理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

カーデザイナーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今カーデザイナーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいカーデザイナーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

カーデザイナーに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのカーデザイナー適性診断結果

あなたの適性度は54%で、カーデザイナーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。カーデザイナーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

カーデザイナーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.デザインが得意
2.コミュニケーション能力が高い
3.車や機械の知識が豊富
4.トレンドに敏感
5.分析するのが得意
6.発想力が豊か
7.高い探求心を持っている
8.リーダーシップがある
9.物事を多角的にとらえるのが得意
10.集中力が高い
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
カーデザイナー適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 デザインが得意 』

十分に兼ね備えている

カーデザインは、最終的にデザインソフトなどを使って描かれていきますが、基本的に最初は手描きからスタートします。そのため、カーデザイナーには、デザインが得意な人が向いているでしょう。また、打ち合わせの最中にササっとスケッチを行い、相手にイメージを伝えるようなシーンも少なくありません。思い描いているデザインを形として表現し、まわりに伝えていくためには、高いデッサン力も必要になります。絵を描くこと自体、全く苦にならないという人には向いている職業でしょう。

『 コミュニケーション能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

カーデザイナーは、同じ部署以外の人とも話すことが多い仕事です。打ち合わせも多く、デスクワークのみではありません。カーデザイナーの仕事は、車のデザインだけしていれば良いというわけではないからです。市場調査や、デザイン完成後の確認作業、調整作業など長期にわたり様々な分野に携わっていきます。その間には、エンジニアなど、他の職種の人たちとも打ち合わせをする機会も当然多くなります。チーム一丸となって、車を完成まで導いていくためには、コミュニケーション能力の高さが必要になってくるでしょう。

『 車や機械の知識が豊富 』

あまり兼ね備えていない

車のデザインを行うカーデザイナーには、車や機械に関する知識も求められます。デザインは、車の性能や安全性などにも直接関係する要素だからです。「そもそも車が大好き」という人であれば、車や機械に関する知識も、苦手意識を感じることなく身につけていきやすいでしょう。

『 トレンドに敏感 』

そこそこ兼ね備えている

車は、それぞれの時代に合わせたデザインにつくり上げていきます。ただし、デザインを行っている段階で流行っているものを取り入れても、完成した時には時代遅れになってしまいます。今のトレンドに焦点を合わせるのではなく、先読みしていく必要があるでしょう。センスだけが問われているわけではありません。そのため、トレンドの情報や動向に対して常にアンテナを張り、敏感にキャッチしていくことが求められます。

『 分析するのが得意 』

十分に兼ね備えている

多くの人から評価される車をデザインするためには、市場調査を行い、長期的な見込みや流行を把握しておく作業が欠かせません。それぞれの時代にマッチし、消費者のニーズに応えられる車をつくる必要があるからです。そのためには、高い分析力が求められます。カーデザイナーとして活躍したい人は、デザイン力だけでなく、これらのスキルも磨いておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

『 発想力が豊か 』

十分に兼ね備えている

車のデザインでは、既成概念にとらわれず、ユニークな発想が求められることも少なくありません。さらに、スポーツ車、軽自動車など、車の種類によって求められるアイデアも異なります。柔軟な発想力を持っている人は、カーデザイナーとして重宝されやすいでしょう。また、カーデザインの仕事では、スピード性も求められます。必要な時にすぐデザインの提案ができるよう、アイデアの引き出しを増やしておくことも大切です。

『 高い探求心を持っている 』

あまり兼ね備えていない

「ここをもっと快適で使いやすくするには?」「美しいデザインで、かつ安全性を高めるためには?」など、カーデザイナーは様々な問題に向かって立ち向かっていきます。これらは、正解が一つの問題ではありません。つまり、終わりなき問題とも言えるでしょう。完成度を高めるためには、カーデザイナー自身が強い探求心を持っている必要があります。

『 リーダーシップがある 』

だいぶ兼ね備えている

車のデザインをゼロから始め、完成させるまでの間には、実に多くの人が関わっています。カーデザイナーという仕事は、その車のイメージをまとめる、要のような役割を担っているとも言えます。実際に形にしていくためには、一緒に仕事をする人たちをまとめ、引っ張っていく力が求められるでしょう。デザイン力や分析力などだけでなく、リーダーシップ性も持ち合わせておくと、カーデザイナーとして活躍しやすいです。

『 物事を多角的にとらえるのが得意 』

兼ね備えていない

車は、デザイン面で長けているだけでは、多くの人から評価されません。デザインの高さはもちろん、性能面、安全面などの高さも重要になってきます。ターゲット層のライフスタイルにマッチし、使いやすいものになっているかどうかなど、ユーザーの立場から検討する必要があるのです。そのためには、物事を多角的にとらえられる力が求められるでしょう。

『 集中力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

カーデザイナーが携わる仕事の範囲はとても広く、ボリュームも多いです。ひとつひとつの仕事に向き合い、スピード感を持って取り組んでいくためにも、集中力が求められるでしょう。集中力を維持するためには、体力面も必要です。体調管理をしっかり行うことも、仕事のひとつとして挙げられるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのカーデザイナー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
カーデザイナー適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • カーデザイナーに向いているか向いていないか
  • カーデザイナーの職業適性度
  • カーデザイナーに必要な10の資質
  • 解説でカーデザイナーに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

カーデザイナーとは?

カーデザイナーとは、新しい自動車のコンセプトを考案したり、顧客の要望に合わせてデザインを実現したりする仕事です。

大きな分類ではインダストリーデザイナーに含まれます。

自動車の外装や内装はもちろん、どういった方をターゲットにするかなど、自動車販売の戦略部分にも携わります。

自動車はデザインと機能性の両方が重視される製品であり、カーデザイナーはそのどちらにも関わる仕事です。

自動車には莫大な数の部品が使用されており、そこには精密機器も含まれます。

それらを熟知してアイデアを生み出し、実際のデザインに落とし込んでいくのがカーデザイナーの仕事です。

自動車産業の中核を担う職業と言えるでしょう。

カーデザイナーになるには?

カーデザイナーに国家資格はありません。

しかし、確かな知識と技術、アイデア力が無ければ通用しないのでそれらを養う必要があります。

カーデザイナーになる方法はいくつかあります。

そのうちの1つは大学や大学院で学ぶことです。

工学系の大学に進むことで自動車製造に必要な知識を得ることが出来ます。

美術科であればデッサン力を鍛えることが可能です。

そうして養った能力を就職試験でアピールすることによって、自動車メーカーに就職すればカーデザイナーとして働けるようになります。

カーデザイナーに学歴は必須ではないため、海外のデザイン工房で学ぶという方法もあります。

自動車は日本を代表する輸出産業の1つであり、海外のデザインを学ぶ利点は多いと言えるでしょう。

カーデザイナーの給料・年収

カーデザイナーは実力至上主義の側面があり、人気のデザインを生み出すことが出来れば年収が大幅に上昇します。

10年以上勤続し、安定して優れたデザインを作ることが出来ていれば年収は1000万円を超えることも珍しくありません。

しかし、これはあくまで優秀なデザイナーとして評価された場合であり、人気デザインの製作に苦しんだ場合には年収が300万円ほどになることがあります。

カーデザイナーは基本的に自動車メーカーに所属して働くことが多く、その所属したメーカーの給与体系に影響を受けます。

平均的には500万円から600万円ほどとなります。

カーデザイナーの就職・転職先(求人)

カーデザイナーの多くは自動車メーカーのデザイン部門で働くことになります。

自動車メーカーの規模が大きければ大きいほどデザイン部門が重視される傾向にあり、多くの人員がデザインに割かれます。

順調に昇進していくとデザイン部門の部長となることができ、そこから製造部門全体をまとめる役職へと昇進することも可能です。

ただし、自動車メーカーでデザインを行う際にはそのメーカーの持つコンセプトにある程度合わせなければなりません。

個人でカーデザイン会社を立ち上げることでメーカーのコンセプトに縛られずにデザインをすることが出来ます。

フリーのカーデザイナーとして働く方も珍しくありません。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0