理想の就活/転職のための
自己分析サイト

ひよこ鑑定士に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今ひよこ鑑定士の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいひよこ鑑定士に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

ひよこ鑑定士に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのひよこ鑑定士適性診断結果

あなたの適性度は59%で、ひよこ鑑定士の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。ひよこ鑑定士を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

ひよこ鑑定士に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.集中力がある
2.手先が器用
3.素早くテキパキ作業ができる
4.正確さを大切にできる
5.一人での作業が苦でない
6.体力がある
7.自己管理ができる
8.向上心がある
9.海外で働くことを考えられる
10.忍耐力がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 集中力がある 』

十分に兼ね備えている

ひよこ鑑定士は、ひよこを手に取って、雄と雌を判別した上で、決まった箱に移すというのが基本の作業です。数時間の間、その作業を繰り返すことになります。そのため、同じ作業を安定して継続できる、集中力のある人がひよこ鑑定士に向いています。同じ作業だとすぐに飽きてしまうという人は、ひよこ鑑定士向きではありません。

『 手先が器用 』

そこそこ兼ね備えている

ひよこ鑑定士は、ひよこを手に取って、お尻にある突起の有無で雄か雌かを判別します。そのために、サイズの小さいひよこの向きを変えたり、お尻を広げたりします。さらに、ひよこはデリケートなので、優しく扱わなければなりません。よって、手先が器用で、小さいものを扱うのが得意という人が、ひよこ鑑定士に向いています。

『 素早くテキパキ作業ができる 』

十分に兼ね備えている

ひよこ鑑定士の仕事は、スピードが非常に大事です。1人前のひよこ鑑定士は、1時間に1,000羽以上の鑑定をしなければなりません。およそ3秒から4秒で、1羽鑑定する計算です。そのため、素早い動きができる人が、ひよこ鑑定士に向いています。動作が遅く、のんびり働きたいという希望がある人は、ひよこ鑑定士には向いていません。

『 正確さを大切にできる 』

あまり兼ね備えていない

ひよこ鑑定士は、正確さが重要になる仕事です。雄と雌の判別精度は、ほぼ100%でなければなりません。もし、判別精度が悪すぎれば、ひよこ鑑定士として必要とされなくなり、仕事を失うことになります。そのため、作業の正確さを重視できる人が、ひよこ鑑定士に向いています。雑な作業でも特に気にならないという人は、ひよこ鑑定士には向いていません。

『 一人での作業が苦でない 』

だいぶ兼ね備えている

ひよこ鑑定士の仕事は、ひとりでの作業が基本です。個人で働く場合は、周囲に誰もいない状況で作業をすることになるでしょう。また、会社に所属する場合も、他のひよこ鑑定士と会話をすることはほとんどありません。会話をすると、作業スピードが落ちるからです。そのため、ひとりで黙々と作業をすることが、特に苦痛ではないという人が、ひよこ鑑定士に向いています。誰かとコミュニケーションを取りながら働きたいという人は向いていません。

スポンサーリンク

『 体力がある 』

あまり兼ね備えていない

ひよこ鑑定士は、座った状態で、黙々とひよこの鑑定のみを行います。そして、手だけを動かす仕事なので、楽そうというイメージを持たれやすいです。しかし、座りっぱなしで作業を続けるためには、体力が必要です。さらに、休むことなく、常に手を動かし続けなければなりません。その上、繁忙期であれば、10時間以上も作業をすることもあります。そのため、身体が丈夫で、体力に自信がある人がひよこ鑑定士に向いています。

『 自己管理ができる 』

そこそこ兼ね備えている

ひよこ鑑定士は、目を酷使する仕事です。また、長時間同じ姿勢を維持するため、肩や腰にも負担がかかります。よって、身体を壊さないよう、しっかりと自己管理ができる人が、ひよこ鑑定士に向いています。自己管理ができない人であれば、早い段階で視力が低下したり、腰を痛めたりして、ひよこ鑑定士として働けなくなる可能性が高いです。

『 向上心がある 』

そこそこ兼ね備えている

ひよこ鑑定士の仕事は、どれだけの数の鑑定ができたかによって収入が決まります。そのため、高い収入を得るためには、スキルアップをして、より多くの鑑定ができるスピードを身に付けなければなりません。また、特殊な種類のひよこの鑑定ができれば、ひよこ鑑定士としての需要が高くなります。よって、作業スピードを高めたり、特殊な鑑定ができる技術を身に付けたりしたいと考える、向上心のある人がひよこ鑑定士に向いています。

『 海外で働くことを考えられる 』

十分に兼ね備えている

日本では、ひよこ鑑定士の数が多いので、仕事を見つける難易度が高いです。そして、ひよこ鑑定士が必要ない鑑定方法が開発されています。そのため、将来的には、日本でのひよこ鑑定士の需要は少なくなる可能性が高いです。ただ、海外では、ひよこ鑑定士の需要は高いです。そのため、ひよこ鑑定士として、将来的に安定した仕事を得るためには、海外で働くことを視野に入れた方が良いです。したがって、海外で働くことに抵抗がないという人が、ひよこ鑑定士に向いています。絶対に日本国内で働きたいという人は、ひよこ鑑定士として働き続けるのは難しいかもしれません。

『 忍耐力がある 』

あまり兼ね備えていない

ひよこ鑑定士として働くためには、資格を取得しなければなりませんが、その難易度は非常に高いです。年に数人程度しか合格することができません。そのため、ひよこ鑑定士になるまでに、何度も試験を受け直さなければならない可能性が高いです。よって、万が一試験に落ちてしまっても、心が折れることなく再挑戦ができる、強い忍耐力のある人がひよこ鑑定士に向いています。また、ひよこ鑑定士になった後も、同じ作業を継続するには、忍耐力が必要です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのひよこ鑑定士適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

この適正診断テストでわかること

  • ひよこ鑑定士に向いているか向いていないか
  • ひよこ鑑定士の職業適性度
  • ひよこ鑑定士に必要な10の資質
  • 解説でひよこ鑑定士に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか
アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る