理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

ブライダルスタイリストに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今ブライダルスタイリストの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいブライダルスタイリストに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

ブライダルスタイリストに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのブライダルスタイリスト適性診断結果

あなたの適性度は51%で、ブライダルスタイリストの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。ブライダルスタイリストを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

ブライダルスタイリストに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.段取りよく進行できる
2.人を喜ばせるのが好き
3.コミュニケーション能力が高い
4.注意力がある
5.ファッションセンスが高い
6.冷静に対応する能力がある
7.体力がある
8.勉強への熱意が強い
9.提案力がある
10.気遣いができる
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
ブライダルスタイリスト適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 段取りよく進行できる 』

そこそこ兼ね備えている

ブライダルスタイリストに向いている人の特徴というと、段取りよく仕事をこなせることが挙げられます。結婚式当日は、時間が制限される中で花嫁の着付け、ヘアセットやメイクなどを行わなければいけません。段取りよく仕事をこなしていかないと、結婚式の進行が滞ってしまいます。したがって、一歩先まで考えながら段取りよく仕事を進められる方はブライダルスタイリストに向いています。

『 人を喜ばせるのが好き 』

そこそこ兼ね備えている

ブライダルスタイリストに必要なスキルと言えば、人を喜ばせるのが好きなことも挙げられます。ブライダルスタイリストは、新郎新婦が唯一頼ることができる存在です。ほとんどの新郎新婦は初めて結婚式を挙げるため、ドレス選び、アクセサリーやブーケの選定について、ブライダルスタイリストにアドバイスを求めてきます。一度決めたことが二転三転するケースも少なくないので、新郎新婦が納得するまで付き添う気持ちがなければ優れたブライダルスタイリストになれません。

『 コミュニケーション能力が高い 』

十分に兼ね備えている

コミュニケーション能力が高いのもブライダルスタイリストとして働くために必要なスキルです。ほとんどの新郎新婦は結婚式を初めて挙げるので、最初のうちは緊張して自分たちが理想とするドレスをうまく伝えられないことが多いです。そのため、ブライダルスタイリストは新郎新婦に積極的に話しかけて緊張をほぐして、信頼関係をしっかりと築く必要があります。また、ブライダルスタイリストは結婚式場のスタッフ、美容師などとも連携して働くため、物事を明確に伝えられるコミュニケーション能力は必須です。

『 注意力がある 』

兼ね備えていない

ブライダルスタイリストとして活躍するには、注意力も必要なスキルです。ブライダルスタイリストは、結婚式当日に新婦についてドレス周りのサポートを行います。その際、ドレスを着慣れていないと躓きやすいので、ブライダルスタイリストはしっかりと注意して新婦を支えないといけません。また、新郎新婦の髪が乱れていないか、ドレスにシワはないか詳細にチェックする必要があります。ブライダルスタイリストがチェックを怠ると新郎新婦が恥をかく可能性があるので、注意力が求められる仕事といえます。

『 ファッションセンスが高い 』

そこそこ兼ね備えている

ブライダルスタイリストに必要なスキルというと、高いファッションセンスも挙げられます。そもそも新郎新婦のスーツやウェディングドレスなどを提案する仕事なので、ファッションセンスが高くなければ似合う衣装を提案できません。ファッションセンスが高ければドレスの雰囲気に合ったメイク、ヘアスタイルも提案できるので、周囲から信頼されるブライダルスタイリストになれます。

スポンサーリンク

『 冷静に対応する能力がある 』

だいぶ兼ね備えている

結婚式当日は、不測の事態が発生して予定通りに式が進まないこともあります。したがって、ブライダルスタイリストには冷静に対応するスキルが求められます。予想外のことが起こった際に冷静に状況を判断してうまく対応できれば、新郎新婦にとって満足いく結婚式になるからです。

『 体力がある 』

あまり兼ね備えていない

体力があるのもブライダルスタイリストに向いている人の特徴です。結婚式当日というのは、朝から晩までずっと働きっぱなしになります。新郎新婦のために会場内を動き回るため、体力がないとやっていけません。とりわけ休日は結婚式が立て続けに行われるので大変です。ブライダルの仕事は華やかなイメージですが、体力勝負だということを認識した方が良いです。

『 勉強への熱意が強い 』

兼ね備えていない

ブライダルスタイリストとは、新婦の美しさをメイクアップやヘアメイクで引き出す仕事です。そのため、ファッションや美容の勉強を熱心にできる人が向いていると言えるでしょう。日頃から、どのようなドレスが流行っているのか、どのような色が人気なのかを勉強することで、自身の感性を磨けます。その結果、一目置かれるブライダルスタイリストになれます。

『 提案力がある 』

そこそこ兼ね備えている

提案力もブライダルスタイリストとして働くために欠かせないスキルです。どのようなドレスが自分に似合うのか、どのようなメイクにしたらいいのか悩んでしまう新婦は少なくありません。したがって、ブライダルスタイリストは新婦の体型や好みを把握して、似合うドレスを提案する能力が必要です。

『 気遣いができる 』

十分に兼ね備えている

気遣いができるのもブライダルスタイリストに向いている人の特徴といえます。新郎新婦は、挙式を迎えるまで様々な不安を抱えているものです。そのため、ブライダルスタイリストは不安な点を聞いてあげて、解決できるようにさりげなく気遣ってあげることが求められます。もちろん結婚式の最中も緊張する新郎新婦は多いので、さりげなく話しかけてリラックスさせるのも重要です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのブライダルスタイリスト適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
ブライダルスタイリスト適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • ブライダルスタイリストに向いているか向いていないか
  • ブライダルスタイリストの職業適性度
  • ブライダルスタイリストに必要な10の資質
  • 解説でブライダルスタイリストに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

ブライダルスタイリストとは?

ブライダルスタイリストの仕事は、結婚式における新郎新婦の衣装や小物選びです。

最初に新郎新婦と打ち合わせを行って、結婚式の衣装に関する要望を聞きます。

要望を聞いたうえで、ウェディングドレスなどの衣装やジュエリー、さらにはコーディネートなどを提案していきます。

また選んだら終わりという仕事ではなく、結婚式当日の着付けのサポートや衣装などの管理を行うのもブライダルスタイリストにとって大切な仕事です。

新郎新婦の要望に合わせた衣装選びだけではなく、本人の雰囲気に合った衣装や小物を提案することもブライダルスタイリストに求められる能力の1つです。

ブライダルスタイリストになるには?

ブライダルスタイリストになるための資格はないため、ウェディングプロデュース会社や結婚式場もしくはホテルなどに就職してブライダルスタイリストを目指すのが一般的です。

最初は職場の先輩に教わりながら、徐々に大きな仕事を任せてもらえるようになります。

またブライダルスタイリストとしてより良い提案ができるようになるためには、服飾やブライダルさらには美容に関する知識が必要です。

そこでブライダルスタイリストを目指すなら、美容関連の学校で学ぶもしくは美容関連の資格を取得しておくのも1つの手です。

美容師の資格を持っている方であれば、ヘアメイクも含めてトータルコーディネートを担当できます。

ブライダルスタイリストの給料・年収

複数の調査によるとブライダルスタイリストにおける平均年収は、300万円~400万円ほどです。

初任給は月収15万円~18万円という場合が多く、年収で考えると初年度は200万円前後の収入になります。

長く勤務して経験を積んでいくことで、収入アップが期待できる職業です。

また同じブライダルスタイリストの仕事でも、就職先によって給与には差が見られます。

長く勤務することで、職場によっては年収500万円前後を目指すことも可能です。

さらに独立してフリーランスになることで、安定して仕事を獲得できれば、ホテルや結婚式場に所属するより多くの収入を得るチャンスがあります。

ブライダルスタイリストの就職・転職先(求人)

ブライダルスタイリストにおける主な職場は、ウェディングプロデュース会社もしくはホテルや結婚式場です。

フリーランスで働く場合でも、ホテルや結婚式場と専属契約を行って仕事をするケースがほとんどです。

またブライダル企業のドレスショップで働く場合もあります。

職場が異なる場合でも、結婚式の衣装にこだわりたい新郎新婦に適切なアドバイスをするという共通点があります。

実際にどのような結婚式にする予定なのか、求める雰囲気は何かヒアリングを行うことで、利用者からの評価が高いブライダルスタイリストを目指すことが可能です。

利用者からの評価が高まると、同じ職場で働くブライダルスタイリストをまとめる立場として働ける可能性もあります。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0