理想の就活/転職のための
自己分析サイト

事務職に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今事務職の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい事務職に
向いているかわかります。

20問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

事務職に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの事務職適性診断結果

あなたの適性度は45%で、事務職の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。事務職を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

事務職に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.計画を立てて実行するのが得意
2.几帳面
3.イレギュラー対応が得意
4.正確かつ迅速に業務をこなせる
5.コツコツ作業が得意
6.感情の起伏が少ない
7.責任感がある
8.縁の下の力持ち気質
9.コミュニケーション能力がある
10.気配りや気遣いができる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 計画を立てて実行するのが得意 』

あまり兼ね備えていない

事務職の業務は、納期がはっきりしている仕事が多いのが特徴です。毎日締め切りが来る仕事もあれば、月ごとや年単位でやるべきことが決まっている業務もあります。それぞれの仕事を計画通り実施していくには、仕事の段取りをつけ、スケジュールにのっとって業務をこなしていく必要があります。特に中小企業の場合は、総務や経理、人事などの複数の業務を兼任することがあり、それぞれの仕事の納期に間に合うように調整する能力が求められます。

『 几帳面 』

そこそこ兼ね備えている

事務職は、自分やチームのミスが経営陣や他部署に影響する仕事が多いといえます。社内で共有すべき大量の書類を扱うこともあり、ルールに従ってファイリングしたりデータを格納しないと、その情報を必要とする人が多大な時間をかけて探すことも考えられます。自分の間違いが、時間や金銭面で会社全体に大きな影響を与える可能性を考えると、丁寧に着実に仕事がこなせる人が事務職に向いているといえるでしょう。整理整頓が好きな人は事務職に適任かもしれません。

『 イレギュラー対応が得意 』

あまり兼ね備えていない

ルーティンワークが多いイメージの事務職ですが、電話の取次ぎや突然の来客、急に仕事を依頼されるなど、イレギュラー対応が求められるケースも目立ちます。集中して仕事に取り組むことも大切ですが、電話が鳴ったり、外部の人の顔が見えたら、すぐに対応する臨機応変さも必要です。複数の仕事を抱えて優先順位がわからなくなったら、自分のやり方に固執するのではなく、周囲に相談する姿勢も大切です。

『 正確かつ迅速に業務をこなせる 』

そこそこ兼ね備えている

事務職の仕事は正確性が命といえますが、加えて迅速に業務をこなせることが大事です。ゆっくり行えば正確性は担保されますが、スピードが求められても一定の仕事のクオリティをキープするには、仕事の性質や自分がミスしやすいポイントを押さえておくなど、業務に真摯に向き合う姿勢が必要です。どうやったら正確かつ迅速に仕事ができるか、自分なりのマニュアルを作りながら業務に取り組める人は、事務職に向いているかもしれません。

『 コツコツ作業が得意 』

そこそこ兼ね備えている

事務職の仕事の多くは、地道な作業の積み重ねで成り立っています。データを入力する、ミスがないかどうかチェックする、書類整理をするなどです。華々しい仕事は多くないので、コツコツ作業に前向きに取り組める人、細かい仕事が苦にならない人は、事務職に向いているといえます。一人で地道に作業することが得意な人は、経理や法務に適任といえます。

スポンサーリンク

『 感情の起伏が少ない 』

あまり兼ね備えていない

事務職はチームプレーで仕事をこなしていきます。また、他部署の社員から依頼される仕事もたくさんあります。感情が表に出やすい人や機嫌がよい時と悪い時がはっきりしている人には、仕事を頼みづらいかもしれません。管理部門に所属する事務職は、他の社員に気持ちよく働いてもらい、会社としての生産性向上に貢献することが大切なので、感情をコントロールし、頼まれた仕事を快く引き受ける姿勢が大事になります。

『 責任感がある 』

そこそこ兼ね備えている

間接部門としての役割を持つ事務職は、少数精鋭で業務をこなすことが多く、一人一人にかかる負担が大きくなりがちです。それぞれが自分の仕事を全うし、スケジュール通りに仕事をする必要があるため、責任感がある人は事務職に向いているでしょう。責任感の中には、納期通りに仕事が終わりそうもない時には、早めに上司や周囲に相談することも含まれます。

『 縁の下の力持ち気質 』

兼ね備えていない

事務職は、収益性のある業務を担っている人のサポート役ともいえる仕事です。製造や営業などに従事している人が仕事をしやすいよう、備品や消耗品を補充・管理したり、必要なデータを提供するなど、裏方の仕事が多くなります。目立たない仕事であっても人の役に立てることに誇りや達成感を感じられる人は、事務職にぴったりといえます。

『 コミュニケーション能力がある 』

十分に兼ね備えている

事務職は、自分が所属している部署だけでなく、会社全体の従業員とかかわりがある仕事が多いので、コミュニケーション能力は必須といえます。その中でも営業事務は、取引先など外部の方とのコミュニケーションが必要になりますし、採用担当者は将来会社の一翼を担う人とのきめ細かいやり取りや会社の顔としての役割も担います。社内でのやり取りが多くなる人事や経理の仕事でも、必要な書類やデータを期日通り提出してもらえるよう、情報を正しくかつ分かりやすく伝える努力が求められます。

『 気配りや気遣いができる 』

だいぶ兼ね備えている

事務職は、電話や来客対応を含め、会社にかかわる幅広い人材と接する機会が多くなり、時として会社を代表して対応することもあるため、気配りや気遣いが必要です。困っている雰囲気を察して積極的に声をかけたり、ねぎらいや感謝の言葉をかけるなど、協調や寄り添う姿勢があると、信頼される事務職員になれるはずです。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの事務職適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

《 事務職適性診断の質問一覧 》

  • Q1. 行動する前にはしっかり計画やスケジュールを立てる
  • Q2. 仕事をするなら細かいところまできっちりする性格だ
  • Q3. 何かトラブルが起きても動揺せず柔軟に対応できる
  • Q4. テキパキ物事を処理するのが得意だ
  • Q5. 毎日地道に努力を積み上げるタイプだ
  • Q6. 滅多に怒ることはない
  • Q7. 任された仕事はしっかりやり遂げる
  • Q8. 自分が前に出なくてもサポートで貢献できれば満足だ
  • Q9. コミュニケーション能力は高いほうだと思う
  • Q10. 気配りや気遣いが得意だ
  • Q11. 行き当たりばったりで物事を進めてしまう
  • Q12. 大雑把でアバウトな性格だ
  • Q13. 一度決められたことを曲げられない頑固な性格だ
  • Q14. 注意散漫でミスが多い
  • Q15. 飽き性でいつも三日坊主になってしまう
  • Q16. 喜怒哀楽がわかりやすく顔に出るタイプだ
  • Q17. リーダーを務めるのは苦手だ
  • Q18. 目立ちたがり屋だ
  • Q19. 人と良好な関係を築くのが苦手だ
  • Q20. 空気を読むのは得意ではない

この適正診断テストでわかること

  • 事務職に向いているか向いていないか
  • 事務職の職業適性度
  • 事務職に必要な10の資質
  • 解説で事務職に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

事務職とは?

事務職は会社の事務作業を担当する仕事です。

書類作成やファイリング、データ入力や伝票処理などの事務作業を任されます。

さらに郵便物の発送や備品の管理、電話対応や来客対応を担当することもあります。

事務職の仕事内容は幅が広く、色々な仕事を担当するのが特徴的です。

書類作成ではパソコンなどを駆使して、必要書類を作ります。

見積書や請求書、会議の議事録やイベント案内、決算書類と沢山の書類の作成に携わります。

ファイリングは作成した書類を種類ごとに分類し、ファイリングしておく業務です。

必要なときに必要なものを取り出せるように整理しておきます。

データ入力は顧客の情報入力や売り上げなどをパソコンに入れておいて、いつでも見られるようにして管理します。

伝票処理は入金や出金、仕入れや売り上げなどの伝票に書き込み、整理していくのです。

事務職になるには?

事務職に就くために必要な学歴はありません。

事務職を希望する場合は高校や短大、専門学校や大学を卒業し、就職活動をして企業などに就職します。

中学卒業後に就職をして事務職に就くことも可能ですが、一般常識や一般教養を最低限身につけるためにも高卒以上の方が就職はしやすいです。

大企業の場合は学歴を重視することもあり、大卒以上の社員を募集しているケースもあるのです。

仕事をする上で必要な資格もなく、無資格でも働けます。

もちろん事務職に必要な知識が学べる資格を取得しておけば、仕事がスムーズにこなせます。

代表的な資格の一つとして挙げられるのが、MOS資格です。

MOS資格はマイクロソフト社のオフィスソフトの操作スキルを認定したもので、事務職の仕事をこなすために必要なWordやEXCELの基礎知識を学べるのがメリットです。

事務職の給料・年収

複数の調査結果から事務職の平均年収は320万円から340万円です。

初年度の年収は220万円から250万円となっていて、30代後半くらいまで徐々に増えていく傾向にあります。

また資格を取得して以前よりもスキルアップをした、勤めている年数が長く経験豊富などの理由で給与が上がることも珍しくありません。

重要な役職に就いた場合も給与が上がっていきます。

正社員の場合はボーナスが支給されることもあり、年収が上がることもあります。

残業代などの各種手当を支給する企業もあり、会社に残って残業をすればいくらか手当が支払われることも多いです。

事務職の就職・転職先(求人)

事務職として働く人たちは一般企業や学校、法律事務所などで働いていることがほとんどです。

一般企業では一般事務や総務、人事労務などというポジションで採用され、事務職として働きます。

総合職として採用され現場で経験を積み、その後にバックオフィス業務を任されて事務職になることもあります。

学校では学校運営に関わる事務仕事を行い、教師や生徒のサポートを担います。

法律事務所では弁護士が仕事をする上で必要な書類の作成や依頼人の対応などをするのです。

ある程度法律の知識が必要で、法律事務所で働いた経験がある、大学の法学部などで学んだ経験がある人が働いています。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る