理想の就活/転職のための
自己分析サイト

環境計量士に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今環境計量士の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい環境計量士に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

環境計量士に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの環境計量士適性診断結果

あなたの適性度は52%で、環境計量士の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。環境計量士を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

環境計量士に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.理系学部出身で数字に強い
2.化学が得意
3.環境を守る仕事に興味がある
4.情報収集が得意
5.体力に自信がある
6.コミュニケーション能力がある
7.精神的にタフで心が強い
8.几帳面で細かい性格
9.裏方作業が好き
10.柔軟な思考力を持っている
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 理系学部出身で数字に強い 』

あまり兼ね備えていない

環境計量士の仕事では、使われる言葉、計算方法、概念のほとんどが、科学的あるいは化学的な見地に基づいたものです。そのため、環境計量士には多くの理系の知識が必要です。理系学部出身の人は、環境計量士の仕事に向いているといえるでしょう。なお、環境計量士の資格は「濃度関係」「騒音・振動関係」の2つに分かれており、そのどちらにおいても理系の知識が問われます。環境計量士は理工系の国家資格です。

『 化学が得意 』

兼ね備えていない

化学が得意もしくは好きであることは、環境計量士にとって重要な資質です。環境計量士の仕事、特に濃度関係における分野では、化学の基礎知識を用いることが非常に多いからです。例えば濃度分析では、煙・ガス・水域・土壌などから。化学物質を特定して、その混入量を調べなければなりません。その際に、化学の基礎知識がなければ、何について計量をしたらよいのか特定ができません。化学的知識が足りず、測定が聞きなれない物質ばかりだと、作業がおぼつかなくなるおそれもあります。 また、計量する物質が、知らない名称のものばかりだと、仕事への興味が失われていくかもしれません。化学が得意で、計量している物質の影響や、計量の必要性がわかれば、仕事のモチベーション維持がしやすくなるでしょう。

『 環境を守る仕事に興味がある 』

そこそこ兼ね備えている

21世紀の現在、環境問題はもはや日本だけのことではなくなりました。いまや環境問題は世界をあげて取り組むべき重要な課題です。環境の現状を把握するためには、物質濃度などの計量は欠かせない作業です。環境計量士の仕事は、計量を通して、環境に起きている問題を明らかにできます。したがって、環境を守る仕事につきたいと思っているのであれば、環境計量士の仕事は適職になるかもしれません。

『 情報収集が得意 』

そこそこ兼ね備えている

環境にかかわる規則・法律は日々変化します。また、計量によって明確になった数値も常に同じ意味とは限りません。意味するものが、科学や化学の進歩によって変化する場合があるからです。環境計量士はそれらの新しい情報を、誰よりも早く知っておかなければなりません。そのため、環境計量士には情報収集能力が欠かせません。情報をいち早く集めるのが得意な方は、環境計量士に向いています。

『 体力に自信がある 』

十分に兼ね備えている

環境計量士の仕事現場は主に屋外です。真夏や真冬といった厳しい時期にも、屋外で計量作業をしなければなりません。ときには、異なった環境でのサンプル採集が求められることもあり、天候が荒れている中で作業しなければならないこともあります。環境計量士の仕事は体力勝負であると言われています。

スポンサーリンク

『 コミュニケーション能力がある 』

あまり兼ね備えていない

環境計量士の就職先は、環境保全にかかわる会社や機関だけとは限りません。建設会社・設計会社・エネルギー開発会社・資源開発会社など、多岐にわたります。会社のなかで活躍するには周囲の人の理解が必要です。しかし、環境計量士の業務や計量結果は、専門部署以外の人には理解が難しいものが少なくありません。そのため、環境計量士は計量結果を適切に伝えられるコミュニケーション能力が求められます。

『 精神的にタフで心が強い 』

十分に兼ね備えている

必ずしも整っているとは言えない環境での仕事は、体力のみならず、精神的にも疲れます。また、環境計量士の仕事は身体に悪影響を及ぼす可能性がある場での作業が少なくないため、なおのこと精神的疲労は強くなります。環境計量士を続けるには、そのような環境においてもモチベーションを維持し続けられる強い心が必要です。

『 几帳面で細かい性格 』

兼ね備えていない

環境計量士が扱うサンプルは、少しのことでその計量結果が変化することがあります。微小な違いが重視される仕事といえるでしょう。そのため、アバウトな性格では難しい業務とされています。几帳面で細かなところまで気が付く人に、環境計量士は向いているでしょう。

『 裏方作業が好き 』

だいぶ兼ね備えている

環境計量士の仕事は決して華やかなものではありません。一般的に計量の仕事というものは、コツコツとした作業が多く大変です。大変さの割に、環境計量士の仕事は広く知られていません。しかし、環境の状態を把握することは、豊かな生活環境を保持する上で欠かせない仕事です。また、環境計量士が示した結果に基づいて、自治体や企業は環境問題についての対策を立てます。環境計量士の仕事は、いわば裏方の仕事といえるでしょう。表舞台で目立つことよりも、裏から周囲を支えるのが好きな方、縁の下の力持ちになりたい人に向いています。

『 柔軟な思考力を持っている 』

十分に兼ね備えている

計量の現場ではさまざまな事態が起きます。問題を解決して仕事を滞りなく進めるためには、柔軟な思考力が必要です。困難な問題に向き合ったときに、従来の考えに捕らわれず、発想を転換させられる人材が、環境計量士には求められています。状況によって臨機応変な対応が取れる柔軟な思考力を持つ人は、環境計量士に向いています。環境計量士の仕事にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの環境計量士適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

この適正診断テストでわかること

  • 環境計量士に向いているか向いていないか
  • 環境計量士の職業適性度
  • 環境計量士に必要な10の資質
  • 解説で環境計量士に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか
アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る