理想の就活/転職のための
自己分析サイト

ブックデザイナー適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今ブックデザイナーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいブックデザイナーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのブックデザイナー適性診断結果

あなたの適性度は56%で、ブックデザイナーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。ブックデザイナーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

ブックデザイナーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.とにかく本が好き
2.デザインが好きで得意
3.人の話を素早く理解する力が高い
4.情報収集が得意
5.柔軟な思考ができる
6.スケジュール管理ができる
7.想像力がある
8.色彩センスがある
9.パソコン操作が得意
10.営業力がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 とにかく本が好き 』

あまり兼ね備えていない

ブックデザイナーの仕事は、本の魅力を最大限に引き出す事です。書店に並んだ時に、印象的な表紙というのは人々の視線を集めます。ですが、本の内容とデザインが一致しなければ読んだ人に不快感を与える可能性があります。ブックデザイナーは、事前に本の内容を熟読しふさわしいデザインを考える事が大切です。本が好きな人なら、読書が苦になる事もないため作業がはかどりやすくなります。

『 デザインが好きで得意 』

あまり兼ね備えていない

ブックデザイナーは、様々な作品を手掛ける事があります。恋愛やアクション、ホラーと本のジャンルは多彩です。ワンパターンのデザインでは、斬新さや面白みに欠けますし、できる作品も少なくなってしまいます。デザインを見る事が好きな人は、日頃からアイデアが浮かびやすい傾向にあります。ジャンルに合わせたバリエーション豊かなデザインを描く事も可能です。

『 人の話を素早く理解する力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

ブックデザイナーだけの意見で、本のデザインが完成するわけではありません。出版社に何度も通ったり、担当者と電話やメールで意見を出し合って1つの作品が完成するのです。理解力がある人は、相手が何を表現したいのかがわかるため、すぐにデザインに反映させる事も可能です。理想通りの作品が完成するため、相手の満足度にも繋がります。

『 情報収集が得意 』

だいぶ兼ね備えている

ブックデザイナーは、1つの作品を完成させるために様々な情報を収集する必要があります。本の内容はもちろんの事、作者や出版社の意図についても知っておく事が大切です。また、流行しているデザインや色などについても、幅広い知識を持っておくと役立ちます。日頃から、情報を集める事が好きだという人はブックデザイナーの素質があります。

『 柔軟な思考ができる 』

十分に兼ね備えている

ブックデザイナーは、様々な事情からデザインの変更を余儀なくされる場合もあります。この時に、臨機応変な対応ができなければ出版社の期待に応えられない可能性もあります。ブックデザイナーは、自身のデザインに愛着を持っている人が多く、途中で変更するのを躊躇う事もあります。ブックデザイナーとして活躍するには、気持ちの切り替えも大切です。

スポンサーリンク

『 スケジュール管理ができる 』

そこそこ兼ね備えている

ブックデザイナーは、決められた納期までに作品を完成させる事が必要です。なぜなら、デザインが完成すればそれで終わりというわけではありません。そこから、試し刷りや色校正まであらゆる手順を踏んで出来上がるのです。もし、ブックデザイナーが納期を遅らせてしまった場合は、全ての作業が遅れてしまい、出版そのものに大きな影響を与える可能性もあります。日頃から、スケジュール管理ができるという人は、いつまでに何をすればいいのかを計画する事も可能です。納期に遅れるという事もほとんどないため、周囲からの信頼も得やすくなります。

『 想像力がある 』

そこそこ兼ね備えている

ブックデザイナーは、時として架空の世界を描く事もあります。想像力が豊かな人は、現実にはない風景や建物、動物などを思い描く事が得意なので、頭の中に浮かんだイメージを自分の手で創り出す事が可能です。普段から、空想する事が大好きだったり、想像した物を絵で表すのが得意という人の場合は、ブックデザイナーの仕事にピッタリと言えます。

『 色彩センスがある 』

だいぶ兼ね備えている

ブックデザイナーに向いているのは、色彩センスがある人です。デザインというのは、形だけでは成立しません。その形に合う色も必要なのです。色彩センスがある人というのは、色それぞれの個性を引き出して、効果的な使い方ができます。たとえば、赤という色を1つとったとしても、その濃さが違うだけで印象がガラリと変わってしまいます。色の特徴を熟知した上で、人々の印象に残りやすいデザインを完成させられる人は、ブックデザイナーに最適と言えます。

『 パソコン操作が得意 』

そこそこ兼ね備えている

ブックデザイナーは、手描きでデザインを完成させる事もありますが、パソコンを使う場合もあります。パソコンを活用する事により、手描きでは難しいデザインが可能になります。特に、グラフィック系のソフトが使いこなせるようになると、よりデザインしやすくなります。日頃から、パソコンの操作に慣れているという人だったら、スムーズな作業ができるため、ブックデザイナーに向いていると言えます。

『 営業力がある 』

あまり兼ね備えていない

ブックデザイナーになったからといって、必ずしも仕事があるわけではありません。特に、フリーランスの場合はかなり難しくなるでしょう。時には、出版社などに対して自らを売り込む事も必要なのです。営業力というのは、単に自身の良さや魅力を相手に伝えるだけではありません。相手がどんな作品を望んでいるのかを意識する事も大切です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのブックデザイナー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る