理想の就活/転職のための
自己分析サイト

介護事務に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今介護事務の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい介護事務に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

介護事務に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの介護事務適性診断結果

あなたの適性度は62%で、介護事務の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。介護事務を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

介護事務に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.介護業界に興味がある
2.計算が得意
3.パソコンを使った書類作成が得意
4.長時間のデスクワークが苦でない
5.介護事務の資格を所有している
6.色々なタイプの人と仲良くなれる
7.お年寄りと上手く話せる
8.計画性がある
9.説明が上手い
10.経理の知識や経験がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 介護業界に興味がある 』

だいぶ兼ね備えている

介護事務として働く上で大切なのが、介護業界に興味があることです。介護業界で仕事をしたい、仕事を通して介護のサポートをしたい人などにピッタリです。介護業界に興味があれば仕事のやる気もアップしますし、自分が役立てていると充実感を感じられます。介護事務の業務はもちろんのこと、介護業界に関心があることで長く働き続けられるのです。少しでも介護業界に関わりたいと考えているのなら、介護事務は天職になるかもしれません。

『 計算が得意 』

十分に兼ね備えている

介護事務の大切な業務の一つに、介護報酬請求事務があります。これは介護を受けた高齢者が支払う料金を請求するもので、9割を市区町村が、残りの1割を高齢者が負担します。計算は難しいものではありませんが、細かな計算や沢山計算しなければならないため、計算が得意な人が向いています。少しでも間違いがあると再度やり直しになるので、計算が得意で間違いができるだけない人が求められます。

『 パソコンを使った書類作成が得意 』

兼ね備えていない

介護事務ではパソコン作業を任せられることも多く、パソコンを使いこなせる人が活躍します。介護報酬請求事務もパソコン用のソフトで行うこともあるので、ある程度パソコンが触れないと仕事にならないのです。正確に文字が打てる、パソコンのソフトを使って計算が出来るなら問題はありません。データをまとめて提出する仕事もあるので、パソコンで資料を作れる人も重宝されます。

『 長時間のデスクワークが苦でない 』

だいぶ兼ね備えている

介護事務の仕事のほとんどはデスクワークです。机に向かって作業するので、長時間デスクワークをしていても苦にならないのなら介護事務に向いている要素があるかもしれません。ランチの時間やちょっとした作業で机から離れることもありますが、ほとんどは座っている状態なのでその体勢でも耐えられることが大事な条件となります。立って作業をするよりゆったり座って仕事がしたい、机に向かってコツコツと作業するのが好きな人にも介護事務はおすすめです。

『 介護事務の資格を所有している 』

十分に兼ね備えている

介護事務は資格を所有していなくても仕事をこなすことが出来る職業ですが、介護事務の資格を持っている方が仕事がよりスムーズに進みます。資格取得のための勉強をしていると介護事務の基礎から介護報酬請求事務のやり方、請求書の書き方などが身につきます。介護事務員として働くときに役立つスキルを持てるので、資格所有者は介護事務の仕事で有利になるのです。所有していなくても資格の勉強をしている、少しでも勉強をしたことがある人も介護事務業界で歓迎されます。

スポンサーリンク

『 色々なタイプの人と仲良くなれる 』

そこそこ兼ね備えている

介護施設などで働く介護事務員は同じ事務員の他に介護士や看護師、医師など異業種の人たちと関わる機会があります。仕事内容や立場が違う相手ともスムーズに会話が出来て、仲良くなれるような人は介護事務としての素質があります。立場や職種が違うからといって変な壁を作らずに、自ら積極的に仲良くなろうとすることが大事です。

『 お年寄りと上手く話せる 』

あまり兼ね備えていない

介護事務をしていると当然お年寄りと関わる機会が出てきます。お年寄りの言っていることをきちんと理解し、コミュニケーションを取れることが重要になるのです。高齢者の中には認知症を発症していて、言っていることが分からないということも珍しくありません。そのような場合でも根気よく聞いてあげて、相手が不快に思わないような対応をしましょう。

『 計画性がある 』

そこそこ兼ね備えている

介護事務では月に一度決められた日までに請求書を完成させて、介護報酬請求を行います。この期日を守らないと収入が入らずに、最悪の場合売り上げがゼロになってしまうことがあるのです。いつまでに請求書を完成させて、何日までに必要書類を提出するのか考える計画性が欠かせないのです。無計画で請求書の作成をすると期日までに間に合わなかったという事態になりかねないので、計画性がある人こそ介護事務が向いています。

『 説明が上手い 』

十分に兼ね備えている

介護事務の仕事を行う上で重要な要素の一つが、説明が上手いことです。これは介護施設を訪れた見学者や高齢者の家族が来たときに役立ちます。見学者や家族の対応は介護事務員に任されることが多く、施設内の案内や説明、介護保険制度の説明をすることがあります。上手に説明が出来る人なら相手の理解も早く、その施設の良いところも余すことなく伝えられるのです。自分なりに分かりやすく説明することが出来る、色々な人に説明するのが上手いと言われた人は介護事務が向いているかもしれません。

『 経理の知識や経験がある 』

十分に兼ね備えている

介護報酬請求事務の他に介護事務員は、施設の経営や運営に関わる仕事をするケースもあります。取引先から届く請求書のチェックや小口現金の管理、会計ソフトの入力など介護事務の他に一般的な経理にも携わるのです。経理の知識や経験があれば、これらの仕事も難なくこなせます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの介護事務適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

この適正診断テストでわかること

  • 介護事務に向いているか向いていないか
  • 介護事務の職業適性度
  • 介護事務に必要な10の資質
  • 解説で介護事務に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか
アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る