理想の就活/転職のための
自己分析サイト

バス運転手に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今バス運転手の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいバス運転手に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのバス運転手適性診断結果

あなたの適性度は44%で、バス運転手の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。バス運転手を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

バス運転手に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.車の運転が好き
2.体調管理ができる
3.性格が真面目
4.ひとつのことに集中できる
5.周囲に目配りができる
6.人と触れ合うことが得意
7.マイペースを守れる
8.責任感がある
9.1人でする仕事が好き
10.休日に働くことが苦にならない
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 車の運転が好き 』

兼ね備えていない

バスの運転手ですから、車の運転が好きで苦にならないことは必須条件と言えます。当たり前のことですが、仕事内容が毎日「バスを運転する」ことなので、運転が嫌い・苦手な人では長く続けることはできません。バス運転手にも路線バス・観光バス・長距離バスなどの種類がありますが、車の運転が好きなことは全てに共通します。毎日オフィスの机に向かうよりも、ハンドルを握って車を走らせる方が好きな人にとっては天職と言えるでしょう。

『 体調管理ができる 』

そこそこ兼ね備えている

車を運転する人なら分かると思いますが、運転は座り仕事であっても体力を使うものです。同じ姿勢を長時間続けることになるため精神的にも疲れます。ストレス解消は必要ですが、暴飲暴食などで体調を崩してしまうと運転に集中できないばかりか、運転中に悪化してしまう可能性もあるため交通事故の発生リスクが高まります。そのため、バス運転手は自分の健康状態を客観視しながら体調管理できる人に向いている職業と言えます。

『 性格が真面目 』

十分に兼ね備えている

バスは、常に定刻通りに運行することが求められています。そのため真面目な性格の持ち主でなければ、毎日時間を気にしながら安全に運転することを続けるのは難しいかもしれません。また、車体には会社名が書かれているため、乱暴な運転はすぐに会社の印象に直結します。交通ルールをしっかり守りながら、誠実に仕事に向き合える真面目さがバス運転手には必要です。

『 ひとつのことに集中できる 』

そこそこ兼ね備えている

バスの運転はお客様の命を預かっているため、運転中は安全に運行することに集中しなければなりません。集中力が散漫で、余計なことを考えながら運転していると、子どもの飛び出しや他の車の急ハンドル・急ブレーキなどで事故に巻き込まれる危険性が高くなります。そのため、バス運転手は、運転のことだけに集中していられる人に適した職業です。

『 周囲に目配りができる 』

そこそこ兼ね備えている

バスには子どもからお年寄りまで、さまざまな人が乗ってきます。中には目が見えない人や、耳が聞こえない人もいるかもしれません。場合によっては運転手のサポートが必要なこともあるため、バス運転手は安全運転するとともに乗っているお客様の方にも気を配る必要があります。さらに、バスは基本的に大型なので、運転中は周囲の車はもちろんオートバイや自転車にも注意しなければなりません。このように、周囲に細かい目配りのできる人がバス運転手に向いています。

スポンサーリンク

『 人と触れ合うことが得意 』

あまり兼ね備えていない

バス運転手は、ただ黙って運転するわけではありません。○○に行くにはこのバスでいいのか、このバスは○○というバス停に止まるかなど、お客様やそれ以外の人との接触も多くあります。ぶっきらぼうな応対では会社へのクレームにつながることもあるため、人と触れ合うことが得意ではない人にはバス運転手に向いていません。明るく親しみのある人なら、会社のイメージアップにもつながります。

『 マイペースを守れる 』

そこそこ兼ね備えている

バスは定刻通りに運行することが基本ですが、交通状況によって遅れてしまうことも少なくありません。そんなときに、前に遅い車がいたり、信号ごとに止まってしまうとイライラするような人はバス運転手には不向きです。また、ときにはお客様から到着が遅いなど文句を言われることもありますが、怒って乱暴な運転になると思わぬ事故につながります。どのような状況であっても、マイペースを守り安全運転を第一に考えられる人がバス運転手に向いています。

『 責任感がある 』

あまり兼ね備えていない

バスを安全に運行するためには、さまざまなチェックが必要です。毎日運転する前に点検箇所をしっかりと確認することや、業務終了後にバスの内部に忘れ物や故障している箇所がないかの確認もバス運転手にとって重要な仕事です。このように運転前から運転後まで、自分で責任を持って最後まで業務を遂行できる人がバス運転手に向いています。

『 1人でする仕事が好き 』

あまり兼ね備えていない

バス運転手は基本的に1人でする仕事です。オフィス内の仕事では、同僚や他の部署の人との交流がありますが、バス運転手は勤務のほとんどの時間を1人で過ごすことになります。観光バスの添乗員や長距離バスの2人体制など複数人の場合もあるものの、運転は1人でしなければなりません。そのため、バス運転手は1人で黙々と仕事をすることが好きな人に向いている仕事と言えます。

『 休日に働くことが苦にならない 』

十分に兼ね備えている

バスを含む公共交通機関は、基本的に365日年中無休です。多くの人が休日の土日祝日でも、スケジュール通りに運行しなければ移動に困る人が大勢います。もちろん休日はありますが、スケジュールによっては土日祝日でも仕事になることがあるので、「人が休んでいるときには働きたくない」と思うような人には向いていない職業と言えるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのバス運転手適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る