理想の就活/転職のための
自己分析サイト

介護福祉士に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今介護福祉士の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい介護福祉士に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの介護福祉士適性診断結果

あなたの適性度は48%で、介護福祉士の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。介護福祉士を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

介護福祉士に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.思いやりがある
2.コミュニケーション能力がある
3.体力に自信がある
4.観察力がある
5.メンタルが強い
6.責任感がある
7.向上心がある
8.指導力がある
9.根気強い
10.人を楽しませることが好き
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 思いやりがある 』

兼ね備えていない

介護福祉士は、高齢者や体が不自由な人と関わる仕事なので、相手の立場になって考えられる思いやりのある人に向いている仕事です。入居者の中には十分に意思の疎通ができない人もいるため、相手が何を求めているのか察し、気遣ってあげることが大切になります。会話ができない人にも丁寧な言葉で話しかけるなど、相手への気配りができる人に向いている仕事です。

『 コミュニケーション能力がある 』

だいぶ兼ね備えている

介護福祉士は高齢者や体が不自由な人のサポートをするだけでなく、入居者の家族や一緒に働くスタッフとコミュニケーションを取らなければなりません。話しにくい雰囲気を出していると、入居者の家族は安心して施設に入居させることはできないでしょう。もちろん、入居者一人一人とコミュニケーションを取り、信頼関係を築いていくことも大事です。また、スタッフ同士の連携も大切になります。介護福祉士はスタッフを指導する立場になることも多いため、コミュニケーション能力の高さが求められます。

『 体力に自信がある 』

だいぶ兼ね備えている

介護の仕事は力仕事も多いため、介護福祉士は体力に自信がある人に向いています。寝たきりの人に寝返りを打たせてあげたり、お風呂に入れてあげたりするのは、想像以上に力が必要になります。1日に何人もの入居者のサポートをするので、体力がない人はすぐに音を上げてしまう可能性があります。また、施設によっては夜勤もあるため、不規則な生活を強いられることもあるでしょう。介護福祉士は、基礎体力が求められる仕事です。

『 観察力がある 』

そこそこ兼ね備えている

介護の仕事では自発的に言葉を発せない人の世話をすることも多いため、介護福祉士は観察力も求められます。ちょっとした体の異変に気付くことで、入居者の命を守ることができます。体調の変化など、いち早く気付き適切な対応をすることが求められる仕事です。また、介護福祉士はスタッフのリーダー的存在でもあるため、悩みを抱えているスタッフはいないかなど、職場環境を観察することも必要になります。

『 メンタルが強い 』

そこそこ兼ね備えている

施設によっては終身介護を行っているところもあり、入居者の死に立ち合わなければならないこともあります。メンタルが弱いと、何度か死に立ち合うことで精神的に参ってしまうこともあります。人の死は、何度も経験したからといって慣れるものではありません。そのため、介護福祉士はメンタルが強い人に向いている仕事です。仕事とプライベートの切り替えができれば、終身介護の施設であっても精神的に大きなダメージを受けずに働くことができます。

スポンサーリンク

『 責任感がある 』

あまり兼ね備えていない

介護福祉士の仕事は、入居者の命を預かっているといっても過言ではありません。ちょっとしたミスが、入居者の健康に大きなダメージを与えてしまうこともあります。そのため、介護福祉士は責任を持って仕事ができる人に向いています。また、自分自身が責任感を持って働くことはもちろん、スタッフにも責任感を持って勤務することを啓蒙しなければなりません。

『 向上心がある 』

あまり兼ね備えていない

介護の仕事においては、ITが導入されるなど新しい介護方法やサービスが次々と誕生しています。従来の介護方法よりも効率的な介護方法が考案されたり、新しい制度が発令されたりすることもあります。そのため、介護福祉士は常に新しい情報をキャッチしようという向上心が必要になります。研修や勉強会などに積極的に参加し、情報をアップデートすることが求められます。

『 指導力がある 』

あまり兼ね備えていない

介護福祉士は国家資格であるため、通常の介護士を指導する立場になることもあります。そのため、指導力がある人に向いている仕事です。介護の知識を教えたり、それぞれの施設のルールを伝授したりしなければならないからです。要領を得ない説明しかできない人では、スタッフも戸惑ってしまい、適切な指導を行うことができません。ある程度、わかりやすく説明できる能力は必要になります。

『 根気強い 』

そこそこ兼ね備えている

介護福祉士は、売上が向上するなどの目に見えた実績がわかりにくい仕事です。また、意思の疎通ができない人の介護を行う場合、「ありがとう」という言葉をかけてもらうことも少ないため、モチベーションが下がってしまうこともあるでしょう。そのため、なかなか評価されにくい環境でもコツコツと根気よく頑張れる人に向いている仕事です。

『 人を楽しませることが好き 』

十分に兼ね備えている

デイケアーセンターで働く介護福祉士は、お年寄りに楽しんでもらうためのイベントを行います。そのため、介護福祉士は人を楽しませることが好きな人に向いている仕事です。季節にそった楽しいイベントを企画したり、喜んで参加してもらえそうな行事の準備をしたりしなければなりません。また、常にポジティブな気持ちで接することも求められます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの介護福祉士適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る