理想の就活/転職のための
自己分析サイト

ブリーダーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今ブリーダーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいブリーダーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのブリーダー適性診断結果

あなたの適性度は53%で、ブリーダーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。ブリーダーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

ブリーダーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.動物が好き
2.責任感がある
3.向上心がある
4.コミュニケーション能力がある
5.地道に動物の世話をできる
6.基礎体力がある
7.誠実で人間性に自信がある
8.細かいことに気がつく
9.計画性がある
10.長所を上手くアピールする事が得意
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 動物が好き 』

十分に兼ね備えている

ブリーダーは動物に関わる仕事であるため、動物が好きということが大前提になります。動物が好きでないと続けられない仕事であるため、動物が苦手な人は選択肢から外すのが賢明です。動物の世話をするということは、排せつの始末や食事の世話、掃除など、さまざまな作業が含まれます。時には10匹以上の動物の世話をすることもあるため、その状況を楽しめる人にブリーダーとしての資質が備わっているといえるでしょう。

『 責任感がある 』

そこそこ兼ね備えている

ブリーダーは命を扱う仕事であるため、生半可な気持ちで踏み込むのは許されません。責任を持って世話ができる人のみが従事すべき仕事と言えます。ブリーダーは食事の世話や掃除、排せつの処理などを毎日行わねばならず、しかも休みがありません。動物が病気になった時は、つきっきりで看病しなければならないこともあります。どんなに疲れていても、動物第一で行動できる責任感がある人に向いています。

『 向上心がある 』

あまり兼ね備えていない

ブリーダーの仕事は、機械作業のようにマニュアルがあるわけではありません。人から教えてもらうことも難しく、自分で研究して繁殖させることになります。しっかり育て上げ新しい家族を見つけることで、ブリーダーとしての自信をつけることができるのです。そのため、ブリーダーは自分で情報を集めたり、動物関連のセミナーに参加したりなど向上心がある人に向いている仕事です。

『 コミュニケーション能力がある 』

十分に兼ね備えている

ブリーダーは動物を相手にする仕事であるためコミュニケーション能力が必要ないと思われがちですが、獣医さんや顧客、ペットショップのスタッフなど、様々な人とコミュニケーションを取らなければなりません。コミュニケーションを取ることで動物を繁殖させるために有益な情報を得たり、販売ルートを開拓したりすることができます。ブリーダーとして独立している場合は、特に縦や横との繋がりが大切になるため、コミュニケーション能力は必須です。

『 地道に動物の世話をできる 』

そこそこ兼ね備えている

ペット一匹の世話をするのも大変ですが、ブリーダーは複数の動物の世話をしなければなりません。餌を与えたり、排泄物を掃除したり、散歩させたりなど、動物の数が多いほど世話も大変になります。また、子犬が産まれたら全員がミルクを飲めているかチェックしたり、母犬がしっかり母乳を出せるように健康状態に気を配ったりしなければなりません。ブリーダーは、地道に世話を続けられる人に向いている仕事です。

スポンサーリンク

『 基礎体力がある 』

兼ね備えていない

ブリーダーの仕事は、ほとんどが体を使ったものであるため基礎体力が必要です。出産は夜中であることが多いため、明け方まで分娩に立ち合った後に、寝る暇もなく食事の用意や掃除をすることもあります。体力がない人は、途中で倒れてしまうでしょう。労働基準法からは程遠い働き方となるため、特に出産時期が近づくと体力をつける必要があります。

『 誠実で人間性に自信がある 』

兼ね備えていない

誠実であることも、ブリーダーに求められる資質です。動物に対して誠実であるのはもちろん、顧客に対しても誠実である必要があります。劣悪な環境で出産させたり、病気であることを隠して顧客に売りつけたりするなどもってのほかです。誠実な対応をしていると、自然と評価も高まり購入したいというお客さんも増加していきます。ブリーダーは、人間力が求められる仕事でもあります。

『 細かいことに気がつく 』

あまり兼ね備えていない

動物は話すことができないため、いつもより食欲がない、一日中動かずぐったりしているなど、普段と違う行動をすることで病気だと気づくことがあります。そのため、ブリーダーは細かいことに気がつく観察力も必要になります。ちょっとしたサインを見逃してしまうと、症状がかなり悪化するまで病気であることに気づかなかったり、流産してしまったりする可能性もあります。

『 計画性がある 』

十分に兼ね備えている

ブリーダーは計画的に繁殖させなければならないため、計画性があることも大事です。出産の時期が重ならないように繁殖させるなど、ビジネスとして成立させるにはプランが必要になります。多くの子犬が産まれても買い手が見つからないことがあるため、「今回のヒートではこの犬を繁殖させ、別の犬は休ませる」などと計画して、生まれる子犬の数をコントロールする必要もあるでしょう。

『 長所を上手くアピールする事が得意 』

十分に兼ね備えている

どれだけ血統の良い子犬が産まれたとしても、買い手がいなければブリーダーを続けていくことはできません。そのため、ブリーダーにはマーケティング能力も求められます。ホームページを作成するほか、SNSを使って子犬を宣伝するなど、上手に使いこなすことが大事です。子犬の可愛い動画をあげることで、売却に繋がることもあります。ブリーダーは、基本的な商売の知識も持っておく方が良いでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのブリーダー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る