理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

振付師に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今振付師の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい振付師に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

振付師に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの振付師適性診断結果

あなたの適性度は45%で、振付師の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。振付師を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

振付師に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.美的センスを持っている
2.ひらめき力がある
3.優れた人間観察眼を備えている
4.文化芸術への造詣が深い
5.人並みならぬ音感を持っている
6.リズム感が良い
7.人体の仕組みに対する理解が深い
8.ダンスが得意
9.流行に敏感で世の動向を把握している
10.わかりやすい説明ができる
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
振付師適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 美的センスを持っている 』

だいぶ兼ね備えている

振付師の仕事は、パフォーマンスをいかに美しく魅せられるかが問われる仕事です。目にした人が深い感動を覚える振付に仕上げるには、振付師の美的センスが不可欠です。アーティスティックな才能に恵まれている人は、振付師に適していると言えるでしょう。持って生まれた美的センスに甘んじることなく、日々センスを磨く努力をすることも必要です。

『 ひらめき力がある 』

そこそこ兼ね備えている

振付師は、ひらめき力が求められる職業でもあります。どれほどダンスに関する知識が豊富でも、凡庸な印象の振付では観客を惹きつけることができません。ひらめきは、インパクトのある振付にする上で欠かせないものです。冒険心を持って新たな境地を切り開くことができれば、振付師としてステップアップできることでしょう。観客を飽きさせないワクワクするような振付をすることが大事です。

『 優れた人間観察眼を備えている 』

あまり兼ね備えていない

個々のダンサーに対して振付の指導をする上では、ダンサーの才能や個性を見抜き、それを生かすことが求められます。洞察力があり、人それぞれの個性を見つめることができる人は、振付師に向いています。優れた人間観察眼を持ち、ダンサーの才能を引き出した指導ができれば、ダンサーからの信頼が厚くなるだけでなく、見る人にも満足できるパフォーマンスを届けられることでしょう。

『 文化芸術への造詣が深い 』

十分に兼ね備えている

振付師が活躍する場は、舞台やイベントなど様々です。近年は、TVやCMなど映像の場で活躍する機会も増えています。多様なジャンルの人と触れ合って仕事をする振付師は、舞踊に限らず、文化芸術全般に対して理解を深めておくことが必要です。特に、演劇やミュージカルといった舞台芸術は積極的に鑑賞することが求められます。多様な芸術文化からインプットしたことを、振付によって巧みにアウトプットできるようにすることが大切です。

『 人並みならぬ音感を持っている 』

あまり兼ね備えていない

音楽のないパフォーマンスもありますが、振付師は、音楽に合わせて振付をすることが多いものです。優れた音感を持っていることは、振付師にとって大切な条件のひとつでもあります。音楽の微妙なニュアンスの違いにも反応できる繊細な音感があれば、音楽の持つ魅力を最大限に引き出しつつ振付を考えることができるでしょう。

スポンサーリンク

『 リズム感が良い 』

あまり兼ね備えていない

振付師は、音感と共に、リズム感の良さが求められる職業です。音楽のリズムをどのように捉えて振り付けるかが、振付の印象を大きく左右します。パフォーマンスの動きとリズムを見事に合致させた振付は、見る人の心を掴むものです。その音楽に特有のリズムを生かした振付ができるよう心掛けることが大切です。日頃から色んな音楽に触れて、音感やリズム感を鍛える努力が無理なくできる人であれば、振付師として成長できることでしょう。

『 人体の仕組みに対する理解が深い 』

兼ね備えていない

振付師は、人間の身体の仕組みに関する知識も必要です。ダンスに使う身体の構造をしっかり理解しておくことが、ダンサーへの適切な指導につながります。ジャンプの瞬発力を高めたり、筋肉を効率よく鍛えたりする方法についても知っておくとよいでしょう。芸術的なセンスに加えて、科学的な知識や運動系の知識も求められる職業と言えます。

『 ダンスが得意 』

だいぶ兼ね備えている

振付師は、自身で振付を考えたり、ダンサーを指導したりする際に実際に身体を動かして仕事をします。ダンスが得意であることは、振付師にとって不可欠です。振付師が分かりやすい見本になって踊れると、踊り手にとってもどのようなダンスを求められているかが理解しやすく、スムーズに振付ができます。ダンスのスキルを常に磨く努力ができる人であれば、振付師として長く活躍しやすいでしょう。

『 流行に敏感で世の動向を把握している 』

そこそこ兼ね備えている

ダンスの振付は、流行に左右されやすいという側面を持っています。トレンドに対するアンテナを張り、情報をキャッチする能力が高い人は、振付師としての適性がある人です。SNSで発信される情報の影響力が大きい時代にあって、SNSを賢く活用した情報収集をする姿勢が求められています。トレンドの一歩先を読める力を持ち、自身の振付にも上手に取り入れることが大事です。

『 わかりやすい説明ができる 』

兼ね備えていない

ダンサーに振付を伝える際には、身振り手振りと共に、言葉を適切に使うことが求められます。振付の要点や流れを分かりやすく言語化する力があると、ダンサーから信頼される振付師になれることでしょう。やる気が低下していると感じている時に鼓舞する言葉を掛けるといった配慮も大切です。また、振付師は、音楽や映像関係のスタッフ、プロデューサーといった幅広い職種の人と関わることがある職業です。ハイレベルなパフォーマンスに仕上げるため、多様な立場の人と円滑にコミュニケーションを取る能力も必要です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの振付師適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
振付師適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 振付師に向いているか向いていないか
  • 振付師の職業適性度
  • 振付師に必要な10の資質
  • 解説で振付師に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

振付師とは?

振付師の仕事は、音楽に合わせた振り付けを考えて踊り手に対して指導する事です。

曲の振り付けを依頼された時には、その曲が持つテーマやメッセージ性について研究し、その曲に相応しいダンスを考案します。

ダンスが完成したら、ダンサーや歌手など踊り手に対して振り付けをレクチャーします。

最初は、自ら振り付けしたダンスを踊り見本として見せる事から始まり、丁寧に指導します。

教える相手は、プロのダンサーもいれば歌手やタレント、俳優など多種多様です。

時には、新体操やフィギュアスケートの選手に対しても振り付けする事があります。

振付師になるには?

振付師になるためには、学歴や資格は一切関係ありません。

必要なのは、ダンスに関する基礎知識とセンスです。

知識に関しては、ダンススクールや専門学校に通う事で身につける事ができます。

ダンスのインストラクターとしての経験を積みながら、振付師としての技術やセンスに磨きをかけていきます。

プロの振付師として活躍するためには、ダンススクールで働きながら生徒達に振り付けを教える事もできますし、振り付けを専門に行うプロダクションのオーディションに合格するという道もあります。

また、ダンスコンテストなどで自分で考えたダンスを披露し実力を示すという選択肢もあります。

振付師の給料・年収

振付師の年収を調べた結果、平均年収は約380〜400万円です。

個人差がかなりあり、振付師としてデビューしたばかりの頃には、人によっては年収が200万円以下という人もいます。

著名な振付師になると、メディアやイベントなどへの出演もあり、年収が数千万円という人もいます。

働き方によっても、振付師の収入は大きく変わります。

ダンススクールで働いた場合は、年収は約200〜420万円です。

ダンス教室の規模にもよりますし、振付師としての経験でも変動があります。

また、アイドルや著名なダンサーに振り付けを行った場合には年収は約1,000万円を超える事もあります。

振付師の就職・転職先(求人)

振付師の勤務先は様々です。

ダンス教室や専門学校で、講師として勤務するケースもあります。

レコード会社や芸能プロダクションなどに所属して、アイドルや歌手の曲に合ったダンスを考案し教える事もあります。

更に、映画やドラマ、CMなどで活躍する事も可能です。

企業や事務所に所属して仕事をする事もありますが、フリーランスとしても働けます。

フリーランスになると、いくつもの仕事を掛け持ちする事も可能です。

また、振付師としてだけではなくダンサーとしても働けるため、自分で考えた振り付けをステージで自ら披露する事もあります。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0