理想の就活/転職のための
自己分析サイト

構成作家に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今構成作家の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい構成作家に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの構成作家適性診断結果

あなたの適性度は41%で、構成作家の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。構成作家を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

構成作家に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.人を楽しませることが好き
2.企画力がある
3.文章力がある
4.日本語に詳しい
5.流行に敏感
6.今人気の芸能人に詳しい
7.プレゼンテーション能力が高い
8.体力に自信がある
9.気配りができる
10.コミュニケーション能力が高い
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 人を楽しませることが好き 』

兼ね備えていない

構成作家は番組の企画に携わる職業です。そのため自分のやりたいことを実現したいという気持ちが強すぎて、視聴者を楽しませるという気持ちが疎かになっている人もいるかもしれません。しかし、番組の企画を考えるときには視聴者に楽しんでもらうことが重要になります。人を楽しませたいという気持ちが強い人ほど、構成作家に向いていると考えられます。ときには利益を無視して視聴者の楽しめるものを優先することが人気の構成作家に求められる要素かもしれません。

『 企画力がある 』

兼ね備えていない

構成作家は視聴率の取れるような面白い企画を発案できることが大切です。既に何度も放送されているような番組の企画をマネしているだけでは視聴者は飽きてしまいます。ときには視聴者の意表を突くような斬新な企画も必要になるでしょう。そのため普段から面白い企画を考え続けている人ほど、構成作家に対する適性が高いと言えます。若いうちは企画がボツになることも珍しくないので、とにかく企画を発案し続ける訓練も大切になるでしょう。

『 文章力がある 』

兼ね備えていない

構成作家は番組の企画を発案するだけが仕事ではありません。その企画が採用されることになったら、構成作家は番組の台本を作る仕事も任されるようになります。この台本がしっかりと作り込まれていないと司会者やタレントといった演者がスムーズに番組を進行できなくなるので、構成作家の台本作りは重要なポイントです。台本を作り込むためには文章力が必要になるので、文章力の高い人が構成作家に向いていると言えます。

『 日本語に詳しい 』

十分に兼ね備えている

構成作家の作った台本に沿って番組が進行されていくので、台本に間違った日本語が書き込まれていると間違った情報が発信されてしまうことになるでしょう。誰かが誤用を訂正してくれれば大きな問題にはなりませんが、訂正がなければ大量にクレームが来ることも考えられます。そのような事態を回避するためにも構成作家は日本語を学んでおくことが大切だと言えます。元々日本語に詳しいという人は構成作家に向いているでしょう。

『 流行に敏感 』

そこそこ兼ね備えている

構成作家はその時代の流行りに沿った番組作りも求められます。そのため常に流行っているものが何かを知っている必要があるでしょう。元々流行りのものが好きな人や流行に敏感な人は構成作家に向いています。流行っているものであれば何でも情報収集しておくのが構成作家として成功する秘訣でしょう。特にファッションや流行語、流行りの食べ物などの情報は率先して仕入れておくのが良いと言えます。

スポンサーリンク

『 今人気の芸能人に詳しい 』

だいぶ兼ね備えている

構成作家はタレントの起用を任されることもあるでしょう。しかし、自分の好きな人ばかりを呼んでしまうのは番組作りの正しい姿とは言えません。そのときの人気タレントを率先して起用していくのも視聴率の高い番組を作るには大切なポイントです。場合によっては一時期流行っていたタレントをカムバック起用するのもウケる可能性があります。このようにタレント起用のバランス感覚は構成作家に必須のスキルです。特に人気タレントの起用は重要なので、タレントの流行りに敏感な人ほど構成作家に対する適性が高いと考えられます。

『 プレゼンテーション能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

構成作家はどれだけ面白い企画を発案していても、その企画が採用されなければ意味がないと言えます。企画を採用してもらうためには、いかにその企画が面白いものなのかを伝える必要があるでしょう。ただ面白いだけでなく視聴率も取れるものだというアピールも重要になります。企画を通すためのプレゼンテーションは避けては通れない部分なので、プレゼンテーションの能力が高い人が構成作家に向いています。

『 体力に自信がある 』

兼ね備えていない

構成作家は複数の企画を掛け持ちしているケースが多く、その企画を同時進行させなければならないことも珍しくありません。この企画の同時進行を実現するためには睡眠時間を削らなければならないこともあるでしょう。生活リズムも不規則になりやすい仕事だと言えます。睡眠時間が短い状況や生活リズムが崩れてしまう状況に陥ったとしても、体調を崩さないような体力を持っている人が構成作家に向いていると考えられます。

『 気配りができる 』

兼ね備えていない

構成作家はあらゆる人への気配りが求められます。スタッフへの気配りができていれば良い番組を作りやすくなります。タレントへの気配りができれば、何度も自分の番組に出てくれる可能性が高くなるでしょう。このように良い番組作りには周囲への気配りが欠かせません。普段から周りへの気配りができる人が構成作家に向いています。

『 コミュニケーション能力が高い 』

十分に兼ね備えている

構成作家はタレントやスタッフ以外にもプロデューサーやディレクターといった人とも会話を交わす機会が多いです。頻繁にコミュニケーションを取ることで、より良い番組作りを進めるのが目的となります。そのためコミュニケーション能力が高い人ほど、構成作家に対する適性が高いでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの構成作家適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る