理想の就活/転職のための
自己分析サイト

裁判所事務官に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今裁判所事務官の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい裁判所事務官に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの裁判所事務官適性診断結果

あなたの適性度は50%で、裁判所事務官の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。裁判所事務官を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

裁判所事務官に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.法律についての知識がある
2.コミュニケーション能力がある
3.事務処理の能力が高い
4.集中力がある
5.責任感がある
6.分かりやすく説明できる
7.公平性や中立性を持っている
8.論理的思考力がある
9.学び続ける意欲を持っている
10.気配りができる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 法律についての知識がある 』

あまり兼ね備えていない

裁判に関する事務や弁護士との打ち合わせ等の業務があるため、法律の知識が必要不可欠となっています。裁判所事務官の仕事は、裁判部門と司法行政部門の2つの部門がありますが、どちらも裁判を円滑に進行するためのサポートをするという役割は同じです。法律の正しい理解や運用の仕方を熟知していないと、職務を全うすることは困難でしょう。もし分からないことがあれば、先輩の職員に質問したり、六法を引きながら事務作業をしたりする必要があります。

『 コミュニケーション能力がある 』

だいぶ兼ね備えている

裁判所事務官は、来庁者の窓口対応をしたり、裁判員裁判の裁判員の手続き業務を担当したり、裁判に関わる証人から話を聞いたりするなど、さまざまな人と関わる仕事です。相手の話を正しく理解することができること、相手の立場に寄り添った思いやりをもった対応ができることなど、高いコミュニケーション能力が必要になります。また、裁判所事務官は、裁判官や裁判所書記官などの職員と関わりながら、組織の一員として業務を遂行します。そのため、組織内でもコミュニケーション能力を発揮することが求められます。

『 事務処理の能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

裁判所事務官の仕事には、書類を受理したり、裁判に関する書類を作成して発送したり、裁判に関する手続きのサポートをしたりする業務があります。このような、裁判に関する事務作業が大量に割り振られているため、事務処理能力の高い人が裁判所事務官に向いています。また、仕事の特性上小さなミスも許されませんので、効率よく事務処理をすると共に、注意深く業務を遂行する能力も必要です。

『 集中力がある 』

そこそこ兼ね備えている

仕事の特性上、小さなミスが大きな問題に発展することもあります。そのため、一つひとつの書類の作成にも集中力を注いで作業をすることができる人が裁判所事務官に向いています。集中力を発揮する場面は、書類の作成だけにとどまりません。裁判所書記官の仕事の進捗状況を把握しながらサポートする場面、来庁者の意向を聞き取り手続きのサポートをする場面など、集中力がないと適切に対応することが難しい場面があります。裁判所事務官の仕事は、常に高い集中力を維持しながら業務にあたる必要がある仕事だといえます。

『 責任感がある 』

十分に兼ね備えている

裁判に関する仕事は、一歩間違えば他人の人生を大きく左右しかねないという自覚をもって業務にあたることが大切です。期日を守って適切に事務処理をしたり、来庁者が十分に理解できるまで説明を繰り返したりするなど、一つひとつの仕事に責任感をもつことが必要です。また、裁判所事務官は、裁判官や裁判所書記官とチームとして行動するため、チームの一員としての役割を果たそうとする責任感も重要です。立場上は裁判所書記官のサポートをするという役割ですが、その責任は大きいことをよく理解しておきましょう。

スポンサーリンク

『 分かりやすく説明できる 』

十分に兼ね備えている

裁判所での窓口対応において、来庁者は法律に詳しい人ばかりではありません。裁判の手続きをサポートする役割をもつ裁判所事務官にとって、法律に詳しくない人や初めて手続きをする人にも理解できる説明能力の高さが必要です。難しい法律用語も、誰にでも分かる言葉に置き換えて正しく説明する力が求められます。また、裁判員裁判について裁判員に説明する仕事もあります。裁判員裁判は、一般の方が裁判の判決に関わることになるため、その責任の重大さや裁判の進行の仕方等についてしっかりと説明し、理解してもらうことが重要です。

『 公平性や中立性を持っている 』

兼ね備えていない

裁判所事務官は、あくまでも中立的な立場で裁判に関する事務をサポートすることが職務です。そのため、先入観なく物事を判断したり、公平に裁判や調停をする人たちのサポートをしなければなりません。誰かの一方的な利益になるようなサポートは禁止されており、相手に寄り添った対応をしながらも、中立的な立場を貫くことが求められます。

『 論理的思考力がある 』

あまり兼ね備えていない

裁判では、裁判所事務官が調べたことや集めた情報、まとめた資料などが判決を左右することがあります。裁判所事務官としての任務を遂行するためには、感情に左右されず、論理的に考え、判断する力が必要です。特に、証人や裁判の当事者から話を聞く場面では、論理的に考えて正しい情報を選択する能力が求められます。

『 学び続ける意欲を持っている 』

兼ね備えていない

裁判所事務官の仕事に欠かせない法律は、改正されたり、新しい法律がつくられたりするため、常に学び続ける必要があります。日常の激務をこなしながら、進んで学習する意欲をもち続けられる人が裁判所事務官に向いています。裁判所事務官は、裁判所書記官になったり、司法書士として登録したりするキャリアも用意されているため、それらの職を目指す人にとっても、学び続ける姿勢は大切です。

『 気配りができる 』

だいぶ兼ね備えている

仕事の性質上、裁判所書記官のサポートをするのが主な業務になります。気配りができる人でないと、適時サポートをするのは困難でしょう。また、電話対応や来庁者の対応など、相手のことを思いやった臨機応変な対応が求められる場面もあります。相手の要望をよく聞き、思いやりをもって気配りをしながら行動することが求められます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの裁判所事務官適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る