理想の就活/転職のための
自己分析サイト

土木設計に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今土木設計の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい土木設計に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの土木設計適性診断結果

あなたの適性度は57%で、土木設計の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。土木設計を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

土木設計に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.インフラの設営に興味がある
2.環境に興味がある
3.設計に関心が高い
4.後世に残る仕事がしたい
5.新しい技術に興味が高い
6.計算が得意
7.安定した仕事をしたい
8.資格の勉強が苦でない
9.海外に興味がある
10.コミュニケーション能力がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 インフラの設営に興味がある 』

あまり兼ね備えていない

土木設計とは、森や山、ダム、鉄道など人々が暮らすなかで無くてはならない基礎的な部分を工事し設営する上で必要な設計図を作る役割のことを指します。つまり、重要なインフラを左右する役割だと言えるでしょう。そのため、インフラの設営や管理に興味があることが不可欠です。インフラはしっかりとした土木の基礎によって形成されていて、震災や台風といった災害から生活基盤を守る重要な役割を担っています。土木設計を最も必要とする部門です。

『 環境に興味がある 』

だいぶ兼ね備えている

土木設計は環境を制御して、安全かつ安心して人々が生活したり仕事をしたりする場を整えるのに不可欠です。そのため、それぞれの自然環境にあわせて、適切な基盤を整えるのに無くてはならない仕事です。ただし、環境を不必要に変えてしまうと環境問題などの弊害も出てきてしまいます。そのため、環境そのものに造詣があり、積極的に知識を吸収しようとする人が土木設計に向いています。土木設計は環境に対する関心の高さと関係していると言えるでしょう。

『 設計に関心が高い 』

十分に兼ね備えている

土木設計は設計のなかでも、特に大きな工事を前提にしているため、高度な設計能力が求められます。設計そのものにも関心が高く、日々の勉強に勤しむのが好きな人に向いていると言えるでしょう。学校で土木設計を学ぶ際は、基礎的な設計技術だけでなくより高度な知識の研鑽が求められます。設計には様々な分野がありますが、そのなかでも専門性の高い分野であるため設計の勉強が好きな人にお勧めの分野です。

『 後世に残る仕事がしたい 』

だいぶ兼ね備えている

土木設計は、土地を整えたり街そのものの形成に影響を与えたりなどして、後々まで残る建設物を作る上で欠かせない役割を担っています。そのため、後世にまで残るような仕事を志している人には、まさにうってつけの仕事と言えるでしょう。人の生活を支える土木設計は携わってから完成するまで時間がかかりますが、その分やりがいも大きい仕事です。スケールの大きい仕事をやり遂げたい、意欲的な人にこそ向いています。

『 新しい技術に興味が高い 』

兼ね備えていない

土木の現場には、日々新しい技術が導入されています。新しい技術がより耐久性の高い基礎工事を可能にしたり、安全なインフラを整えるのに貢献したりします。そのため、好奇心があり新しい技術に関心をもち、必要があればいち早く導入することのできる柔軟性が必要となってきます。また、設計のための新しい技術やソフトそのものも、日々新しいものが生まれています。好奇心が高く、様々な方面にアンテナをはって情報をキャッチする能力が求められます。

スポンサーリンク

『 計算が得意 』

そこそこ兼ね備えている

土木設計で何より重要なのは、計算能力です。設計を作り出す上で正確な数値を提示することが必要なだけでなく、建設にかかるコストも設計によって大きく変化します。こうした計算を手を抜かず正確に出来て、かつ明確に顧客や現場に提示する能力が必須だと言えるでしょう。逆に言えば、計算能力を生かしたい人にこそ土木設計が向いていると考えられます。計算処理などが得意な人は、土木設計の世界を覗いてみてはいかがでしょうか。

『 安定した仕事をしたい 』

十分に兼ね備えている

土木設計はその規模や需要の広さから、一度就職が決まると比較的安定して仕事が続けられます。仕事を開拓するというより、受けた仕事をきちんとこなして継続して仕事を続けたい方にお勧めの仕事と言えます。あるいは、安定した雇用のなかで、将来のことを心配せず落ち着いて仕事をしたい人に土木設計は向いています。給与やスキルのアップを目指す場合は、土木設計に必要な資格を積極的に取る必要がありますが、それも会社によっては仕事の範疇になります。

『 資格の勉強が苦でない 』

兼ね備えていない

土木設計は基本的に大学で構造力学や土質力学、水理学などを学んだ人が就く傾向にあります。こうした学問分野では、治水や土地の形成など高度な知識を学ぶことが出来るからです。その上で、土木設計が可能となります。 ただし、その他にも測量士や建築士といった資格を取ると、土木設計に生かすことが出来るので就職してから資格試験に挑戦する人も多くいます。そのことで、技術が高まるだけでなく、給与や昇進にも良い影響が出るからです。したがって、資格取得が好きな方に向いていると言えます。

『 海外に興味がある 』

十分に兼ね備えている

土木設計は国内の工事を扱うだけでなく、世界中で働くことが出来る技術です。また、場所によってはインフラを整える上で、積極的に求められる技術でもあります。そのため、海外での就職に興味がある人、海外で大規模な工事に関わりたい人などにはまさにうってつけの仕事と言えるでしょう。日本の土木設計は海外での需要が高く、日本の会社から派遣されるケースもあります。新しい土地や文化のなかで、自分の技術を生かして働くことが出来る魅力的な仕事です。

『 コミュニケーション能力がある 』

十分に兼ね備えている

土木設計は一人でやるのではなく、共に働く人や、さらに顧客や現場の作業員などとこまめに話し合う必要があります。そのため、会議などで相手の意見を聞きつつ、自分の意見をしっかりと言えるコミュニケーション能力が必須となります。設計だけでなく、コミュニケーション能力に自信がある人にも向いた仕事だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの土木設計適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る