理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

コラムニストに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今コラムニストの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいコラムニストに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

コラムニストに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのコラムニスト適性診断結果

あなたの適性度は45%で、コラムニストの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。コラムニストを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

コラムニストに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.優れた文章力がある
2.好奇心が旺盛
3.語彙力が豊富
4.独自の視点を持っている
5.新しいことにすぐ適応できる
6.スケジュール管理能力がある
7.冷静に自己分析できる
8.豊かな感性を持っている
9.精神的にタフで折れない
10.プライドを持って仕事に臨める
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
コラムニスト適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 優れた文章力がある 』

だいぶ兼ね備えている

自分の書いた文章に対して原稿料を受け取るコラムニストは、卓越した文章力が必要な職業です。高い文章力によって、「読ませる」魅力を持つコラムニストになれると、コラム執筆の依頼の数も増えてゆきます。文章力は簡単に磨かれるものではありません。読者に興味を持って読んでもらえる文章を書くために、推敲を重ねて文章の質を上げるようにする努力が大切です。

『 好奇心が旺盛 』

あまり兼ね備えていない

コラムニストは、自分が興味のあるジャンルのコラムだけを書けばよいわけではなく、未知のジャンルのコラムを書くように依頼されることもあります。好奇心旺盛で、様々なことに関心を示すことができ、幅広いジャンルのコラムを書けることを楽しめる人は、コラムニストに向いていると言えるでしょう。コラムを書くジャンルに関して適切に情報収集ができる能力も必要となります。

『 語彙力が豊富 』

そこそこ兼ね備えている

人の心を惹きつける文章を書くためには、豊富な語彙が求められます。同じような意味の言葉であっても、語彙の選択によって、文章が与える印象は変わってきます。コラムニストとして仕事をする際には、同義語や類義語に関する知識を生かして、適切な語彙を選択しながら、より魅力的な文章を書けるように心掛けることが大切です。他のコラムニストのコラムを読んだり、別のジャンルの文学に触れたりして語彙力を養うことも、コラムニストとしての成長につながります。

『 独自の視点を持っている 』

そこそこ兼ね備えている

コラムを読んでもらうには、独自の切り口で、読者の心を掴むことが不可欠です。ありふれた視点ではなく、独自の視点を持って文章を構成できるようになると、コラムニストとして注目されるようになり、評価が上がります。物事に対する分析や考察を丁寧に繰り返すことで、自分の強みとなる独自の視点を養う習慣を付けるとよいでしょう。

『 新しいことにすぐ適応できる 』

あまり兼ね備えていない

コラムが掲載される媒体は幅広いものです。インターネットの隆盛に伴い、新聞や雑誌、書籍といった紙媒体だけでなく、Webサイトにコラムが掲載されるケースも急激に増えてきました。時代の変化と共に変わってゆく多様な媒体に柔軟に適応できる能力も、コラムニストとして活躍する上で求められる能力のひとつです。個々の媒体の特性や読者層を理解し、興味を持ってもらえる文章を綴るようにして下さい。

スポンサーリンク

『 スケジュール管理能力がある 』

兼ね備えていない

コラムニストは、定期的に連載するコラムの依頼を執筆するケースもあれば、急な依頼を受けてコラムを書くケースもあります。そのため、時期によっては、執筆するべきコラムの本数が多くなり、忙しくなることもあるでしょう。コラムニストとして仕事をしていく上では、クライアントとの連絡を適切に取り、自分のスケジュールをきちんと把握して、決められた納期にコラムを納められるように管理できる高いスケジュール管理能力が不可欠です。

『 冷静に自己分析できる 』

十分に兼ね備えている

文章を書く仕事は、決して単純な作業ではないため、なかなか文章が書き進められずにイライラしてしまったり、落ち込んだりすることもあるでしょう。コラムニストは、どのような状況下でも冷静に物事を分析し、自分と向き合う姿勢を保てるようにする心掛けが重要です。弱点も含めて自分を見つめ直す力を持つことが、コラムニストとしての視点を養うことにも結び付きます。

『 豊かな感性を持っている 』

そこそこ兼ね備えている

コラムニストが書く文章には、その人の持つ感受性が反映されるものです。読書に限らず、映画を見たり、美術や音楽鑑賞をしたりすることで、常に感性を磨くようにしましょう。コラムニストとして一目置かれる存在になることは、並大抵のことではありません。日々を丁寧に、心豊かに暮らすことを積み重ね、人間性を感じさせる文章を書けるようにして下さい。

『 精神的にタフで折れない 』

あまり兼ね備えていない

コラムニストは常に締切に追われて暮らしていると言っても過言ではありません。繊細な感性が求められる一方で、プレッシャーを跳ね返して、仕事に取り組める精神的なタフさがコラムニストには不可欠です。推敲をして文章を仕上げる際にも、適度に妥協するのではなく、完成度の高さを追求して推敲を重ねることが重要となります。最後まで諦めずに自分の仕事に集中して取り組める人は、コラムニストに適しています。

『 プライドを持って仕事に臨める 』

だいぶ兼ね備えている

どのような職業であっても仕事に対する誇りを持つことは大切ですが、独自性が強く求められるコラムニストは、特に仕事に対する誇り高さが必要な職業です。コラムニストとして働けることにプライドを持ち、よりよいコラムを読者に届けられるようにしましょう。コラムに対する情熱を持ち続けて仕事に取り組む姿勢は、コラムニストの評価を高めることにもつながります。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのコラムニスト適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
コラムニスト適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • コラムニストに向いているか向いていないか
  • コラムニストの職業適性度
  • コラムニストに必要な10の資質
  • 解説でコラムニストに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

コラムニストとは?

コラムニストというのは、新聞や雑誌、インターネット上のニュースサイトといった様々なメディアを通じて配信されるコラムの執筆を手掛ける職業です。

ここでコラムというのは、狭義では世の中で起きた客観的な事象をベースに自らの主観的な見解や分析を交えて執筆する記事をいいますが、それ以外にも人生相談コーナーやイベント紹介、エッセイなども含んでコラムと呼ぶ場合もあります。

なお、あらかじめ掲載できるスペースや文字数に限りがあるケースがほとんどですので、コラムニストには与えられた条件に合う形で文章を作成することが求められます。

コラムニストになるには?

特別な資格を持っていないとなれないというわけではないものの、世の中に発信する文章を作成する職業だけに、コラムニストとして活躍するためには高度な文章力が必要になります。

文章力に磨きをかけるべく、中には大学や専門学校などに通う人もいますが、それ以外の方法で実力アップを図ることも可能なので、必ずしもそういったところに行かなければならないというわけではありません。

また、ニュースなどで取り上げられる出来事に対して批評を加えることが求められるケースも多いため、ある程度の情報収集能力も鍛えておいた方がよいでしょう。

コラムニストの給料・年収

コラムニストには様々な勤務形態があるため、どのように働くかによって得られる年収の水準は異なってきます。

例えば、新聞社や出版社、編集プロダクションの社員として仕事をする場合には、基本的にその会社の報酬体系に基づいて年収が決まります。

会社によって水準は異なるものの、求人サイトに掲載されている情報などを見る限りは、概ね500万円から600万円ほどが年収の平均値であると考えておいてよいでしょう。

一方、フリーランスのコラムニストとして活動する場合の年収は本人の実力次第です。

売れっ子になって様々なメディアにコラムを投稿できるようになれば1000万円を超える年収を得ることも不可能ではありません。

コラムニストの就職・転職先(求人)

コラムニストの主な就職先は、新聞社や雑誌社、編集プロダクションなどですが、それ以外にフリーランスとして仕事をするという選択肢もあります。

もっとも、いきなりフリーランスになるのはリスクを伴うことから、まずは会社に所属してコラムニストとしての腕を磨いた上で、ある程度その名が知られるようになったところで満を持してフリーランスに転じるという流れが一般的です。

なお、新聞や雑誌の発行部数の減少を踏まえてコラムニストのニーズが減っていくのではないかと言われることがありますが、インターネットの情報サイトに掲載されるコラムは逆に増えていることから、将来においてもニーズがなくなりはしないでしょう。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0