理想の就活/転職のための
自己分析サイト

ケアマネージャー適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今ケアマネージャーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいケアマネージャーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのケアマネージャー適性診断結果

あなたの適性度は56%で、ケアマネージャーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。ケアマネージャーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

ケアマネージャーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.高いコミュニケーション能力
2.話を聞くのが得意
3.柔軟な対応力
4.判断力がある
5.はっきりと意見できる
6.メンタルが強い
7.フットワークが軽い
8.スケジュール管理が得意
9.デスクワークを苦痛に感じない
10.相手の立場に立った考えができる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 高いコミュニケーション能力 』

あまり兼ね備えていない

ケアマネージャーにとってコミュニケーション能力は、とても重要になります。適切なサービスを提案するためには、サービスを利用する高齢者や家族の話をしっかりと聞きながら、地域の人達や病院、施設、事業所などと連携を取りながら計画を立てていかなければいけません。そのため、さまざまな人たちとコミュニケーションを取りながら、信頼関係を作りつつ必要な情報を得て問題を解決していくということが重要になっていきます。

『 話を聞くのが得意 』

あまり兼ね備えていない

ケアマネージャーの仕事は、サービスを受ける高齢者や家族の話をしっかりと聞きつつニーズに合わせてケアプランを提案していきます。どんな些細な悩みや不安も話せるようにしっかりと、相手の話に耳を傾けアドバイスをしつつ信頼関係を築いていくことも大切です。また、介護の悩みは人には話しにくいことや上手く話せないことも多いので、適切なケアプランを立てていくためにも話を聞くということが重要になっていきます。

『 柔軟な対応力 』

そこそこ兼ね備えている

介護を受ける高齢者の抱える問題は、それぞれ異なります。一人一人が適切なサポートを受けるためには、サービスを受ける高齢者本人や家族のニーズに合わせて適切なプランを提案していく必要があります。また、利用者の健康状態などは変化することも多く、状況に合わせた対応が求められます。素早く柔軟に対応していくことで、利用する側やその家族にとっても安心できる存在となることでしょう。

『 判断力がある 』

だいぶ兼ね備えている

介護保険サービスを利用する際に必要なケアプランの作成には、サービス利用者の課題を把握する必要があります。そのためには、日常生活で抱える問題点をしっかりと把握し、必要な支援を見極めていかなければいけません。また、一人の利用者が複数の問題を抱えていることも多く、全てを一度に解決することが困難なこともあります。そういった場合は、問題の優先順位を決めて解決していくことになるため、ケアマネージャーにはそれを見極める判断力が求められます。

『 はっきりと意見できる 』

十分に兼ね備えている

介護保険の利用は、知識がないと難しいことも多く理解できないことが多いです。そのため、利用者に無理なことを頼まれ、要望にこたえられないということもあります。この場合、流されることなく無理だということをしっかりと説明しなければいけません。ダメなことはダメだとはっきりと意見しつつ、毅然とした態度で接することもケアマネージャーには必要です。

スポンサーリンク

『 メンタルが強い 』

そこそこ兼ね備えている

ケアマネージャーは、サービス利用者やその家族はもちろん、職場や事業所などの外部の方々など人と係わる機会が多い仕事です。さまざまな性格の人と係わることになるので、人間関係が辛く感じることもあります。また、利用者と事業所のトラブルの対応に追われたり、利用者やその家族の同意が得られずケアプランの作成がうまく進まないなど、精神面で負担に感じる場面も多くあります。そのため、ケアマネージャーはメンタルの強さが求められる仕事でもあります。もし、仕事で不安やストレスを感じた場合は、すぐに周りの人に相談できるようにしておくと安心です。

『 フットワークが軽い 』

そこそこ兼ね備えている

ケアマネージャーは、サービス利用者の現状をしっかりと把握するために、実際に出向いたり、事業所などと連携を取るために会議に参加したりと外へ出ることも多いです。また介護サービスは、実際に利用してみなければわからないことも多く、ケアプラン通りに進むとは限りません。利用者が、サービス内容が合わないと感じたり、新たな悩みが出てきたりと何らかのトラブルがあった際は、迅速に対応する必要があります。すぐに行動に移せるフットワークの軽さは信用にも繋がる重要なポイントとなります。

『 スケジュール管理が得意 』

だいぶ兼ね備えている

ケアマネージャーの仕事内容は、サービス利用者のもとへ足を運んだり、事業所と会議の時間を設けたり、さまざまな書類を作成したりと多岐にわたります。一人の利用者だけでなく、同時進行で複数の相談に対応していくこともあるので、スケジュールの管理をしっかりと行いながら、無駄なく計画的に進めていくことが重要になります。

『 デスクワークを苦痛に感じない 』

そこそこ兼ね備えている

ケアマネージャーはケアプランの作成や要介護認定書の書類、報告書の作成など、介護職の中でもデスクワークが多い仕事になります。そのため、デスクワークに苦痛を感じない人やパソコン操作が得意といった人の方がストレスが少ないといえます。事業所によっては、介護スタッフと兼任の場合もあるため、自分の希望に合わせて職場を選ぶことをおすすめします。

『 相手の立場に立った考えができる 』

あまり兼ね備えていない

ケアマネージャーに相談するサービス利用者やその家族は、介護サービスについての専門的な知識を持たない場合がほとんどです。どのようなサービスを受けられるのか、どのように進めていくのかなどわからないことだらけです。そのため、ケアマネージャーは過去の経験だけで判断するのではなく、相手の立場に立って何が必要なのか適切な提案をしていくことが重要になります。知識のない人でも分かりやすい説明や、相手が答えやすい質問の仕方を意識したりと、常に相手の立場に立って考えることを忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのケアマネージャー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る