかい
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
落語家適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 落語が好き 』

だいぶ兼ね備えている

落語家に向いているのは、落語が好きな人です。落語家の世界は非常に厳しく、簡単に続けられるものではありません。一人前になる前の修行の段階で、挫折してしまう人も大勢います。そのような厳しい世界で、落語家であり続けるためには、落語が好きであることが必須です。落語が好きだからこそ、落語家として頑張れたり、辛いことに耐えられたりします。したがって、落語が好きではない人はもちろん、好きだけれども、大好きというほどではないという人も、落語家として働くのは難しいかもしれません。

『 人を楽しませることが好き 』

十分に兼ね備えている

落語家は、寄席に出て、話で人を笑わせる仕事です。そのため、人を笑わせるのが好きな人に向いています。自分の話で人が笑ってくれることがモチベーションとなり、もっと頑張ろうという気持ちになりやすいでしょう。そして、子どもの頃から周囲の人を楽しませたり、巧みな話術で人を喜ばせたりするのが好きだった人は、落語家の素質があるかもしれません。

『 度胸がある 』

兼ね備えていない

落語家は、大勢のお客さんの前で話をしなければなりません。そのため、失敗を恐れることなく、人前に立つことができる度胸の持ち主が、落語家に向いています。また、落語家はあくまでも実力主義の仕事であり、成功するかどうかは自分次第です。将来安泰の仕事ではなく、自分を信じて落語家を選ぶということにも度胸が必要です。

『 忍耐力がある 』

そこそこ兼ね備えている

落語の世界は、入ったからといってすぐに落語家になれるわけではありません。まずは師匠の下で、修業をしなければなりません。大体3年から5年程度の期間は、見習いや前座として主に雑用をこなします。そして、ある程度の実力が認められるようになると、「二つ目」から「真打」へとステップアップしていきます。二つ目になって初めて、雑用をしなくて済むようになります。つまり、数年間は必ず雑用をしなければなりません。それに耐えられる忍耐力のある人が、落語家に向いています。

『 メンタルが強く前向き 』

あまり兼ね備えていない

落語家になるためには、師匠に毎日叱られたり、休む暇もなく雑用をしたりするなど、辛いことが色々とあります。また、寄席に出られるようになってからも、お客さんを笑わせられるとは限らず、野次を飛ばされる可能性もあります。それでも心が折れることなく、前向きに修行を続けられるほどメンタルの強い人が、落語家に向いています。多少叱られた程度で心が折れてしまう人は、落語家としてのスタートラインに立つことさえできないかもしれません。

スポンサーリンク

『 伝統を大切にできる 』

あまり兼ね備えていない

落語には、長い歴史と伝統があります。そして、挨拶の仕方や前座が寄席で使用しても良い演目など、落語に関するあらゆる決まりごとは、伝統の上に成り立っています。中には、理不尽に思えるような決まりごともあるでしょう。それでも、伝統を大切にして、決まりごとをしっかり守れるという人が落語家に向いています。自分が納得できないことは、絶対に受け入れられないという人は、落語の世界で生きるのは難しいです。

『 人の繋がりを大切にできる 』

そこそこ兼ね備えている

落語の世界は、師匠と弟子など、人と人との繋がりが非常に大事です。また、落語家の仕事の基本である寄席は、原則として一人で行いますが、出囃子を演奏したり幕を上げたりするなど、大勢の人のサポートによって成立しています。そのことを理解して周囲の人を大切にできる人が、落語家に向いています。他の人と関わることなく、ひとりで働きたいという人は、落語家向きではありません。

『 努力を続けられる 』

あまり兼ね備えていない

落語家として大勢の人を楽しませるためには、常に努力をしなければなりません。より多くの演目を覚えたり、師匠や先輩から技術を盗もうとしたりする努力です。努力をせずに、落語家として成功することは不可能です。そして、落語家として一人前として認められた後も、努力は怠ってはいけません。生涯を通して努力をし続けられるという人が、落語家に向いています。

『 負けず嫌い 』

兼ね備えていない

落語家は、全ての人が仕事を得られるとは限りません。世の中には数多くの落語がいて、限られた仕事を奪い合う構図となっています。そして、実力主義の世界なので、実力がある人の方が、仕事を得られる可能性が高いです。そのため、ライバルの落語家を蹴落としてでも、自分が仕事を獲得したい、落語家として成功したいという、負けず嫌いな人が落語家に向いています。

『 頭が柔らかい 』

あまり兼ね備えていない

落語家は、すでに形ができ上がっている、古典の演目を使用することが多いです。しかし、古典演目をそのまま再現することはあまりありません。大抵の場合は、アレンジを加えて独自の芸風を作り上げます。そのようなアレンジをするためには、頭の柔らかさが大事です。したがって、頭が柔らかく、色々なものごとを柔軟に考えられる人が、落語家に向きと言えるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの落語家適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
落語家適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 落語家に向いているか向いていないか
  • 落語家の職業適性度
  • 落語家に必要な10の資質
  • 解説で落語家に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

落語家とは?

落語家は日本特有のエンターテイナーであり、古くから続く落語を独自の語り口で述べ、客を笑わせる仕事です。

一人で喋って客を笑わせる漫談家と同一視されることもありますが、落語家は決まった題材を語り方の工夫により、まったく異なるイメージを持たせる特徴があります。

「咄家(はなしか)」と呼ばれることもありますが、厳密には異なる職業です。

咄家は人情話など喜劇に限らず様々な題材を扱いますが、落語家は笑い話を語って客を笑わせます。

落語家は寄席と呼ばれる特有の舞台で芸を披露するのが本来の働き方ですが、現在ではテレビやラジオなどの放送媒体で活動するのが主流です。

落語家になるには?

落語家になるには師匠である落語家に弟子入りし、一人前と認められなければいけません。

また、落語家もすべてが師匠になれるわけではなく、真打と認証された一人前の人に限られます。

落語の世界には真打制度と呼ばれる独自の師弟制度があり、この制度に沿って修行をする必要があります。

最初は師匠の付き人になって雑務をこなしつつ、少しずつ落語の技法を学びます。

見習いの落語家は前座見習いから始まり、前座や二ツ目を経て、晴れて真打ちになります。

真打ちになるには師匠の他、複数の真打ち落語家や寄席の主人である席亭に認められることが条件です。

落語家の給料・年収

落語家の年収は平均して約400万円から500万円ですが、人によって大きく異なるのも事実です。

真打ちの落語家は一回の寄席の出演で100万円以上の収入になることもありますが、師匠の付き人でもある前座見習いは落語家としての収入がまったくないことも珍しくありません。

寄席に立てる前座も決して高給取りではなく、安定した収入を得られる仕事として成り立つのは二ツ目からとされています。

また、落語家は人気商売でもあるため、真打ちになっても必ず売れっ子になるとは限りません。

落語家としての技能はもちろん、人を惹き付ける芸人としての華があって初めて売れっ子になれると言えるでしょう。

落語家の就職・転職先(求人)

落語家は師匠に弟子入りして修行していますが、雇用されているわけではないので法律上の扱いは個人事業主になります。

落語家は自身の技法で客を笑わせ、人気を得る仕事なので苦労が多いのも事実ですが、達成感も大きいと言えるでしょう。

真打ちになった落語家は生涯現役であり、年齢を理由に仕事を辞めることはほぼありません。

第一線を退いた後も弟子をとって教育する、落語協会など芸能関係の団体で役職に就くなどの働き方があります。

落語家によっては話術を活かしてタレントや俳優などに転職する人もいます。

近年では日本特有の芸事である落語が海外から注目されていることから、国際的に活動する落語家も珍しくありません。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0