理想の就活/転職のための
自己分析サイト

クリーニング師に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今クリーニング師の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいクリーニング師に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのクリーニング師適性診断結果

あなたの適性度は41%で、クリーニング師の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。クリーニング師を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

クリーニング師に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.流行のファッションに興味がある
2.化学が得意で興味がある
3.体力がある
4.機械に強い
5.コミュニケーション能力がある
6.細かい作業が得意
7.暑さに強い
8.責任感がある
9.忙しい時期に波があっても良い
10.薬品や溶剤の匂いに耐えられる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 流行のファッションに興味がある 』

そこそこ兼ね備えている

クリーニング師として働いていくうえで流行のファッションがどのようなものかを知っておくことは大事です。流行のファッションがどのような生地なのか?縫製は?装飾にどんな素材が使われているのか?こういった事を事前に知っておいた方が作業をスムーズに行えます。例えば、縫製が弱い生地のマフラーが流行っていると事前に知っていればそういった物を洗濯する時に生地にダメージが入りづらいクリーニング方法を選ぶ事ができます。流行のファッションに敏感な人はクリーニング師に向いていると言えます。

『 化学が得意で興味がある 』

兼ね備えていない

意外かもしれませんがクリーニング師は化学の知識が必要になってきます。これはそもそもクリーニングは化学反応によって衣類の汚れを落とすからです。またシミ抜きなどシミの種類や生地によって作業内容は大きく変わってきます。化学の知識があった方が素材によって最適なクリーニング方法を選べるので化学の知識がある、または化学に興味のある人はクリーニング師に向いています。

『 体力がある 』

あまり兼ね備えていない

クリーニング師には体力がいります。クリーニングの作業は基本的に立ち仕事である事が多く、重い荷物やクリーニングに使う溶剤の入った一斗缶など重い物を持つ機会も多いです。着ている時はあまり感じない服の重さも、何十着もまとめるとそれだけで数十キロになる事も珍しくありません。また業務用のアイロンは家庭用の物よりも重くできているのでそれを一日中扱う体力も必要になってきます。体力に自信のある人はクリーニング師に向いています。

『 機械に強い 』

そこそこ兼ね備えている

クリーニング師は機械の扱いも多い職業ですので機械に強い方が良いです。業務用の洗濯機やシワを伸ばすためのプレス機。包装するための包装機やクリーニングした物を流すコンベアーなど、クリーニング工場には機械が多いです。機械の面倒を見てくれる専門の業者もいますが、ちょっとした故障や不具合は自分で直せるような機械に強い人はクリーニング師に向いています。

『 コミュニケーション能力がある 』

そこそこ兼ね備えている

工場で働くクリーニング師は一緒に働く従業員とコミュニケーションを取ってチームで働いていく必要があります。必要な作業を伝えたり注意点を伝えたり、誤解や間違いがないように物事を伝えるためにもコミュニケーション能力が必要になってきます。また、店舗で働く場合においても接客をする上でコミュニケーション能力が必要になってきます。

スポンサーリンク

『 細かい作業が得意 』

あまり兼ね備えていない

クリーニングの作業は細かい作業を正確に繰り返し行う必要があります。スーツやシャツのアイロンがけや綺麗に畳む事など細かい作業が多く、また場合によっては取れてしまったボタンをつけたりといった裁縫の作業もあります。これらの多くの細かい作業を正確に繰り返し行う事が得意な人はクリーニング師に向いていると言えます。

『 暑さに強い 』

十分に兼ね備えている

クリーニング師は暑さにも強い方がいいです。クリーニング工場はアイロンやプレス機など、蒸気を使う機械が多いのも特徴です。蒸気を扱うのでクリーニング工場の中は気温が高くなる傾向にあります。空調などで気温を下げる工夫がされている工場は多いのですが、プレス機の前などどうしても暑くなってしまう場所もあります。暑い中でもしっかりと作業を行う必要があるので暑さに強い人はクリーニング師に向いていると言えます。

『 責任感がある 』

そこそこ兼ね備えている

クリーニング師には責任感が必要です。クリーニング師はお客様の衣服を預かってクリーニングを行い汚れを落とししっかりとアイロンをかけてお客様の元へ戻すのが仕事です。お客様の服によっては思い出があったり大事な人からの贈り物であったりそれぞれの事情で大事な衣服である事があります。そんな大事な衣服を預かっている事を自覚し責任感をもってクリーニング作業を行える人はクリーニング師に向いていると言えます。

『 忙しい時期に波があっても良い 』

そこそこ兼ね備えている

クリーニング師の仕事は閑散期と繁忙期があります。衣替えの行われる春と秋は繁忙期で、夏と冬は閑散期になります。特に春は忙しく、世間が大型連休で休んでいる時に連日仕事が遅くまで行われる事もあります。反対に閑散期は仕事が早く終わってしまう事もあり、一年間を通して仕事量のギャップが大きいです。そんな時でも仕事の増減を楽しめるくらいの人はクリーニング師に向いています。

『 薬品や溶剤の匂いに耐えられる 』

そこそこ兼ね備えている

クリーニング師は薬品や溶剤などを扱う事が多いです。匂いのきついものも多くクリーニング工場の中は色々な匂いがします、ドライクリーニングなどは石油系の溶剤を扱いますし、シミ抜きはさまざまな薬品をあつかってシミを抜いていきます。そのため薬品や溶剤の匂いが気にならない、耐性がある人はクリーニング師に向いています。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのクリーニング師適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る