理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

バイヤーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今バイヤーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいバイヤーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

バイヤーに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのバイヤー適性診断結果

あなたの適性度は41%で、バイヤーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。バイヤーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

バイヤーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.センスが良いと言われる
2.掘り出しものを見つけるのが好き
3.頻繁に出張するのが苦でない
4.大胆な性格
5.分析力がある
6.トレンドに敏感
7.外国語が得意
8.体力や健康に自信がある
9.休みが少なくても気にならない
10.交渉力がある
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
バイヤー適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 センスが良いと言われる 』

兼ね備えていない

さまざまなバイヤーがいますが、商品を買いつける際には、皆に気に入ってもらえるようなセンスの良いものを見つけなければなりません。自分だけが好きそうなデザインのものを買いつけしてきても、売れない可能性があります。「これはこれから流行りそう」などと、商品を見極めるセンスの良い人はバイヤーに向いています。逆に、あまり自分のセンスを褒められたこともなく、自分も自信がないと思っている方はバイヤーに向いていないでしょう。

『 掘り出しものを見つけるのが好き 』

兼ね備えていない

一見そんなにおしゃれなものが売っていなさそうなお店でも、皆が「これ可愛い」「センスある」という掘り出しものを見つけるのが上手な方はバイヤーが向いています。実際、次に流行りそうなものを予想し、数多くの商品の中からヒットしそうなものを探さなければなりません。掘り出しものを見つけるのが上手な人は、良い商品を買いつけに行った時にもゲットするのが得意でしょう。逆に、あまり掘り出しものを見つけた経験がない方は、合わないかもしれません。

『 頻繁に出張するのが苦でない 』

そこそこ兼ね備えている

バイヤーは、日本に留まらず海外まで行って良さそうな商品がないか探します。普段から旅行などで海外に行くことも多く、知らない土地に行くのも苦痛ではない人にバイヤーの仕事は合っています。逆に、良いものを探すのは好きでも、海外など見知らぬ土地に行くのは不安で行けない・・・と思っている方にはバイヤーは向かないでしょう。ほとんどの日本人が行ったことのない地域などでも、気にしないで行けるくらいの気持ちの方は向いています。

『 大胆な性格 』

兼ね備えていない

正直自分がバイヤーとして選んできたもののすべてが、市場で販売した時に売れるかどうかはわかりません。買いつけてきた商品の中で最も自信があるものが、意外に一番反応が悪かったという時もあります。しかし、失敗ばかりを恐れてしまうと行動はできません。もしかしたら売れないかも・・・という心配があっても、まずはチャレンジする大胆さを持っている人はバイヤーに向いています。慎重すぎる人はバイヤーに向いていません。

『 分析力がある 』

だいぶ兼ね備えている

バイヤーとして活躍するためには、ある程度何を皆が求めているのか分析力も必要とします。自分だけの好みを表に出して買いつけてしまうと、いざ販売した時に皆が求めているものとズレていて売れない可能性もあります。分析する力がないと、見当違いなものばかりを集めてしまい自信をなくしてしまうかもしれません。普段から何を求められているのか分析するのが好きな方は、バイヤーに向いていると言えるでしょう。分析することで、売れる可能性も高まります。

スポンサーリンク

『 トレンドに敏感 』

あまり兼ね備えていない

今世の中で流行っているものを、敏感に感じ取れる人や調べることが好きな人にバイヤーは合っています。話題になっている商品にはさまざまな人が注目していますので、そこからヒントを得て次に人気が出そうな商品などもわかってきます。新商品が出るとつい調べてしまう、関心が常に行く方は苦にならずバイヤーの仕事ができるでしょう。商品を買いつけする時には、確実に売れそうな商品の見極めが必要で、トレンドは大いに参考になります。流行に興味がない人はバイヤーが向きません。

『 外国語が得意 』

十分に兼ね備えている

さまざまな国の言語を話せて、現地の人との日常会話ができるという人もバイヤーに向いています。より世の中の人が喜んでくれる商品を探すために、バイヤーは海外に行く機会も多いです。この時、日本語しか話せないと、現地で交渉する時に苦労してしまいます。自分の力だけで海外へ行って交渉したいと考えている場合は、英語をはじめとした外国語ができていたほうが有利です。そもそも外国語を覚える気がなく面倒と感じている人には、バイヤーは向かないかもしれません。

『 体力や健康に自信がある 』

だいぶ兼ね備えている

バイヤーは、座ってゆっくりするような仕事ではなく、日本や海外を飛び回って良い商品がないか探し回ります。時には重たい荷物を持って、長距離歩かなければいけないことも仕事中に出てきてしまうのです。もし体力がなく健康でなければ、とてもやっていられないでしょう。普段から体力づくりを行っていて、健康にも気遣った生活ができている人にはバイヤーの仕事が向いています。あまり自分の体力に自信がない人はバイヤーには向いていないかもしれません。

『 休みが少なくても気にならない 』

だいぶ兼ね備えている

きっちり8時間しか働きたくないと思っている人はバイヤーの仕事が合いません。労働時間もその時々で代わり、1ヶ月のうちほとんど休みがないこともあります。常に休みなど関係なく、良い情報があれば現地まで行きいち早く取り入れ世の中へ送り出す必要もあります。プライベートでも、仕事を考えつつ楽しむような生活になってしまうでしょう。休みと仕事をきっちり分けたいと思っている人にはバイヤーは向きません。

『 交渉力がある 』

兼ね備えていない

バイヤーになったら、企業の利益を出さなければいけません。少しでも安く仕入れて利益が出るようにする必要があるため、交渉をする場面も多いです。交渉は相手も有利に売りたいと思っていますので、駆け引きが上手でなければできません。嫌な気分にさせてしまい、仕入れ自体ダメになってしまっては意味がありません。相手を不快にさせず、自分の意見も伝えられる人がバイヤーに向いています。交渉する自信がない人は、バイヤーに向いていないかもしれません。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのバイヤー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
バイヤー適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • バイヤーに向いているか向いていないか
  • バイヤーの職業適性度
  • バイヤーに必要な10の資質
  • 解説でバイヤーに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

バイヤーとは?

バイヤーとは小売店やネットショップなどで販売する商品の買い付けをする仕事です。

販売店では取り扱う商品の種類や品質によって売れ行きが大きく変わります。

同じ商品を調達する場合にも、どこから調達するかによって調達にかかる費用が変わるため、安く仕入れて販売できた方が利益が大きくなります。

バイヤーは売れる商品を選定して、取引先を探して買い付けることにより、小売店やネットショップにとって欠かせない商品ラインナップを作り上げる職種です。

広い意味では調達した商品の管理も担当し、商品在庫の責任者としての役割を果たします。

バイヤーになるには?

バイヤーになるには小売店やセレクトショップ、ネットショップなどの経営をしている企業に就職して、バイヤー担当になることが必要です。

バイヤーになるのに資格は必要ありませんが、買い付けをするための知識と人柄が求められます。

買い付けをするには広いネットワークがあり、安く魅力的な商品を見つけて必要な数だけ購入できることが必要です。

新卒でも中途でもバイヤーになっているケースはよくありますが、営業職や販売職としてまずは採用されて販売に関連する一通りの経験を積んでから優秀な人がバイヤーになるという流れが一般的です。

バイヤーの給料・年収

バイヤーの平均年収には公的機関による客観的な統計はありません。

求人業界におけるさまざまな企業が集計した年収情報を照らし合わせると、バイヤーの平均年収は350万円~450万円程度です。

アルバイトやパートでは平均時給が1000円程度になっています。

バイヤーの年収は業界や店舗規模による差が大きいのが特徴です。

化粧品のように単価が高い商品を取り扱う店舗で働いていると年収が高い傾向があります。

また、企業規模が大きく、買い付けをする商品の数量や金額が大きい場合には、商品選定の責任も大きくなるので年収を高めにしているのが一般的です。

バイヤーの就職・転職先(求人)

バイヤーは小売店やネットショップなどを経営している企業が主な職場です。

ただ、原料を他社から購入して加工し、自社の製品を製造している企業でも原料のバイヤーが重宝されています。

他社から商品を購入している企業であれば就職先・転職先になるのが一般的です。

ただ、企業によってはバイヤーというポジションを設けずに、マーケターや営業職が買い付けをしていることもあります。

ニーズが高いのは商品を消費者に販売している小売店などを経営している中小企業です。

セレクトショップのように商品選定が重要な小売店では優秀なバイヤーが求められています。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0