理想の就活/転職のための
自己分析サイト

大工適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今大工の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい大工に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの大工適性診断結果

あなたの適性度は56%で、大工の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。大工を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

大工に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.体力があり自己管理がきちんとできる
2.協調性がある
3.もの作りが好き
4.物事を効率良く進める事ができる
5.作業を丁寧に行う
6.頭の回転が早い
7.我慢強く粘り強い
8.整理整頓が得意できれい好き
9.建築に興味・関心があり学ぶ意欲がある
10.問題解決能力や交渉力に優れている
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 体力があり自己管理がきちんとできる 』

あまり兼ね備えていない

大工の仕事をしっかりとこなすために、体力があるという事は必須な要素です。気温が高い夏の時期や寒い冬の時期でも建築現場で仕事をする事も多いため、ある程度体力に自信がないと務めるのは難しいしょう。また体力があるのはもちろんですが、自身の体調管理もしっかりできる人は大工に向いていると言えます。体調を崩して仕事に影響すると現場の進捗に遅れが生じる可能性があります。

『 協調性がある 』

あまり兼ね備えていない

大工の場合、一人で仕事をするケースは少なく、一般的にはチーム単位で作業にあたる事が多い職業です。設計士をはじめ同僚や先輩・後輩と一緒に仕事をする事はもちろん、案件によっては施主である顧客や他社の技術者などと接する機会も少なくありません。建築現場ではチームプレイが重要な要素となってくるため、協調性のない人が一人いるだけでも作業のスケジュールに影響を及ぼす可能性があるのです。そのため、協調性がある人は、大工としての資質があると言えるでしょう。

『 もの作りが好き 』

そこそこ兼ね備えている

大工という職業は一言でいうと「もの」を作る仕事であるため、子供の頃から何かものを作るのが好きで完成した時に喜びや充実感を感じられるという人は大工に向いているでしょう。気持ちを込めて建築物を完成させた時、喜びを感じて次の現場で仕事をする際のモチベーションになるという大工もいます。もの作りに夢中になれる人は、大工としての適性があると言えます。

『 物事を効率良く進める事ができる 』

だいぶ兼ね備えている

大工は納期に間に合うよう、きちんとスケジュールを組んで効率良く仕事をしていく事も要求される職業です。例えばリフォームの場合、納期までの期間がとても短いというケースもあるため、いかにしてスケジュールを組んで遅れる事なく仕事を完了させられるかが、重要なポイントとなります。効率良く仕事が進められるようなスケジュールが組めないような人は、大工になっても苦労する可能性は高いと言えるでしょう。

『 作業を丁寧に行う 』

十分に兼ね備えている

建築物の作業では、全ての工程で丁寧な仕事が求められてきます。一つの工程だけを雑に作業してしまうと欠陥のある建築物になってしまう事があるからです。その建築物が何十年も安全に使用されるには、しっかりした建築物を完成させる必要があります。そのため、作業の重要度に関係なく、どのような事にも真剣かつ丁寧に作業を行える人は、大工に向いていると言えます。また大工は様々な道具を使用する職業でもあるので、丁寧に道具の手入れや扱いができる事も大切です。

スポンサーリンク

『 頭の回転が早い 』

そこそこ兼ね備えている

大工の場合、体力はもちろんですが頭の回転の速さも求められる職業とも言われています。例えば設計図面を見ながら骨組みや建築資材を作ったりするなど、様々なシーンでスピーディーに設計図面を理解する能力が必要です。また、細かい計算をする必要があるケースも少なくないため、基礎的な学力も求められてきます。

『 我慢強く粘り強い 』

そこそこ兼ね備えている

大工の仕事は容易ではなく、1人前の大工になるためには10年程度の時間を要するとも言われています。一方、その分必要な技術を学んで身に付ければ、仕事の幅が広がり面白さが徐々に分かってくる職業でもあります。そのため、技術を自分のものにしようと我慢強く・粘り強く学ぼうとする人は、大工になって成功する確率は高いでしょう。

『 整理整頓が得意できれい好き 』

だいぶ兼ね備えている

建築の現場において作業を効率良く進めるには作業の段取りだけでなく、現場が常にきれいな環境である事も大切です。整理整頓がきちんとされている建築現場は気持ち良く作業ができる他、トラブルのリスク低減にも繋がります。日頃から整理整頓を行っているという人は大工としての適性が備わっていると言えるでしょう。

『 建築に興味・関心があり学ぶ意欲がある 』

そこそこ兼ね備えている

基本的に大工としてデビューしてから数年程度は、仕事をこなしながら様々な技術を身に付けていく期間となります。そのため、上司や先輩などから教えられた知識や技術をしっかり学ぼうという意識は大工にとっては大切と言えます。また建築に強い興味・関心があれば、知識や技術を覚えるスピードは早くなるでしょう。さらに建築業界の場合、新たな技術や建築資材が次々と登場してきます。新しいものが出てきても自ら積極的に学んで行こうという気持ちも、大工には必要でしょう。

『 問題解決能力や交渉力に優れている 』

あまり兼ね備えていない

建築現場では設計図面通りに上手く行かないなど、細かい部分から大きい部分までトラブルが生じるリスクは常に付きまとっています。そのため、大工にはトラブルが起きた時に施主である顧客や建築士などに対して、なるべく設計図面に近い形が保てるような代替案が提示できる問題解決能力が求められてきます。また複数人と話し合う中で自分の意見がハッキリ言えるなど、交渉力がある人は大工としての適性があると言えます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの大工適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る