理想の就活/転職のための
自己分析サイト

建築設備士に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今建築設備士の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい建築設備士に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの建築設備士適性診断結果

あなたの適性度は59%で、建築設備士の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。建築設備士を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

建築設備士に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.様々な分野の勉強をするのが好き
2.コミュニケーション能力が高い
3.真面目でこつこつと働ける
4.資格取得の勉強が苦でない
5.図面を見たり描くのが好き
6.自分の実力を客観的に評価できる
7.社会へ貢献するのが好き
8.責任感がある
9.建物の内部に興味がある
10.几帳面で細かな点までチェックできる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 様々な分野の勉強をするのが好き 』

あまり兼ね備えていない

建築設備士は建築設備の設計や工事に関するサポートを行う仕事です。建築設備の設計には配管や空調に関する知識、給排水衛生設備に関する知識、電気設備などに関する知識など様々な分野の知識を身につけておかなければなりません。このため様々な勉強をすることが苦にならない人が建築設備士には向いています。わからないことがあったら自分で調べてみたり、周りの人に質問してみたりと、わからないことをそのまま放置するのではなく、積極的に理解できるように努力していかなければなりません。

『 コミュニケーション能力が高い 』

十分に兼ね備えている

建築設備士は自分で建築物の設計を行うことはあまりなく、建築士にアドバイスする形で仕事に参加するのが一般的です。このためコミュニケーション能力が高い人は建築設備士として働きやすいでしょう。いくら色々な知識を持っていてもそれをうまく同僚に伝えられなければ、建築設備士として仕事をするのは難しいです。挨拶などもきちんと行い、日頃から一緒に働く人との仲を良好に保つようにしましょう。

『 真面目でこつこつと働ける 』

だいぶ兼ね備えている

毎日真面目にこつこつと働ける人は、建築設備士にもうってつけです。建築設備士として働く時は真面目さが大切となります。仕事中にスマホばっかり見ていたり、雑談ばかりして仕事をしないような人は建築設備士には向いていません。高度な専門知識が問われる建築設備士は、その知識の信頼性まで求められることが多いです。いいかげんなことを言わず、真摯な気持ちで仕事に向き合えば建築設備士として立派にやっていけるでしょう。

『 資格取得の勉強が苦でない 』

だいぶ兼ね備えている

建築設備士の資格を取得して4年以上実務経験を積むと、一級建築士の受験資格を得ることができます。建築設備士として働きつつ資格の試験も受験するようなバイタリティの強い人は建築設備士に向いています。建築設備士としての働きを次へのステップとしてうまく活用すれば、様々な資格を取得できるかもしれません。一級建築士以外にも、社会保険労務士などの受験資格も得ることができるので、ステップアップを目指す人には建築設備士はぴったりなのではないでしょうか。

『 図面を見たり描くのが好き 』

あまり兼ね備えていない

建築設備士の仕事では図面と向き合う機会も多くなります。日頃から図面を見るのが好き、図面を描くのが得意という人には建築設備士という職は天職なのではないでしょうか。図面の内容を深く理解することで仕事がやりやすくなりますし、同僚のサポートもよりスムーズに実行しやすくなります。建築設備士として働く時は、まずは図面を見ることからはじめてみるといいでしょう。

スポンサーリンク

『 自分の実力を客観的に評価できる 』

そこそこ兼ね備えている

自分の実力を客観的に評価できる人は建築設備士に向いています。建築設備士が在籍する企業は建築設備士が在籍していない企業よりも業界や顧客からの評価が上がりやすいです。冷静に自分の市場価値を見抜ける建築設備士は、良い企業とも出会いやすいです。自分にとって働きやすい企業が見つかれば、仕事をするのも楽しくなるかもしれません。建築設備士としての自分の実力をうまく企業にアピールできる人は、立派に建築設備士として働いていけることでしょう。

『 社会へ貢献するのが好き 』

そこそこ兼ね備えている

建築設備士は公共施設の設計にも関わることがあります。このため建築設備士は社会へ貢献するのが好きだという人にもうってつけの職業です。自分が協力して建設された公共施設を、地域の様々な年代の人が利用している場面を見ることができれば、この仕事をしていて良かったというやりがいを感じることができるでしょう。公共の施設の設計に関われる機会がある建築設備士は、社会に恩返しがしたい方にぴったりです。

『 責任感がある 』

十分に兼ね備えている

建築設備士という仕事には常に責任がつきまといます。もし適切な仕事ができなければ、事故が起きる危険性もあるからです。そのため建築設備士という仕事に向いているのは、責任感の強い人だといえるでしょう。自分の知識を最大限に活かし、仕事に誇りをもって向き合える人は、建築設備士として活躍できることでしょう。

『 建物の内部に興味がある 』

十分に兼ね備えている

建築士は建物全体の設計を行うのが主な仕事ですが、建築設備士の場合は建物の内部にある空調や換気設備、電気配線などについて目を光らせるのが主な仕事内容となります。建物の内部構造や設備に興味があれば、建築設備士として活躍することができます。外部ではなく内部に気を配ることは一見地味にも思えるかもしれませんが、欠陥のない建物を作るためにはなくてはならない仕事です。縁の下の力持ち的な働き方が好きな人は、建築設備士にぴったりです。

『 几帳面で細かな点までチェックできる 』

兼ね備えていない

建築設備士として働く時は、様々な資料や設計図をチェックしなければなりません。なにか見落としている危険性はないか確認しなければならないため、細かく資料を見る必要があります。細かいところまで念入りにチェックができる人は、建築設備士にうってつけです。几帳面で細かな作業が得意なら、設備の不備にも敏感に気付けることでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの建築設備士適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る