理想の就活/転職のための
自己分析サイト

CGアニメーターに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今CGアニメーターの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいCGアニメーターに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのCGアニメーター適性診断結果

あなたの適性度は39%で、CGアニメーターの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。CGアニメーターを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

CGアニメーターに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.パソコンを使った作業が得意
2.ルーティンワークを楽しめる
3.試行錯誤を楽しめる
4.コミュニケーション能力が高い
5.独学で学ぶことが嫌でない
6.几帳面な性格
7.健康でバイタリティーがある
8.好奇心旺盛
9.論理的に考えることが得意
10.客観的な視点で物事を見れる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 パソコンを使った作業が得意 』

そこそこ兼ね備えている

CGアニメーション制作の現場では、主にパソコンが使われています。CGアニメーターになるためには、コンピュータリテラシーが求められます。プロ仕様のアニメ制作用ソフトはもちろん、場合によっては2D系のペイントソフトやデザインソフト等のスキルもあった方がよいでしょう。OSの仕組みや各種クリエイティブ系ソフトの特徴、ファイルの仕様など幅広いパソコンスキルが要求されやすいです。

『 ルーティンワークを楽しめる 』

だいぶ兼ね備えている

一流のCGアニメーターになるためには地道な作業を黙々と続けなければいけません。毎日似たような作業を淡々と続けられる根気強さが必要です。ルーティンワークが苦にならない、デスクワークを黙々と行う事が得意など、こういった資質があるとCGアニメーターに適正アリとなります。CGアニメ制作は試行錯誤の連続であり、同じようなシーンを何度も作ったり微妙な違いしかないキャラを何度も制作したりと、そういった作業を楽しく行えるスタンスも必要です。

『 試行錯誤を楽しめる 』

兼ね備えていない

CGアニメーターの仕事は試行錯誤の連続です。日常的にクライアントや上司からミスを指摘され、ほんの僅かな違いを修正して再提出するなど、トライアンドエラーの日々です。いわゆるリテイクやボツを明るく受け入れられる楽観性、ある種の明るさが要ります。ミスの反省は行いつつも必要以上に落ち込まず、冷静に指摘された箇所の修正作業に向き合えるポジティブな資質があるとベストです。

『 コミュニケーション能力が高い 』

兼ね備えていない

CGアニメーターの作業はいわゆる個人競技のようなところがあり、普段は黙々と一人でパソコンに向き合うものです。ただ一方で、近頃のゲーム製作やアニメ制作の現場においては専門職といえでもチームプレーが基本です。たとえ優秀なCGアニメーターだったとしてもスタンドプレーは好まれず、チームメンバーと常日頃からコミュニケーションが交わせる人材が求められています。上司、同僚、部下と分け隔てなく和気あいあいと仕事、そして雑談が交わせるコミュニケーションスキルが高い人材が評価されやすいです。

『 独学で学ぶことが嫌でない 』

そこそこ兼ね備えている

CGアニメーションの分野は日進月歩であり、常に新しい技術やアプリケーションが現場に導入されています。専門学校や職場で学んだ最新の技術や知識なども、あっという間に時代遅れになってしまうことがあります。プロのCGアニメーターになった後も、独学を楽しめる資質が必要です。国内ではまだ流行っていない最新ソフトの使い方を学んだり、まだ業界ではマイナー扱いされているソフトウェアや技術をプライベートで勉強するなど、良い意味での貪欲さがあると良いでしょう。

スポンサーリンク

『 几帳面な性格 』

そこそこ兼ね備えている

CGアニメーターはアーティストであり、同時にエンジニア的な側面も強いです。作品の芸術性や個性も勿論大事ですが、細部まで丁寧に仕上げる緻密さ、破綻なく世界を描く几帳面さが必要です。キャラクターの瞳、モンスターの毛並み、背景の樹木の葉などディテールをいかに高品質に仕上げるか、世界観に合うように違和感なく描けるか等、CGアニメーターの腕前はまさしく細部に宿ります。

『 健康でバイタリティーがある 』

そこそこ兼ね備えている

CGアニメ制作の現場は、健康とバイタリティーが大事です。クライアントの都合や他の部署の関係で急に制作の締め切りが前倒しになる等、現場は常に忙しなく動き続けています。突然のスケジュール変更に合わせて一日の仕事量が急増したり、他のスタッフの分まで作業を請け負うことになったりと、CGアニメーターの現場ではシビアに健康とバイタリティーが要求されます。長時間にわたりミスと向き合い続けたり、トラブルの原因究明のためパソコンソフトとずっと格闘したりと体とメンタルの強さ、両方が要ります。

『 好奇心旺盛 』

そこそこ兼ね備えている

3D、2D問わずアニメーション作品が好きである事が大事です。選り好みせず色々なアニメ作品のジャンルに触れられる、好奇心の強さやアニメ愛が要ります。自分の好みにこだわらず仕事のため勉強のためにとレトロな作品やマニアックな作品にも大らかに触れられる柔軟さがあると良いでしょう。

『 論理的に考えることが得意 』

そこそこ兼ね備えている

ロジカルシンキングが出来る人材が、CGアニメーターに向いています。何か制作中に問題が発生した際も、物事を論理的に考えられればスムーズにトラブルの対応が行えます。感情的にならず常に沈着冷静なスタンスがあれば予期せぬエラーやスケジュール変更が急に表れてもクールに対応でき、作業の効率化やリスクマネジメントもはかどります。

『 客観的な視点で物事を見れる 』

あまり兼ね備えていない

第三者の視点に立てる事、これがCGアニメーターの適正として重要です。CG作品のエンドユーザーが直感的に理解出来る、感動出来る内容になっているか、常にCGアニメーターは意識しながら作業を進めなければいけません。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのCGアニメーター適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る