理想の就活/転職のための
自己分析サイト

キャディに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今キャディの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいキャディに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのキャディ適性診断結果

あなたの適性度は39%で、キャディの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。キャディを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

キャディに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.人と話すのが好き
2.体力がある
3.運転が得意
4.ゴルフの専門知識を持っている
5.探究心がある
6.清掃作業が好き
7.細かな配慮ができる
8.忍耐強くめげない
9.人のサポートが得意
10.早起きが苦にならない
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 人と話すのが好き 』

あまり兼ね備えていない

キャディは仲間や利用者など、幅広い人と接することが仕事の1つです。ただコースに出るだけでなく、ゴルフ中に雑談することも仕事内容に含まれています。人と話すことが好きな方が、キャディという仕事に向いていると言えるでしょう。また同僚と話すことで、経験者にしかわからない細かな情報や知識を得ることができます。そういった経験談を聞くことで、仕事への理解をより深めることが可能になります。

『 体力がある 』

十分に兼ね備えている

体力がある人はキャディという仕事に向いています。なぜなら、ゴルフコースは広く、ゴルフクラブのセットは重いからです。長い時間重いものをもって歩いても、疲れないぐらいの体力は必要です。また運んでいる最中に利用者などからアドバイスを求められることもあります。そういったときには的確に答えないといけないので、頭を使えるようにしておかなければ仕事にならないでしょう。自己管理を徹底し、体調を万全にすることもキャディには求められます。ゴルフは室外で行われるスポーツのため、天候に左右されます。気温差や強い日差しなどに耐えることも必要です。

『 運転が得意 』

兼ね備えていない

ほとんどのゴルフ場ではゴルフカートを使って移動するのが一般的になっています。ゴルフカートは種類も豊富にあるので、操作方法も場所ごとに違ってきます。運転が得意な人ならば、自分が運転したことのないカートでもすぐに乗りこなすことが可能です。悪天候時にカートを運転しなくてはならない場合もあるので、快適な運転をするためには運転技術が不可欠になります。

『 ゴルフの専門知識を持っている 』

あまり兼ね備えていない

キャディにはハウスキャディとプロキャディの2種類があります。どちらのキャディになるのにも資格はいりませんが、ゴルフに関する専門的な知識は求められます。特にプロキャディはプロのゴルファーにアドバイスを求められるので、生半可な知識では仕事になりません。正確な知識も当然求められるので、常に最新の知識を吸収することが不可欠です。

『 探究心がある 』

十分に兼ね備えている

ゴルフの用具は日々新しいものが生まれています。キャディとしてアドバイスをするためには、ゴルフ用具ごとの癖や特徴を掴んでおく必要があるでしょう。ゴルフ用具は高いのですべてを揃えるのは難しいです。ゴルフ専門店には最新の用具が飾られているので、専門店を利用することもできます。店員から情報を聞いたり試し打ちすることもできるため、お金をかけなくても学ぶことは可能です。根気よく知識を学べる人がキャディには向いています。

スポンサーリンク

『 清掃作業が好き 』

兼ね備えていない

キャディの仕事の中には、えぐれてしまった芝を見つけて直したり、汚れてしまった用具を綺麗にしたりする仕事も含まれています。一般的なキャディのイメージとは違いますが、重要な仕事です。そういった補修や清掃が好きな人は、キャディに向いています。

『 細かな配慮ができる 』

だいぶ兼ね備えている

ゴルフは繊細な感覚が求められるスポーツです。プロでなくても結果を出すためには、集中してプレイを行う必要があります。プレイヤーに帯同してラウンドを進めていくキャディにも、当然繊細さが求められてきます。利用者の打つ時の癖ややってほしいこと・やってほしくないことを把握して、細かな配慮をすることがキャディには求められるのです。

『 忍耐強くめげない 』

兼ね備えていない

キャディは覚えることの多い仕事です。一番最初に研修を受けますが、期間は短いのですべてを完全に覚えることは難しいでしょう。深い仕事の知識については働きながら学ぶことになります。実際にホールを回りながら学ぶことになるので、失敗してお客様に怒られることも多いです。仕事を覚えている期間に何度も怒られたとしても、めげずに仕事を続けられる人がキャディという仕事に向いていると言えるでしょう。ちなみに研修中も給与が発生するので、覚えておくといいでしょう。

『 人のサポートが得意 』

兼ね備えていない

ゴルフを実際に行うのは選手や利用者です。キャディの仕事は利用者がホールを回っている間、影となってサポートすることです。ですから利用者にストレスを感じさせず、自然にサポートできる適性のある方がキャデイの仕事に向いていると言えます。具体的にはラウンドを回る際に必要となるクラブを利用者に差し出したり、玉の飛んでいく位置を伝えたりすることがキャディの仕事です。本当に危険な時にファーと言って他のグループに伝えるのも、キャディの仕事に含まれます。

『 早起きが苦にならない 』

だいぶ兼ね備えている

ゴルフは早朝から行うスポーツなので、朝に強い人のほうが向いています。キャディの仕事にはコースを回る前の準備まで含まれているため、利用者や選手よりも早く起きていなければなりません。寝坊などをしないようにするためには、早く就寝することを習慣化しておく必要があります。規則正しい生活が苦にならない人のほうがこの仕事に向いているでしょう。朝に強いかどうかは体質によりますが、生活習慣によって改善することもできます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのキャディ適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る