理想の就活/転職のための
自己分析サイト

CGデザイナーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今CGデザイナーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいCGデザイナーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのCGデザイナー適性診断結果

あなたの適性度は41%で、CGデザイナーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。CGデザイナーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

CGデザイナーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.デザインセンスがある
2.物事を細かく観察できる
3.緻密な作り込みが得意
4.分析力がある
5.相手の要望を素早く理解できる
6.スキルを磨く努力を怠らない
7.制作意欲が高い
8.集中力がある
9.忍耐力が高く挫折しない
10.スケジュール管理ができる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 デザインセンスがある 』

十分に兼ね備えている

デザインセンスがあること、表現力があること、色彩表現があることなど、芸術的センスは必要です。もっとも、画家などのアーティストやファッションデザイナーやWebデザイナーとして成功する人のように、生まれ持っての才能や幼少期から磨かれてきたセンスである必要はありません。CGは新たな技術であり、仮想世界をいかに現実らしく見せるかが求められます。これから多くのCG作品を見たり、制作していくことでセンスを高めることが可能です。まったく絵心がない方には向いていません。

『 物事を細かく観察できる 』

あまり兼ね備えていない

CGの世界では、まるで現実に起こっていることのように見えることが求められます。リアリティを追及して再現するためには、物事をこまかく観察でき、こまかなことに気付ける人が向いています。わずかな影や光の入り方、ちょっとした動作などを見逃さないことが大切です。ぱっと見にはよくできた画像や映像でも、実際にできない動きや状態では、CGだと見破られます。CGだと気付かれないくらいの作品が作れるのがポイントです。観察力に乏しい人、細かいことに気付けない人には不向きです。

『 緻密な作り込みが得意 』

だいぶ兼ね備えている

CGデザイナーとして、美しいWebデザインなどを制作するのはもちろんですが、やはり、アニメやドラマ、映画などの映像作品において、現実と見間違えるような、リアリティある作品を制作するのが醍醐味です。現実世界を再現するには、細かな観察が必要なだけでなく、色の使い方や線の入れ方、光や影の入れ方などさまざまなテクニックを駆使することが欠かせません。同じ物を再現させても、作り手によってまったく異なるものができあがります。センスを磨き、テクニックを磨いていきましょう。

『 分析力がある 』

兼ね備えていない

リアリティの追及をはじめ、アニメや映画など作品やそのシーンによって求められることが異なります。たとえば、海を描くにしても、季節や時間帯によっても異なるだけでなく、夏の海水浴で賑わいがある海なのか、さびれた港町の海なのか、悲しいことがあって海を眺めているシーンなのかで、海の表情も変わって見えるはずです。ストーリーやシーンを理解する、登場人物の心情を把握して、色や動きに反映させることも求められます。読解力がない、状況分析が苦手な人は不向きです。

『 相手の要望を素早く理解できる 』

兼ね備えていない

CGデザイナーは自分の好きなように表現すれば、良いわけではありません。Webサイトなどであれば、制作を依頼したクライアントのニーズに応えることが必要ですし、映像作品であれば監督の指示やニーズ、脚本家や原作者などの意向を踏まえることも必要です。打ち合わせをしっかり行い、きめ細やかにニーズを把握できることが求められます。このほうが良いのではといった提案をして意見を反映させるのは良いですが、自己満足のための作品制作しかできない人には向いていません。

スポンサーリンク

『 スキルを磨く努力を怠らない 』

そこそこ兼ね備えている

CGデザインはまだ登場してからの歴史が浅く、まだまだ発展途上にある技術です。新たな技術が登場することや制作するための機材なども進化を続けていきます。描くコツやテクニックも、新たなスタイルをどんどん生み出して、高めていくことができる分野です。そのため、日々の研鑽を怠らず、スキルを高め、自分なりのノウハウを蓄積していける方が向いています。現状に満足し、新たな学びやスキルアップの努力ができない人には向いていません。

『 制作意欲が高い 』

あまり兼ね備えていない

CGの制作には多くの時間が費やされます。映像作品の数十秒のシーンを描くにも、多くの時間と労力を費やさなくてはなりません。良い作品を作り上げる意欲が高く、物事を完成させることに達成感や喜びを感じられる人に向いています。頑張り抜いたうえでの達成感を感じた経験がない人は、途中であきらめることやこのくらいで良いかと、完成度のレベルを自ら低めてしまいます。仕事の依頼が絶えない売れっ子のCGデザイナーになりたいなら、完成度の高い作品を生み出し達成感を得続けましょう。

『 集中力がある 』

そこそこ兼ね備えている

1つの作品を作るうえでも多くの時間や手間がかかるうえ、タイトな納期が定められていることも多いです。そのため、集中力を絶やさず、納期通りに完成できるよう取り組む必要があります。成功しているCGデザイナーほど、飽きることや疲れるどころか、制作に夢中になりすぎて、時間が経つのも忘れるほどです。集中力や持続力がない人、物事に夢中になれない人には向いていません。

『 忍耐力が高く挫折しない 』

だいぶ兼ね備えている

タイトな納期の中、細かな表現を求められるCGデザイナーですが、挫折しない心の強さや忍耐力も欠かせません。自分が思い描いているイメージが、思うように描けず、挫折しそうになることもあります。一方で、自分では納得の完成度であったのが、監督やクライアントからダメ出しを受けることやイメージが違うと言われることも少なくありません。どんな状況でも挫折することなく、約束した時までに仕上げることが大切です。あきらめの早い方には向いていません。

『 スケジュール管理ができる 』

そこそこ兼ね備えている

各依頼には納期があります。納期までに完成できるよう、スケジュール管理ができることも必要です。場合によっては、何枚もの制作を一度に依頼されることや異なる案件の依頼が重なることもあります。いずれも手抜きにならず、ニーズに合った作品を完成させなくてはなりません。日々の割り振りや時間の管理、自分の体力やモチベーションを保つ管理ができる人が向いています。スケジュール管理力やセルフコントロール力がない人には不向きです。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのCGデザイナー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る