理想の就活/転職のための
自己分析サイト

CTOに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今CTOの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいCTOに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのCTO適性診断結果

あなたの適性度は50%で、CTOの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。CTOを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

CTOに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.仕事での専門分野を熟知している
2.技術者として現場での実績がある
3.最新の技術に興味がある
4.創造性がある
5.知的好奇心が旺盛
6.問題解決能力が高い
7.経営の知識がある
8.お金の管理が得意
9.プレゼンテーションスキルが高い
10.強みを戦略的に伸ばす努力ができる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 仕事での専門分野を熟知している 』

兼ね備えていない

CTOになる人は専門分野の技術を熟知しています。CTOは最高技術責任者として企業の技術の全責任を負う役割を果たします。自社のあらゆる技術を昔から今に至るまで詳しく把握していることは必須です。そして、これから新しい技術を生み出すことが求められているため、自社の専門分野について広く深い知識を持っていることが求められます。CTOになると技術についての最終判断をすることになるので、自信を持って判断できるようになるためにも技術を熟知することは必須です。

『 技術者として現場での実績がある 』

十分に兼ね備えている

専門としてきた分野で技術者として実務を経験し、現場で実績を作り上げてきた人はCTOに適しています。CTOになると現場からの意見や要望に対して判断をする必要があります。その際に現場の技術者からの信頼を得るには、実績があって判断力がある人物だと示せることが重要です。技術者として現場で実績を上げてきた経歴があると、「この人の判断は正しいはずだ」と信じてもらえます。

『 最新の技術に興味がある 』

十分に兼ね備えている

最新の技術に興味があっていつも情報を集めて理解に努めている人はCTOにうってつけです。自社の技術を育てていくことはCTOの重要な役割ですが、いかに育て上げたとしても他社の技術に劣ってしまったとしたら意味がありません。他社を凌駕する技術を開発する、あるいは他社とはまるで異なる技術を生み出すといったアプローチが必要になるため、最新の技術を知っているのはCTOにとって欠かせないことです。

『 創造性がある 』

兼ね備えていない

創造性がある人はCTOとして適任です。新しい価値を生み出せるのが技術の優れているところだからです。今までの技術ではできなかったことをできるようにする技術を開発するという視点で仕事をしていく必要があります。創造性がある人がCTOになるとイノベーションを起こして、今までにはない技術を生み出せる可能性が高くなります。

『 知的好奇心が旺盛 』

そこそこ兼ね備えている

知りたい、学びたいという意欲がある人はCTOに向いています。技術のイノベーションを起こすためには知識が必要だからです。何もないところから斬新な技術を生み出すのは困難ですが、たくさんの知識や経験の集積によって新しい可能性を切り開くことはできます。自社の専門分野以外にも興味を持って知識を付けていき、学際的な考え方で分野融合による技術開発を推進する意欲があるとCTOとして活躍できるでしょう。

スポンサーリンク

『 問題解決能力が高い 』

十分に兼ね備えている

CTOになって活躍している人は高いレベルの問題解決能力を持っているのが特徴です。CTOになると現場レベルの細かな問題解決に携わることは少なくなります。しかし、自社全体が抱えている技術課題をいかにして解決するかを考えることが求められます。中長期的な視点での技術開発を考えることも必要です。解決策を明確にして推進する力がCTOには求められるので、問題解決能力が高い人は活躍できます。

『 経営の知識がある 』

そこそこ兼ね備えている

CTOはただの技術者ではなく、経営者としての資質も兼ね備えているのが一般的です。CTOは企業の取締役の一人になることも多く、経営について意識することが欠かせません。企業経営を全体として理解し、技術の面から課題解決ができる可能性を常に考えることが必要です。財務や法務なども含めた経営の知識があることがCTOには欠かせません。

『 お金の管理が得意 』

あまり兼ね備えていない

CTOは予算管理能力がある人が適任です。CTOは企業が技術に費やせる予算の全面的な管理を任せられるのが一般的です。どのプロジェクトにいくら配分するのか、全体予算としていくら必要なのかをきちんと数字にして出せる必要があります。予算の執行状況も確認し、各プロジェクトの進捗に応じて予算修正をして再配分をすることも重要な役割です。予算管理能力があると多数のプロジェクトを同時にバランスよく進行させられます。

『 プレゼンテーションスキルが高い 』

兼ね備えていない

CTOにはプレゼンテーションスキルがある人に向いています。CTOは社長や株主に対して自社技術について現状や展望、直近の実績や進捗などを詳しく説明することが求められるからです。プレゼンテーションの仕方によって、予定よりも進んでいるプロジェクトが高く評価されるか、遅れているプロジェクトの状況を納得してもらえるかが変わります。CTOは自社メリットになる技術開発を進めるために適切なプレゼンテーションをできることが重要です。

『 強みを戦略的に伸ばす努力ができる 』

十分に兼ね備えている

技術を育てたいという気持ちが強い人はCTOに向いているので目指してみましょう。技術が好きで企業を育てる基盤だという意識が強い人はCTOとして本当に意味のある技術を選び出せます。技術戦略を考えるのはCTOの大きな役割です。自社の強みとなっている技術を育てたいという気持ちがすべての原動力になるので、育てようという気持ちが強い人ほどCTOに適しています。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのCTO適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る