理想の就活/転職のための
自己分析サイト

介護士適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今介護士の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい介護士に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの介護士適性診断結果

あなたの適性度は56%で、介護士の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。介護士を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

介護士に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.明るく笑顔が絶えない
2.人と接することが好き
3.体力に自信がある
4.コミュニケーション能力が高い
5.お年寄りと話すのが好き
6.観察力がある
7.オンオフの切り替えが上手い
8.気配りができる
9.向上心がある
10.夜勤が苦にならない
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 明るく笑顔が絶えない 』

あまり兼ね備えていない

介護サービスを利用する人は、何らかの障害や疾病を抱えた人たちです。そのため、利用者やその家族は、気持ちが落ち込んでいたり、不安を抱いていたりするケースが多いでしょう。介護というのは、高齢者の生活を支えるお仕事です。明るく笑顔が絶えない人は、お年寄りの生活を盛り上げることができ、不安を軽減することができます。病は気からと言いますし、明るく笑顔が絶えない人は、高齢者の生きる力や元気を引き出すことができるので、介護士に向いているでしょう。

『 人と接することが好き 』

あまり兼ね備えていない

介護士の仕事は、人との関りや協力し合うことによって成り立つ仕事です。利用者、利用者の家族など、実にたくさんの人と関わっていくことになります。また、介護施設では、介護スタッフだけでなく、医師や看護師、理学療法士など、多職種との連携が欠かせません。介護士の仕事は人と接する機会が多いので、根本的に人と関わることが好きな人には、向いている職業となっています。

『 体力に自信がある 』

そこそこ兼ね備えている

介護士は体力勝負と言われています。身体介助は利用者の身体を支えながら行わなければなりませんし、一日中動き回って、利用者に気を配る必要があるので、体力的負担が大きいのです。また、不規則なシフト勤務や夜間勤務がある場合、生活リズムが乱れてしまい、体調を崩しやすいでしょう。このように、介護士は介護の技術や経験だけでなく、体力面も求められる職種です。健康や体力に自信があるならば、介護士として長く働くことができるでしょう。

『 コミュニケーション能力が高い 』

だいぶ兼ね備えている

前述したように、介護士の仕事は人と接する機会が多いので、コミュニケーション能力があればとても心強いです。適切なコミュニケーションにより、相互理解が深まることで、相手との信頼関係を築くことができます。信頼関係が構築できていれば、利用者は安心して介護を受けられますし、会話のやり取りから介護のヒントを得られることもあるでしょう。コミュニケーション能力に長けている人は介護士に向いているでしょう。

『 お年寄りと話すのが好き 』

十分に兼ね備えている

おじいちゃんやおばあちゃんが好きなど、お年寄りが好きという理由で、介護士になることを決意する人は多いでしょう。介護が必要になる現場では、当然ながらお年寄りと接する機会が多くなります。お年寄りと話すのが好きだったり、お年寄りから可愛がられたりするタイプの人は、適している仕事と言えるでしょう。お年寄りと接するのが好きな人は、仕事場でもストレスを感じにくいですし、仕事にもやりがいを見いだしやすいので、充実したビジネスライフをおくりやすいです。

スポンサーリンク

『 観察力がある 』

そこそこ兼ね備えている

年をとると免疫力が低下し、体調不良や病気を招きやすくなります。利用者の全てが自分の体調を言葉で表現してくれるとは限りませんし、中には伝えるのが苦手な人もいます。こんなときに大事になってくるのが、観察力です。普段から利用者のことを観察し、「いつもと様子が違う」と異変を感じた時は、医師や看護師に知らせるなどの適切な対応をすることが大切です。また、観察を通して、「この人は何を望んでいるんだろう」「いつもとは様子が違うけど、どこか悪いのかな」など、ちょっとした気づきや疑問を持つことが、利用者の生活を支えることに繋がります。

『 オンオフの切り替えが上手い 』

そこそこ兼ね備えている

介護士は心身ともに疲労しやすく、ストレスを溜め込みやすい仕事です。ストレスを軽減するためには、「仕事は仕事」と割り切ることが大切です。プライベートを謳歌し、仕事のストレスをきちんと発散することで、健全なメンタルを保つことができます。仕事のオンオフの切り替えが上手な人は、一日の疲れをリセットし、介護士の仕事に全力で取り組むことができます。

『 気配りができる 』

だいぶ兼ね備えている

安心して利用者にサービスを利用してもらうためには、思いやりや気配りが大切になります。何をしているのかや、どう感じているのかを把握し、それを満たしてあげることができれば、より良好な関係を築くことができます。利用者のペースに合わせ、思いやりを持って対応できる人は、介護士の仕事が向いているでしょう。

『 向上心がある 』

そこそこ兼ね備えている

勉強したり、努力したりすることで、少しずつ介護の知識や技術を磨くことができます。介護職員初任者研修や介護福祉士などの資格を取得することで、業務の幅が広がり、キャリアアップを目指すことができます。毎日の仕事の中で学んだり、勉強したりなど、成長意欲が高い人に、介護士は向いているでしょう。

『 夜勤が苦にならない 』

あまり兼ね備えていない

介護職は、基本的に夜勤がつきものです。夜勤業務には、生活リズムが乱れたり、体力的な負担が大きかったりするリスクがあります。ただ、もともと夜型のヒトや、生活リズムを整えるのが上手い、夜勤手当がもらえて給与が上がってやりがいを感じるなど、夜勤が好きという人も少なくありません。夜勤が苦にならない人は、介護士として働きやすいはずです。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの介護士適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る