理想の就活/転職のための
自己分析サイト

社会福祉士に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今社会福祉士の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい社会福祉士に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの社会福祉士適性診断結果

あなたの適性度は45%で、社会福祉士の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。社会福祉士を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

社会福祉士に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.人の話をしっかり聞ける
2.協調性がある
3.相手の立場になって考えられる
4.信念を持っている
5.忍耐力がある
6.口が固く秘密を守れる
7.自己管理ができる
8.情報収集が得意
9.親身になって相手の話を聞ける
10.客観的に物事を捉えられる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 人の話をしっかり聞ける 』

十分に兼ね備えている

相手の話をしっかり聞く事は、相談対応が主な仕事である社会福祉士にとっては最も必要な要素と言えます。相談者がどのような事を求めているのかきちんと把握するためには単純に相手の話を聞くだけではなく、表情や仕草などにも注視しながら相談者の考えを十分汲み取ってあげる事が必要です。そのため、日頃から週の人から悩みや相談を持ちかけられる事が多く、親身になってアドバイスする事が得意な人は社会福祉士に向いていると言えるでしょう。

『 協調性がある 』

だいぶ兼ね備えている

社会福祉士の場合、一人で業務を完結できるという事はほとんどありません。相談者のニーズをヒアリングし、その人に最も適切と思われる福祉サービスを紹介する事が社会福祉士における仕事の一つです。社会福祉士は相談者と様々な福祉サービスを結び付ける仲介役を担っている職業でもあります。そのため、自分とは異なる立場の人や関係各所などと協力・連携しながら働く事が必要となってきます。自分一人で行動・判断するのではなく、周囲の人と協力しながら物事に対応していく協調性がある人は、社会福祉士の適性は高いと言えます。

『 相手の立場になって考えられる 』

兼ね備えていない

社会福祉士が対応する相手は、生活に困っている人や心身に問題を抱えている人、DV被害者など様々です。このような人たちは境遇こそ一人一人違うものの、つらい状況下にあり、福祉のサポートを強く求めています。そのような相談者たちに対して同じ目線になって一緒に物事を考える事も、社会福祉士には求められてくる要素です。心から親身になって相手と接する気持ちがないと、相談者から信頼される事は難しいでしょう。そのため、どのような状況でも相手の立場になって物事を真剣に考えられる思いやりのある人が社会福祉士に向いています。

『 信念を持っている 』

そこそこ兼ね備えている

社会福祉士の仕事では「相談者本人が来なくなった」、「自宅に入るのを拒まれたため支援が難しくなった」というケースも少なくありません。自分の思い通りに支援して事が運ぶケースばかりではないのが社会福祉士の仕事でもあります。それでも「自分は支援を続けていきたい」という信念を持っており、他の人に伝えられるような人は社会福祉士の適性があると言えるでしょう。

『 忍耐力がある 』

兼ね備えていない

社会福祉士に相談する人の中には、厳しい生活状況に置かれているために、極度な精神的障害に陥っている人もいます。このような人と接する事は社会福祉士にとっては日常茶飯事であると言えます。会話が成立しないからといって、社会福祉士がつい感情的な言動をする事はしてはいけません。どのような状況下でも、広い心と冷静な気持ちで相手と向き合っていく事が社会福祉士には求められるので、忍耐力に自信がある人は、社会福祉士として活躍できる可能性は高いでしょう。

スポンサーリンク

『 口が固く秘密を守れる 』

十分に兼ね備えている

社会福祉士の仕事は職業の性質上、相談者のプライバシーに深く踏み込むケースもあり、相談者側が知られたくない事も知る必要があるというケースは少なくありません。そのため、第三者に情報を漏らす事なく、どれだけ相手のプライバシーに配慮できるかという事は社会福祉士の仕事をする上では重要となってきます。また相談者だけでなくその家族への気配りも大切であり、言動には十分注意する必要があります。プライバシーに配慮でき、細かな事にも気を配れる人は社会福祉士に向いています。

『 自己管理ができる 』

そこそこ兼ね備えている

社会福祉士の場合、せっかく資格を取得して仕事を始めても途中退職してしまう人も珍しくありません。理由としては「様々な事情を抱えた人と接する仕事である事から精神的な負担が大きい」といった意見が挙げられます。また書類作成や来客といった仕事もあり、就労時間を過ぎても仕事が終了しないケースも少なくありません。そのため、趣味に没頭したり旅行に出かけるなどプライベートな時間を確保し自分をきちんと管理する事も社会福祉士には必要です。社会福祉士として長く活躍している人は、リフレッシュをこまめに行い、自分の時間を確保する事が上手いとも言われています。

『 情報収集が得意 』

そこそこ兼ね備えている

社会福祉士が地元の集会所やボランティアなどに参加すると地元の人たちと良好な関係を築く事ができ、様々な情報を得られやすくなります。その結果、問題を抱えている人が把握しやすくなったり、サポートをする際に地元の人たちの理解や協力がしやすくなります。また社会福祉に関する制度・法律以外にも新聞やネットなどには支援に役立つ情報が掲載されているケースがあります。そのため、普段から新聞やネットなどで情報取集しているという人は社会福祉士としての適性があると言えます。

『 親身になって相手の話を聞ける 』

そこそこ兼ね備えている

「いじめが原因でひきこもりになってしまった」、「親が要介護となったが具体的にどうすればよいか分からない」など相談者の抱えている問題は様々です。特に日々の生活に苦しんでいる人やひきこもりの人は、他者から心身共に苦痛を受けてきた経験が多く、人間不信になってしまう事が多いとも言われています。そのため、社会福祉士がそのような人たちから信頼されるようになるには相手を受け入れる事が重要です。どのような人に対しても相手を認めるという気持ちを持てる人は、社会福祉士として長く働く事ができるでしょう。

『 客観的に物事を捉えられる 』

兼ね備えていない

社会福祉士は相談に親身になって応じる事も大切な仕事ですが、ただ相談に乗るだけではなく、問題を解決できるような方策を考える必要もあります。そのため、広い視野を持って客観的に物事を捉えながら、様々な視点で問題解決への糸口を見つけられる人は社会福祉士としての適性は高いと言えるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの社会福祉士適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る