理想の就活/転職のための
自己分析サイト

臨床開発モニター(CRA)に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今臨床開発モニター(CRA)の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい臨床開発モニター(CRA)に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの臨床開発モニター(CRA)適性診断結果

あなたの適性度は55%で、臨床開発モニター(CRA)の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。臨床開発モニター(CRA)を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

臨床開発モニター(CRA)に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.医薬品や医療機器に興味がある
2.臨床の現場経験がある
3.データの整理が好き
4.コミュニケーションスキルがある
5.課題解決が得意
6.向上心がある
7.スケジュール管理能力がある
8.目標達成意識が強い
9.客観的な視点を持てる
10.物怖じしない
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 医薬品や医療機器に興味がある 』

十分に兼ね備えている

医薬品や医療機器の開発プロセスについて知識があるのは臨床開発モニター(CRA)に共通する特徴です。臨床開発モニターは製薬企業や医療機器メーカーで、臨床試験をするときに適切なプロセスで試験がおこなわれていることを確認するのが主な仕事だからです。医薬品や医療機器が開発されてきた経緯を理解し、臨床試験で適正な使い方をしているかを判断できることが求められます。医薬品や医療機器の開発について十分な理解があることは臨床開発モニターにとって不可欠です。

『 臨床の現場経験がある 』

だいぶ兼ね備えている

臨床開発モニター(CRA)は臨床現場について詳しい人に向いています。看護師や薬剤師などのように臨床現場での経験を持っている人が臨床開発モニターとして活躍しています。臨床現場の事情を理解していると、臨床試験に協力してくれている医師や看護師の状況がわかるため、状況に応じた対応ができるからです。臨機応変な対応を求められる現場なので、臨床経験があると臨床開発モニターとして重宝されます。

『 データの整理が好き 』

あまり兼ね備えていない

臨床開発モニター(CRA)はデータの取り扱いが得意な人に向いています。臨床開発モニターは臨床試験の進捗を確認して、開発を進める上で必要なデータを集めるのが重要な仕事です。データを集めて整理していき、臨床試験の進捗を正しく把握することも求められます。データの整理と管理のスキルがあって、わかりやすい形でまとめられる人は周囲から信頼される臨床開発モニターになれます。

『 コミュニケーションスキルがある 』

十分に兼ね備えている

臨床開発モニター(CRA)にとってコミュニケーションスキルは欠かせません。臨床試験を担当する医療機関の医師などのスタッフと密にコミュニケーションを取ることで臨床試験をスムーズに進められるからです。治験コーディネーターとの綿密なやり取りによって滞りなく臨床試験を進める体制を整えられます。正確さを重視してコミュニケーションを取れるのは臨床開発モニターにとって必須のスキルです。

『 課題解決が得意 』

だいぶ兼ね備えている

課題解決が得意な人は臨床開発モニター(CRA)に向いています。臨床開発モニターはただ臨床試験の進捗を確認するだけでなく、臨床開発を進める上で生じた課題を解決することも求められます。臨床試験に参加してくれる人が集まらない、軽微な副作用の事例が多発しているなどといった問題が発生することは稀ではありません。このような際に解決策を提案して推進できる人は臨床開発モニターとして活躍できます。

スポンサーリンク

『 向上心がある 』

だいぶ兼ね備えている

医療について向上心を持って情報を集められる人は臨床開発モニター(CRA)に適性があります。医療は急速に進展しているので、臨床現場では常に新しい情報を求めています。臨床開発モニターはMRではないので情報提供は必要ないと思いがちですが、医師や薬剤師から信頼を得るには医療情報を提供できるのが大切です。向上心や向学心があることは臨床開発モニターにとって欠かせません。

『 スケジュール管理能力がある 』

あまり兼ね備えていない

スケジュール管理能力がある人は臨床開発モニター(CRA)として活躍できます。臨床試験はスケジュール通りに進めることが重要です。臨床開発モニターは治験コーディネーターと連携して、滞りなく臨床試験を進められるように協力することが必要です。基本的には治験コーディネーターが現場でスケジュール管理をしてくれますが、遅れることも稀ではありません。治験コーディネーターをサポートできるようにスケジュール管理をすることが臨床開発モニターにとって不可欠です。

『 目標達成意識が強い 』

そこそこ兼ね備えている

目的を達成したいという気持ちが強い人は臨床開発モニター(CRA)に向いています。臨床開発では医薬品や医療機器としての承認を受けるために莫大な資金を使います。目的を何としてでも達成しようという意識を持って仕事に取り組むことは臨床開発モニターにとって欠かせません。

『 客観的な視点を持てる 』

あまり兼ね備えていない

客観的な視点で物事に取り組める人は臨床開発モニター(CRA)として適性があります。臨床開発では客観的なデータを整えることが必要だからです。主観を入れずに臨床試験の進捗状況を整理してレポートできるのが臨床開発モニターにとって重要な役割です。進捗が思わしくなかったとしても冷静に状況をまとめられるスキルがあると臨床開発モニターとして自信を持って働くことができます。

『 物怖じしない 』

そこそこ兼ね備えている

臨床開発モニター(CRA)は物怖じしない人に向いています。臨床開発では医師や薬剤師、看護師などのさまざまな専門スタッフとの付き合いが必要です。有資格者でプライドを持っている人もたくさんいます。だからといって低姿勢になりすぎてしまうと重要な問題を見落としてしまうこともあるので、物怖じせずに対等な立場で医療スタッフに接することができるのが大切です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの臨床開発モニター(CRA)適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る