理想の就活/転職のための
自己分析サイト

児童指導員に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今児童指導員の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい児童指導員に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

児童指導員に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの児童指導員適性診断結果

あなたの適性度は41%で、児童指導員の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。児童指導員を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

児童指導員に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.子供と接するのが得意
2.早朝や夜間勤務が苦でない
3.上手く人間関係を築くのが得意
4.障害児支援の知識や経験がある
5.教育学や心理学に興味がある
6.色々な人と上手く関係を作れる
7.スキルアップに意欲的に取り組める
8.コミュニケーションに自信がある
9.スポーツや芸術が得意
10.社会経験が豊富
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 子供と接するのが得意 』

あまり兼ね備えていない

児童指導員は、児童養護施設や児童自立支援施設などの施設に配置されており、仕事上で心身の問題や家庭問題を抱えている多くの児童と向き合う機会が多くあります。そのため、子供の成長を見守りながら、その都度個々の事情に合わせて適切なサポートができる人が必要とされています。また、施設によって児童指導員に求められる役割も異なるため、自分の適性やスキルを生かせる職場を選択することも大切です。

『 早朝や夜間勤務が苦でない 』

兼ね備えていない

児童指導員が活躍している現場の多くは年中無休の施設であり、日によって職員が交代で早朝や夜間に勤務をします。子供の年齢や体調によっては、早朝や夜間に突然様子が変わり、保護者や近隣の医療機関や福祉施設など協力を求めなければならないケースもあります。そうした中、常に子供たちが健康的な生活を送れるよう、時間帯によらず臨機応変に行動できる人が期待されています。

『 上手く人間関係を築くのが得意 』

だいぶ兼ね備えている

児童指導員は、子供たちの生活指導や支援を行う上で、職場内だけでなく学校の教職員や地域の住民との連携が必要となる場面があります。ケースによっては長期にわたり関係各所と話し合いをしたり、研修や勉強会に合同で参加をしたりすることもあります。そこで、児童指導員が率先して定期的に職場外のお世話になっている人や団体と連絡を取り合って、問題解決に向けて努力をすることが重要となります。

『 障害児支援の知識や経験がある 』

そこそこ兼ね備えている

児童指導員が担当する児童の中には、身体障害や知的障害、発達障害などのために生きづらさを感じている子供が少なくありません。そこで、施設やデイサービスなどの現場で障害児支援に携わる際は、様々な障害に関する知識を身に着けておくことや、適切な援助ができるよう技術を磨くことが不可欠となります。なお、長年にわたり複数の現場で幅広い年齢の障害児と接した経験を持つ人は、福祉業界内で引く手あまたの状況となっています。

『 教育学や心理学に興味がある 』

だいぶ兼ね備えている

児童指導員として就職するために必要な免許や条件は現場ごとに異なりますが、教育学だけでなく社会学や心理学まで深く学んでいる人は多くの現場で一目置かれることがあります。現場によっては、児童指導員が心理職のスタッフに代わり担当の子供たちのカウンセリングを行ったり、生活上の悩み相談を聞いたりすることもあります。そのため、児童指導員としての資質を高めるうえで、大学や専門学校など様々な場所で幅広い分野の勉強をしておくことが大事です。

スポンサーリンク

『 色々な人と上手く関係を作れる 』

兼ね備えていない

児童指導員が勤める現場には、保育士や看護師、栄養士など色々な職種のスタッフがいますが、それぞれ専門性を発揮するには、普段から互いの職種の仕事内容や役割を正しく理解しなければなりません。特に、発育の面で問題がある子供を上手くサポートをするには、児童指導員として積極的に他の職種のスタッフに相談をしたり、良いアドバイスを聞いたりするのが有効です。

『 スキルアップに意欲的に取り組める 』

兼ね備えていない

児童指導員が相談支援や生活指導などのスキル向上を目指すには、職場で行われる研修を受ける他に、スキルアップを目的とした勉強会やセミナーへの参加が必要となることもあります。こうしたイベントは土日祝日や夕方以降の時間に開かれることがあるため、私的なスケジュールを調整しながら、仕事終わりや休日に積極的に参加をすることが大事です。

『 コミュニケーションに自信がある 』

だいぶ兼ね備えている

児童指導員は、職業柄こまめに担当の子供に対して声掛けを行ったり、勉強や遊びなど様々な機会に触れあったりすることが求められます。そのため、コミュニケーションスキルが高く、子供の気持ちに寄り添って行動できる人は職員や保護者の間でも好まれています。また、初めて子供の指導をする際は緊張をしたり上手く関係を築けるか不安になったりする人もいますが、上司や先輩の助言を受けながら一人ひとりの児童とコミュニケーションをとることがポイントとなります。

『 スポーツや芸術が得意 』

兼ね備えていない

児童指導員は、子供たちの学校の勉強だけでなく、スポーツや音楽、工作などの指導を任されることもあり、色々な分野に秀でている人が活躍しやすくなっています。また、スポーツ大会や演奏会など、季節ごとの催し物の企画や運営に精力的に関われる人も重宝されています。

『 社会経験が豊富 』

そこそこ兼ね備えている

児童指導員は、時に中高生の子供の就職支援を行ったり、元の家庭に戻る子供の援助を担当したりすることもあります。そのため、福祉分野に限らず自治体や民間企業などでの社会経験が豊富な人は、子供の良き相談相手として期待されています。なお、経験年数や過去の仕事の内容によっては、責任のあるポジションを任されたり、若手の児童指導員の指導を行ったりすることもあります。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの児童指導員適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

2位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

この適正診断テストでわかること

  • 児童指導員に向いているか向いていないか
  • 児童指導員の職業適性度
  • 児童指導員に必要な10の資質
  • 解説で児童指導員に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

児童指導員とは?

児童指導員は、主に児童養護施設や児童自立支援施設などの福祉施設において、利用児童の学習指導や生活の支援を専門に担当します。

また、知的障害や身体障害のある児童が利用する通所施設や入所施設では、医師や理学療法士、看護師などの医療関係の専門職と連携をしながら児童の療育や身体介助に携わることもあります。

放課後等デイサービス事業所に勤務する児童指導員は、特別支援学校や小中学校の特別支援学級に通っている生徒の指導の他、保育士をはじめとするスタッフと分担して送迎やレクリエーションの企画、地域や学校との連絡調整を行います。

児童指導員になるには?

児童指導員として就職をするためには、小中高の教員免許を取得することや、心理学や社会学、教育学を大学で専攻して卒業するのが一般的です。

また、資格や学歴が無い人も各地の児童福祉施設で数年の実務経験を積むことで児童指導員の任用資格を取得できますが、一定のサービスの質を保つ目的で、大卒の資格や教員免許を持っている人を優先的に採用する事業所は少なくありません。

また、保育士の資格を持っている人や、保育所や乳児院、障害児施設などで長く働いていた人は多くの事業所で重宝されており、採用後に働きながら児童指導員の資格取得を目指すこともできます。

児童指導員の給料・年収

児童指導員の平均年収は330万円程度で、地域差はありますが、常勤の職員として就職をする場合の初任給は20万円から22万円程度となっています。

教員歴が長い人や、複数の福祉関係の資格を保有している人であれば、月に数千円から一万円程度の手当が付くこともあります。

社会福祉法人が運営する児童福祉施設では、福祉職の公務員に準じた給料表が採用されており、基本給の4か月分程度の賞与が支給されるのが一般的です。

また、児童指導員として働きながら福祉車両で送迎を担当したり、現場の管理職を兼ねたりする場合は、それに応じた報酬が支払われることがあります。

児童指導員の就職・転職先(求人)

児童指導員の就職先には、小学生から高校生が共同で生活を送っている児童自立支援施設や児童養護施設の他、放課後等デイサービス事業所や入所型の知的障害児施設など様々なところがあります。

保育士資格を持っている児童指導員の中には、資格や経験を生かして乳児院や母子生活支援施設といった乳幼児やその保護者への支援がメインとなる就職先を希望する人もいます。

なお、児童福祉法をはじめとする法律では児童指導員の配置が義務付けられていないものの、学童保育など教育と密接な関係がある現場においても児童指導員の活躍が期待されています。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る