理想の就活/転職のための
自己分析サイト

臨床工学技士に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今臨床工学技士の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい臨床工学技士に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの臨床工学技士適性診断結果

あなたの適性度は56%で、臨床工学技士の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。臨床工学技士を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

臨床工学技士に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.人の役に立ちたい思いが強い
2.人当たりの良い対応ができる
3.勉強することが苦ではない
4.良好な人間関係を築くことが得意
5.技術向上のための努力ができる
6.どんな時にも冷静な判断ができる
7.機械操作が好き
8.コミュニケーション能力がある
9.指示待ちでなく自発的に考えて行動できる
10.取得した資格の仕事を長く続けたい
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 人の役に立ちたい思いが強い 』

あまり兼ね備えていない

臨床工学技士は、生命維持管理装置の操作をしたり、医療機関内の医療機器のメンテナンスや点検を行う仕事です。血液透析装置を操作して患者様の体内の水分等を除去するなど、病気の方の命を助ける重要な役目を担っています。また、医療機器の専門家として医療機器を安全にスムーズに使えるようにメンテナンスすることなどを通じて、医師が行う手術や治療をサポートする縁の下の力持ち的存在です。自分が行う業務を通じて、人の役に立っているという実感ややりがいを得たいという人に適した仕事です。

『 人当たりの良い対応ができる 』

あまり兼ね備えていない

患者様に対して事務的に淡々と対応するのではなく、できる限りリラックスして人工透析等を受けてもらえるように、ぬくもりのある人当たりの良い対応ができる人であれば、臨床工学技士の素養があると言えます。流れ作業のように仕事をするのではなく、患者様に寄り添い、ホスピタリティを持って接することが大切です。「自分の仕事だけに集中したい」、「余計なコミュニケーションはとりたくない」という人には不向きでしょう。

『 勉強することが苦ではない 』

そこそこ兼ね備えている

臨床工学技士になるには、国家試験の臨床工学技士免許を取得しなければなりません。試験取得のために勉強しなければならないのはもちろん、臨床工学技士の業務範囲は広いため、様々な知識を身につけなければなりません。臨床工学技士には、血液浄化業務、心血管カテーテル業務、人工呼吸器業務、人工心肺業務など様々な業務があります。患者様の命を預かる重要な業務を担当しているんだという気持ちを忘れずに、多くの知識を身につけ勉強する努力ができる人に向いている仕事であると言えます。

『 良好な人間関係を築くことが得意 』

だいぶ兼ね備えている

臨床工学技士は、医師や看護師、麻酔医等とコミュニケーションをとり様々な確認をした上で、医療機器の準備や操作、記録を行います。治療をスムーズに行うためにも、医療チームと信頼関係を築き、しっかりと連携することが大切です。医療機器のエンジニアとも言われる臨床工学技士ですが、一人で黙々と作業を行うエンジニアではありません。臨床工学技の仕事は、周囲の人と緊密にコミュニケーションをとり、チームワーク良く仕事ができる人に適性があります。

『 技術向上のための努力ができる 』

十分に兼ね備えている

人工透析を受ける患者様は、週に3回病院へ通うのが一般的です。週に3度も点滴のような針を刺されるのですから、失敗することのないようにスムーズな対応が求められます。針の差し直しを何度もしてストレスを与えるようなことは避けたいものです。臨床工学技士の仕事では、穿刺(せんし)技術を磨くことが大切です。最初からうまくできなくても、穿刺技術を上達させるために前向きに努力できる人に向いています。

スポンサーリンク

『 どんな時にも冷静な判断ができる 』

そこそこ兼ね備えている

臨床工学技士には、集中治療室で血液浄化装置、補助循環装置、人工呼吸器などを操作する仕事もあります。術後の容体が安定しない患者様や、重症な患者様を受け持つため、ときには容体急変などの緊急事態が起こることもあります。トラブル時にパニックになりやすい人や、「落ち着いた環境で仕事がしたい」という人には不向きです。臨床工学技士はどのような時でも冷静に判断し、医師等と連携して迅速な対応が求められます。

『 機械操作が好き 』

そこそこ兼ね備えている

臨床工学技士は様々な種類の医療機器を扱います。近年では、手術支援ロボットなど新しい医療機器が次々と医療現場で活躍するようになっています。機械が正常に動作するように、各機械についてきちんと理解していてメンテナンス等を行える技術はもちろん、新しい医療機器にも対応できるよう日々知識習得の努力をすることが大切です。機械操作が好きな人であれば、臨床工学技士の仕事を楽しめるでしょう。

『 コミュニケーション能力がある 』

だいぶ兼ね備えている

人工透析の治療は長期間にわたりますので、臨床工学技士は同じ患者様を長く担当することもあります。患者様は長期間の治療で時に悲観的な発言をしたり、愚痴っぽく臨床工学技士に話しかけてくることもあるでしょう。そうした患者様の精神面をケアできるようなコミュニケーションがとれる人は、臨床工学技士の素養があると言えます。コミュニケーションを大切にして患者様の緊張や不安をやわらげ、落ち着いて透析を受けてもらうことも、臨床工学技士の大切な役割の一つです。

『 指示待ちでなく自発的に考えて行動できる 』

そこそこ兼ね備えている

臨床工学技士は、医師が滞りなく手術をすすめられるよう、医療機器の操作などを通じて医師のサポートをします。そういった場合に、言われたことをただやるのではなく、医師が求めていることはどんなことか、自分で考えて行動できる人は現場で重宝されます。言われたことをただ淡々とこなすだけの受け身の人には不向きと言えます。

『 取得した資格の仕事を長く続けたい 』

あまり兼ね備えていない

臨床工学技士の仕事は、資格を取得した人だけができる仕事であり、年数を重ねるごとに担当できる仕事が増え、長く働くことができる仕事です。医療機器の専門家として長く働きたい、臨床工学技士として長期的に働いてキャリアアップしたいという人に向いている仕事です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの臨床工学技士適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

ピックアップ職業適性診断

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る