理想の就活/転職のための
自己分析サイト

キャラクターデザイナー適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今キャラクターデザイナーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいキャラクターデザイナーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのキャラクターデザイナー適性診断結果

あなたの適性度は56%で、キャラクターデザイナーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。キャラクターデザイナーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

キャラクターデザイナーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.基礎的なデッサン力がある
2.人と協力してキャラクターを作りたい
3.キャラクターの設定作りができる
4.デザイン用のソフトの知識がある
5.柔軟な発想力を持っている
6.コミュニケーションが得意
7.ゲームやアニメ、マンガが好き
8.最後までやり抜く精神力がある
9.流行のデザインを意識できる
10.デザインをする上で必要な法律の知識がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 基礎的なデッサン力がある 』

あまり兼ね備えていない

絵を描くには、物の見方や物の描き方ができることと、物体がどのような動き方をするか知識が必要です。物にできる陰影を鉛筆で表現するデッサンは、デザインを描くうえで一番重要な要素です。人物のポーズやアングルを忠実に描く必要があります。繰り返し描けるようになるまでデッサンの練習が必要です。キャラクターデザイナーは実在する物や人が描けることと、実在する人物をマンガやゲームのキャラクターの世界に違和感なく仕上げる能力を持っています。

『 人と協力してキャラクターを作りたい 』

あまり兼ね備えていない

ゲームやアニメは一人で世界観を作るには大変で、現実ではチーム作業が求められます。チームの中にはゲームやアニメが好きな人が集まっていることが多く、好きなマンガの話をすることもあります。キャラクターデザイナーには、チームを組んで達成感や感動を味わうことが好きな人が向いています。

『 キャラクターの設定作りができる 』

そこそこ兼ね備えている

キャラクターの設定がない状態からイメージしながら描きます。キャラクターの顔や髪型、服装、表情、身長、体重、小物類を考えながら設定します。必要な設定には性格が考慮された人物ポーズも含まれています。時として背景までもがキャラクターデザイナーの仕事内容に含まれることがあり、人物以外の全体の要素を考えなければいけません。まるで小説家ようですが、キャラクターデザインは物語のイメージに合うキャラクター作りが求められます。キャラクターそのものの知識より時代背景の知識が必要になることがあり、様々な描く以外の知識が必要です。

『 デザイン用のソフトの知識がある 』

だいぶ兼ね備えている

パソコンを使って描く機会が多いため、デザイン用の知識と技術が必要です。パソコンのデザインソフトはプロ用でソフトの値段が高い製品があります。一度知識と技術を習得すると一生使えるので、覚えてしまうと大変便利です。学生や仕事用として購入するときに割引制度つきのソフトもあります。デザインソフトは汎用性が広いので、キャラクターデザイナー以外のデザイン職でも使えます。まずは手始めに無料のデザインソフトでキャラクター作りを始めてみましょう。キャラクターデザインをするうえで必要なペンタブレットか液晶タブレットか迷うことがありますが、自分にとって使いやすい道具で自分にあった環境であればどちらでも問題はありません。

『 柔軟な発想力を持っている 』

十分に兼ね備えている

キャラクターの設定がない状態から作るので、アイディアが必要です。既存のキャラクターと類似していないキャラクターを描かなければなりません。全くゼロからキャラクターを作り出すクリエイティブな発想が生かせるのは、キャラクターデザイナーの醍醐味でやりがいがあります。

スポンサーリンク

『 コミュニケーションが得意 』

そこそこ兼ね備えている

ゲームやマンガのキャラクターは、組織で活動する場合と個人で活動する場合があります。原作がもとになっている作品のキャラクターデザインは、原作者の意見を取り入れなければいけません。原作に忠実なデザインが求められることがありますし、自分が作ったキャラクターが使えないこともあるので、キャラクターデザイナーは他者の意見をしっかり取り入れる能力が求められます。

『 ゲームやアニメ、マンガが好き 』

そこそこ兼ね備えている

ゲームやアニメの世界を描くのがキャラクターデザイナーです。ゲームやアニメが好きな人はこれ以上になく嬉しい業界でしょう。反面自分の描いたキャラクターが全く使われないことがあるので、いかにアニメやマンガの世界を知っていて、忠実にキャラクターたちを世界観にマッチさせることができるかが鍵になります。

『 最後までやり抜く精神力がある 』

だいぶ兼ね備えている

自分が描いたキャラクターデザインが、イメージと異なる理由で作品がボツになることがあります。時間をかけて描いたイラストが全く使われなくなると精神的に堪えます。キャラクターデザイナーは作品がボツを何回繰り返しても負けずに描き続ける必要があります。

『 流行のデザインを意識できる 』

そこそこ兼ね備えている

ファッションと同じようにキャラクターにも流行があります。キャラクターの洋服や髪型、顔の特徴は時代や流行で変化します。そのため、キャラクターデザイナーはファッションのように、どのようなデザインが流行して、どのような物事が流行しているかを意識する必要があります。

『 デザインをする上で必要な法律の知識がある 』

あまり兼ね備えていない

キャラクターデザイナーはデザインの法律を知っていなければなりません。既存のキャラクターと同じキャラクターを描くと罪になります。キャクターの小物のデザインを実在する小物を使うには使用許可が必要です。既存のキャラクターを描く場合は、原作者の許可とデザイン料を払う必要があります。法律の知識を持たないと罪に問われてしまい、キャラクターデザイナーの仕事に就けません。また仕事の信頼を失いますので、注意が必要です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのキャラクターデザイナー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る