理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

ボディーガードに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今ボディーガードの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいボディーガードに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

ボディーガードに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのボディーガード適性診断結果

あなたの適性度は44%で、ボディーガードの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。ボディーガードを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

ボディーガードに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.瞬時に適切な判断をする自信がある
2.危機管理力が高い
3.責任感がある
4.チームでの連携プレーが得意
5.礼儀作法に関する知識がある
6.英語力がある
7.運転免許を持っている
8.危険物に関する知識がある
9.冷静で感情的にならない
10.注意深く警戒心が強い
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
ボディーガード適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 瞬時に適切な判断をする自信がある 』

だいぶ兼ね備えている

ボディーガードの仕事は、クライアントを危険から守る事です。襲ってくる相手がどういった行動に出るのかを予測する事はかなり困難です。凶器を持っていたり、複数で襲ってくるという最悪なケースも考えられます。ボディーガードは、クライアントに危険が迫った時にはどういった行動をすればいいのか瞬時に判断する事が大切です。日頃から様々な状況をシュミレーションして的確な判断ができるようにしておきましょう。

『 危機管理力が高い 』

だいぶ兼ね備えている

運動神経が高いだけでは、ボディーガードとして活躍はできません。大切な事は、クライアントをいかに危険な目に遭わせないかという事です。そのためには、日頃からあらゆる事態を想定しておく事が必要です。多方面にアンテナを張り巡らせて些細な変化も見逃さないのが、ボディーガードなのです。また、危機管理ができているボディーガードというのは、安心して仕事を任せられるためクライアントからの信頼度も高くなります。

『 責任感がある 』

十分に兼ね備えている

ボディーガードは、クライアントの安全や命を守る仕事です。ほんの少しの油断で、取り返しがつかない事態に発展する可能性もあるので、責任感を持って任務にあたる必要があります。ボディーガードとして活躍したいと考えているなら、任務が終了する瞬間まで気を抜いてはいけません。責任感というのは、自然に身につくものではありません。ボディーガードとして働きたいと考えるなら、日頃から自分の発言や行動には責任を持つようにする事も大切です。

『 チームでの連携プレーが得意 』

あまり兼ね備えていない

ボディーガードというと、1人でクライアントを警護するイメージがある人もいるでしょう。ですが、実際にはチームを組む事が多いのです。それぞれの得意分野を活かす事によって、クライアントを様々な危険から守れます。単独行動を取るような事があれば、たちまち輪を乱してしまい、周囲との信頼関係も崩れてしまいます。ボディーガードを目指しているなら、連携プレーの大切さを知っておく事も大切です。

『 礼儀作法に関する知識がある 』

兼ね備えていない

クライアントによっては、かなりの地位にいる人もいます。そういった場合には、格式が高いパーティーやレセプションへ同行する事も考えられます。礼儀作法についての知識がなければ、クライアントに恥をかかせてしまいます。特に、多くの外国人が集まる場所では日本とはマナーやルールが異なるため幅広い知識が必要です。ボディーガードを目指すのなら、礼儀作法についても身につけておきましょう。

スポンサーリンク

『 英語力がある 』

兼ね備えていない

時には、海外の要人を警護するのもボディーガードの仕事です。この時に、言葉が通じないと何かと不便です。間違った指示を出してしまった場合には、クライアントからの信頼も落としてしまいます。少なくとも、日常会話ができるぐらいの英語を身につけておきましょう。

『 運転免許を持っている 』

そこそこ兼ね備えている

ボディーガードとして働くためには、運転免許は必須ではありません。ですが、持っているか持っていないかでは大きな差が出ます。たとえば、車での警護中、運転手が急に体調不良になった際には、運転できる人がいなければかなり不便です。運転免許を持っていれば、咄嗟の場合でもすぐに移動ができるため、かなり便利です。しかし、プライベートでの運転と混同してはいけません。常に、追跡されていないか、幅寄せしてくる車がないかをチェックしておく事が大切です。

『 危険物に関する知識がある 』

そこそこ兼ね備えている

クライアントを狙う犯人が、どういう方法で攻撃してくるかわかりません。時には、レストランや映画館などに爆発物を仕掛けておいたり、銃を使ってくる場合もあるのです。危険物に詳しくなければ、クライアントを危機から守る事はできません。日頃から危険物に関する知識を身につけておけば、万が一トラブルに遭遇した時にも危険を回避できます。

『 冷静で感情的にならない 』

兼ね備えていない

クライアントのなかには、失礼な態度の人もいるでしょうし、生理的に合わない人もいます。イライラしたり、腹が立った時にいちいち感情的になっていては仕事にはなりません。ボディーガードとして活躍したいと考えているなら、感情的にならないように意識しましょう。常に冷静沈着に対処をする事で、クライアントの安全を効率よく守る事ができます。

『 注意深く警戒心が強い 』

そこそこ兼ね備えている

ボディーガードは、常に警戒心を持って任務に当たらなければいけません。親しい間柄だからといって、迂闊に任務について話してはクライアントからの信頼を失ってしまいます。クライアントを狙う人間が、どこにどのように潜んでいるのかはわかりません。ボディーガードは、相手の性別や年齢、立場や肩書などにとらわれず信頼できる相手なのかどうかを判断しなくてはなりません。任務中は、油断しないように心がけておく事が大切なのです。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのボディーガード適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
ボディーガード適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • ボディーガードに向いているか向いていないか
  • ボディーガードの職業適性度
  • ボディーガードに必要な10の資質
  • 解説でボディーガードに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

ボディーガードとは?

ボディーガードの仕事は、要人やクライアントの身辺警護です。

常に行動を共にし、第三者から危害を加えられないように守る事が仕事です。

ですが、側にいるだけで全てが守れるわけではありません。

住居や会社、更には滞在しているホテルなどに不審者が入らないように見張るなど離れた所から警護する場合もあります。

また、爆発物や盗聴器が車や荷物などに仕掛けられていないか細かくチェックしたり、不審な届け物が自宅や会社にないかなど様々な危険から依頼者を守る事もボディーガードの役割です。

ボディーガードは、財産や情報など警護対象の全ての物を守る事が仕事なのです。

ボディーガードになるには?

ボディーガードには、様々な働き方があります。

警視庁警備部警護課など公的機関で働く時には、SP(セキュリティポリス)として働きます。

SPになるには、警察官採用試験に合格した後で特殊な訓練を受ける事が必要です。

皇室の方々を警護する皇宮護衛官になるためには、皇宮護衛官採用試験に合格しなくてはなりません。

合格した後は、皇宮警察学校で特別な訓練を受ける事が必要です。

民間企業で働く場合には、特に資格は必要ではありません。

警備会社に所属したり、自分で個人事務所を開業する方法があります。

持っていると有利になるのが、警備員指導教育責任者の資格です。

ボディーガードとして必要な知識を身につけている事を証明できます。

ボディーガードの給料・年収

ボディーガードの年収は、平均すると300〜700万円です。

しかし、働き方によってはばらつきがあります。

SPや皇宮護衛官の場合は国家公務員のため、俸給制度に基づいて計算されます。

平均年収は約400〜700万円です。

月給にすると約37万円となり、そこにボーナスなどが加算されます。

この年収は、勤続年数などでも変わってきます。

民間の場合は勤務する警備会社によっても違いがありますが、平均年収は約350〜650万円です。

仕事内容や日数、危険度やスキルなどで給与が変わる場合もあります。

そのため、人によっては平均年収以上の収入を得る事もあります。

ボディーガードの就職・転職先(求人)

ボディーガードの就職先は、SPの場合は警視庁警備部で、皇宮護衛官の場合は、皇居や御所の警備を行う護衛署の配属となります。

民間の場合は、警備会社への就職となります。

また、フリーランスとして働く事も可能です。

ボディーガードが働く場所は様々です。

ボディーガードの仕事は、警護の対象人物を常に危険から守る事です。

対象者の自宅や勤務先はもとより、移動する場所全てが勤務地となります。

日本は安全な国ですが、犯罪が0ではありません。

そのため、一般人でもボディーガードを雇いたいという人もいます。

ボディーガードは、将来的に見てもかなり需要が高い職業と言えます。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0