理想の就活/転職のための
自己分析サイト

海上保安官に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今海上保安官の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい海上保安官に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの海上保安官適性診断結果

あなたの適性度は50%で、海上保安官の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。海上保安官を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

海上保安官に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.体力がある
2.メンタルが強い
3.常に冷静でいられる
4.船上での生活が苦でない
5.協調性がある
6.転勤が苦にならない
7.海が好き
8.正義感がある
9.柔軟性がある
10.常に自分磨きができる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 体力がある 』

兼ね備えていない

海上保安官は、体力が求められる仕事です。まず、海上保安官になるための試験に、体力測定の項目があります。そして、働き始めてからも、救助活動を始めとして、体力が必要となる場面が数多くあります。そのため、体力がある人が、海上保安官に向いています。また、海上保安官は、24時間を3分割した、三交代制で働くことが多いです。三交代制は、不規則な生活になりやすいです。その三交代制でも、不調になってしまうことのない、身体的な強さが必要です。

『 メンタルが強い 』

だいぶ兼ね備えている

海上保安官は、上下関係が厳しい仕事です。上からの命令を無視すると、自分自身や他の海上保安官の命が危険にさらされるからです。そのため、厳しい上官が大勢います。上官から強めの叱責を受けることも珍しくありません。したがって、多少叱られても、心が折れてしまうことのない、強いメンタルを持っている人が海上保安官に向いています。また、海上保安官は、海上で起こった事故に関する、遺体捜索をすることが多いです。そのような、人の死に関わる仕事を続けるためにも、メンタルの強さが必要です。

『 常に冷静でいられる 』

兼ね備えていない

海上保安官の仕事には、海での事故や事件の対応も含まれます。海上での事故や事件には、人の命や国の治安などが関わる場合が多いです。そのため、切羽詰まった状況になることも珍しくありません。しかし、海上保安官はそのような緊急事態でも、常に冷静でいなければなりません。海上保安官がパニックを起こすと、人命や治安が危険にさらされることになります。よって、よほどのことではパニックを起こさず、冷静でいられるという人が、海上保安官に向いています。日常で少し想定外のことが起こった程度で、すぐに混乱してしまう人は、海上保安官向きではありません。

『 船上での生活が苦でない 』

だいぶ兼ね備えている

海上保安官は、海上勤務として、船の上で生活をする可能性が高いです。陸上勤務もありますが、必ず陸上勤務の希望が通るとは限りません。ほとんどの海上保安官は、海上勤務を経験することになります。海上勤務の期間は、大体数日から2週間程度です。場合によっては、それよりも長くなることがあります。その間中ずっと、船の上で生活をします。その生活に耐えられる人が、海上保安官に向いています。船の上で生活をするのが無理、長い間自宅に帰れないのは辛いという人は、海上保安官向きではありません。

『 協調性がある 』

十分に兼ね備えている

海上保安官は、ひとりではできない仕事です。船を操る人や、捜索を行う潜水士、陸上から指示を出す中枢など、大勢の人と連携する必要があります。そのため、他の人とのコミュニケーションは必須です。コミュニケーションが不足すると、人の命が危険にさらされます。そのようなことにならないために、仕事としてしっかりコミュニケーションが取れる、協調性のある人が海上保安官に向いています。また、海上任務で仕事仲間と、トラブルなく生活するためにも、協調性が欠かせません。

スポンサーリンク

『 転勤が苦にならない 』

そこそこ兼ね備えている

海上保安官は、高い頻度で勤務地が変わります。担当するエリアである管区内で、1年から3年程度を目安に、転勤することになります。そして、広い管区が担当だった場合、県境を越えた移動になる可能性が高いです。そうすると、元の勤務地から通い続けるのが不可能になるので、引っ越すことになります。よって、海上保安官は、何度も引越しする人が多いです。そのような、高頻度での転勤と引っ越しが苦にならないという人が、海上保安官に向いています。

『 海が好き 』

そこそこ兼ね備えている

海上保安官は、海に関する仕事です。そのため、海が好きだという人に向いています。好きな海に携われるということで、モチベーションを維持しやすいです。実際に、海が好きだという理由で、海上保安官になっている人は大勢います。生まれつきの恐怖症やトラウマなどが原因で、海が苦手だという人は、海上保安官には向いていません。海上勤務も苦痛になり、働き続けることが難しいでしょう。

『 正義感がある 』

だいぶ兼ね備えている

海上保安官は、海の上の警察であり、海上の平和を守ることが目的です。そのため、正義感が強い人に向いています。強い正義感を持っていれば、仕事に力が入り、周囲から認められる海上保安官になれる可能性が高いです。そして、仕事で辛いことがあっても、正義感を支えにして頑張れることもあります。正義感があまりなく、多少の犯罪行為であれば目をつぶってしまうような人は、海上保安官には向いていません。辛い時に、支えとなる正義感がなく、働くモチベーションを失ってしまう恐れがあります。

『 柔軟性がある 』

そこそこ兼ね備えている

海上保安官は、勤務地が変わった際に、仕事内容が大幅に変わることも珍しくありません。そして、職場環境も大幅に変わります。そのような変化に、柔軟に対応できる人が、海上保安官に向いています。環境の変化に対応できない、対応できるようになるまで時間がかかってしまうという人は、海上保安官向きではありません。

『 常に自分磨きができる 』

兼ね備えていない

海上保安官は、体力がなければ続けられない仕事なので、常にトレーニングをしなければなりません。海上保安官の中には、プライベートの時間を使って、トレーニングをする人もいます。また、救助の成功率を上げたり、効率的に働いたりするために、仕事の一環として勉強をする人も少なくありません。そのように、常に自分磨きができる人が、海上保安官に向いています。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの海上保安官適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る