理想の就活/転職のための
自己分析サイト

カラーコーディネーターに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今カラーコーディネーターの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいカラーコーディネーターに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのカラーコーディネーター適性診断結果

あなたの適性度は39%で、カラーコーディネーターの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。カラーコーディネーターを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

カラーコーディネーターに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.色に関するセンスがある
2.色の知識がある
3.流行に対するアンテナが敏感
4.専門分野以外にも好奇心旺盛
5.カラー以外の仕事の知識がある
6.コミュニケーション能力がある
7.人と接するのが好き
8.人を喜ばせるのが大好き
9.能力を高める向上心がある
10.キャリア設計ができている
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 色に関するセンスがある 』

そこそこ兼ね備えている

この自然界に、色は無限に存在すると行っても過言ではありません。同じ「赤色」であっても、明暗や鮮やかさが異なれば全く違った印象になってしまうのです。無数にある色の中から最適な色を選び出し組み合わせるのがカラーコーディネーターの仕事。色に対する鋭敏な感覚は仕事をする上で欠かせない要素と言えるでしょう。

『 色の知識がある 』

そこそこ兼ね備えている

「緑色は人をリラックスさせる」「赤はやる気を引き出す」など、色は人間の心理に影響を与えることが分かっています。そうした色彩が持つ性質を取り入れるのも、カラーコーディネーターの大切な役目です。例えば同じ飲食店でも、「早めに満腹感を感じてもらい回転率を上げたい」お店と、「リラックスできる空間をアピールしてリピート率を上げたい」お店があります。そうしたクライアントの狙いに合わせて色の力を使うのがカラーコーディネーターの仕事。そのための知識は欠かせません。また、芸術家ではないので、時には色彩の特性を論理的に説明する必要も生じます。センス頼みで仕事をするのではなく、やはり的確な知識が必要な仕事なのです。

『 流行に対するアンテナが敏感 』

十分に兼ね備えている

色には流行があります。また、商品や広告のデザインを考えるときも、世間のトレンドや消費者の傾向は外すことのできない要素です。そうした情報を手に入れるために常にアンテナを張っていられるか、またそれが苦ではないかは、重要な適性と言えるでしょう。

『 専門分野以外にも好奇心旺盛 』

そこそこ兼ね備えている

カラーコーディネーターと聞くと、ファッション業界で働く仕事というイメージを持つ人が多いでしょう。実際、ファッション業界に身を置き、お客様の要望に合わせて服を選んだり、自ら洋服をコーディネートするのはカラーコーディネーターの仕事の一つです。とはいえ、仕事はそれだけではありません。建築や美容、インテリア、食品など、カラーコーディネーターが活躍する業界はたくさんあります。そのため、ファッションだけではなく他の分野の知識も積極的に身につけることで、仕事の幅も広がっていくでしょう。

『 カラー以外の仕事の知識がある 』

だいぶ兼ね備えている

カラーコーディネーターを専門職として採用している企業は非常に少ないため、コーディネーター一本で働くのは非常に難しいと言わざるを得ません。この仕事で食べていきたいと思うなら、カラーコーディネートだけではなく、他の職業スキルを身につける必要があります。建築分野で働くなら建築についての知識を、ファッション業界ならデザイナーとしての知識を。美容業界なら美容師、広告業界なら紙面デザインなど、何か一つ違うスキルを持っていると大きなフックになります。

スポンサーリンク

『 コミュニケーション能力がある 』

そこそこ兼ね備えている

企業で働く場合、いろいろな部署の人と協力して仕事を進めていくことになります。チーム内で円滑に仕事を行うためには、円滑なコミュニケーション能力が欠かせません。

『 人と接するのが好き 』

兼ね備えていない

働く場所によっては、顧客と直接やり取りをすることもあります。当然顧客は素人なので、専門的な知識を持っている訳ではありません。プロの目から見ると突拍子もないことを要求してきたりすることもあるでしょう。そんなときでも粘り強く相手と接し、相手が本当に求めていることを聞き出す。そのためには人と接するのが好きで、人の話を聞くのが苦でないことが大切になるでしょう。

『 人を喜ばせるのが大好き 』

あまり兼ね備えていない

カラーコーディネーターは、商品開発や展示会設置などで色彩や配色に関するアドバイスをするのが仕事です。手がけたものができあがったときの、クライアントの喜ぶ顔。それがカラーコーディネーターの大きなやりがいの一つ。人のために働くことができるというのも、大切な適性の一つなのです。

『 能力を高める向上心がある 』

兼ね備えていない

カラーコーディネーターは資格がなくても仕事をすることができます。とはいえ資格はアピールに繋がるため、関連する資格を積極的に取得すればそれだけ仕事をしやすくなるでしょう。また、カラーコーディネーターは専業で働ける場が少なく、別の業務を兼ねながら働くことが多いです。専門知識やスキルを思うように活かせず、モヤモヤしてしまうことも少なくないでしょう。そんなときでも腐ることなく自身を磨き続けられるかどうかは、重要なポイントになります。

『 キャリア設計ができている 』

兼ね備えていない

専業で働ける現場が少ないため、なりたい自分になるためには、自らのキャリアプランを具体的にイメージし、そのために積極的に行動しなければなりません。自分が本当に働きたいのはどの分野なのか、そのためにはどのような知識やスキル、資格を取得する必要があるのか。働き方や勤務先の変更は必要かどうかなど、夢の実現に向けて考え行動できるかどうかも重要な適性なのです。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのカラーコーディネーター適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る