理想の就活/転職のための
自己分析サイト

臨床検査技師に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今臨床検査技師の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい臨床検査技師に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの臨床検査技師適性診断結果

あなたの適性度は56%で、臨床検査技師の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。臨床検査技師を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

臨床検査技師に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.黙々と作業することが苦にならない
2.協調性がある
3.手先が器用
4.検体に触ることに抵抗がない
5.向上心がある
6.コミュニケーション能力がある
7.要領が良い
8.記憶力が良い
9.判断力に優れている
10.理系科目は全般的に得意
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 黙々と作業することが苦にならない 』

あまり兼ね備えていない

臨床検査技師の業務のほとんどは、顕微鏡や機械を相手にした地道な作業となります。検査のデータ確認や分析のために、顕微鏡を覗き込んで1日が終わることも少なくありません。また、臨床検査技師は同じ作業を繰り返すことが多いため、黙々と作業をすることが苦にならない人に向いています。一人で作業することにストレスを感じる人には、務まらない仕事です。

『 協調性がある 』

あまり兼ね備えていない

臨床検査技師は基本的に人と関わることが少ない仕事ですが、患者さんのために適切な治療法を導き出すためには、医師や、放射線技師、理学療法士など病院内の他分野のスタッフと連携しなければなりません。特に、医師と信頼関係を築き協力体制を作ることが重要であるため、臨床検査技師には協調性が求められます。多くの病院ではチーム体制で治療法を見つける方法が採用されているため、一匹狼的な働き方しかできない人は医療の質を下げることになりかねません。

『 手先が器用 』

そこそこ兼ね備えている

臨床検査技師の検査作業は機械化が進んでいますが、まだまだ手作業で行っていることもたくさんあります。血液標本や病理標本の作製や血液・髄液を扱う作業は、特に手先の器用さが求められます。ただし、手先が器用であることに高を括り、大雑把な作業をすることは許されません。手先が不器用であっても、ミスをしないよう作業を丁寧に行い責任を持って業務を行っているのであれば、手先の不器用さをカバーすることができます。

『 検体に触ることに抵抗がない 』

だいぶ兼ね備えている

臨床検査技師が扱う検体は血液や細胞だけでなく、色々な種類があります。尿や便などを扱うことも多く、検査であるとはいえ汚物に触るのが苦手だという人は一定数います。もちろん手袋をして検査を行いますが、抵抗を感じる人も多いようです。また、臓器も検体として持ち込まれることがあり、生々しい見た目に怖気づく人もいます。そのため、臨床検査技師はどんな検体であっても抵抗なく触れる人に向いている仕事です。

『 向上心がある 』

十分に兼ね備えている

臨床検査では新しい検査機器や検査方法が開発されるなど、常に進歩を続けています。そのため、臨床検査技師として働き始めてからも、新しい知識を身につけていかねばなりません。臨床検査技師の国家資格を取得してからも、足踏みをせず勉強を続けていかなければならない仕事です。そのため、臨床検査技師は臨床検査に関する新しい知識を身につけたい、新しいことに挑戦したいなど、向上心がある人に向いています。

スポンサーリンク

『 コミュニケーション能力がある 』

そこそこ兼ね備えている

臨床検査技師はデータの分析や解析を黙々と行うのがメインの業務となりますが、全く人と関わらないわけではありません。検査を受ける患者さんに検査方法を説明したり、検査結果を伝えたりするのも臨床検査技師の仕事です。そのため、患者さんが信頼して検査を受けられる環境を整えるためにも、臨床検査技師にはコミュニケーション能力が求められます。また、病院の他分野の人と連携を強めるためにも、コミュニケーション能力は必要です。

『 要領が良い 』

そこそこ兼ね備えている

臨床検査技師は、一人で検査からデータ報告まで行わねばならないことが多く、複数の業務を同時に行うことも少なくありません。そのため、臨床検査技師はマルチタスクを遂行できる要領の良さも必要です。要領が良い臨床検査技師は、検査を受ける患者さんの負担を減らすために、効率の良いまわり方を提案することができます。大きな病院になるほど、重宝されるスキルです。

『 記憶力が良い 』

だいぶ兼ね備えている

病院によっては検査部がローテーション制となっているところもあるため、臨床検査技師はそれぞれの部署の検査方法を覚えておかねばなりません。そのため、臨床検査技師には記憶力の良さも求められます。たくさんの検査方法や数値を記憶するのは大変ですが、ローテーション制は臨床検査技師としての経験を積むために有効な働き方です。自分に適した検査分野を早く見つけることができます。

『 判断力に優れている 』

そこそこ兼ね備えている

臨床検査においては、良性か悪性か判断がつけにくい検査結果もあります。そのような症例があった場合は、どちらかに決めつけることなく事実を提示することが求められます。そのため、臨床検査技師には判断力が必要になります。また、検査の正確性を判断するために、検査の方法の手違いや異物混入など、検査過程に間違いはないか冷静に見極める目も求められます。

『 理系科目は全般的に得意 』

あまり兼ね備えていない

臨床検査技師は生物や物理、化学などの幅広い知識が必要となり、理系が得意な人に向いている仕事です。生理学的検査や生化学検査、病理検査などを含む様々な検査方法があり、データ確認や分析が主な仕事となるため理系に強い人が力を発揮しやすいでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの臨床検査技師適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

ピックアップ職業適性診断

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る