理想の就活/転職のための
自己分析サイト

競艇選手に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今競艇選手の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい競艇選手に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの競艇選手適性診断結果

あなたの適性度は45%で、競艇選手の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。競艇選手を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

競艇選手に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.運動能力が高い
2.度胸がある
3.負けず嫌い
4.努力を続けられる
5.メンタルが強い
6.状況に柔軟に対応できる
7.厳しい自己管理ができる
8.仕事中心の生活で構わない
9.忍耐力がある
10.頭の回転が速い
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 運動能力が高い 』

あまり兼ね備えていない

競艇選手は、小型のボートに乗って、他の選手と競争をします。そして、ボートを操縦するためには、手元だけで操作するのではなく、全身を使用します。特にターンをする際には、全身の体重移動が重要となります。そのため、体重移動を始めとした、適切な身体の使い方ができる、高い運動能力が必要です。昔からスポーツをしてきたなどで、運動能力の高さに自信がある人が、競艇選手に向いています。また、競艇選手になるためには、ボートレーサー養成所に入ることになります。入学試験には、体力試験が設けられているので、競艇選手としてのスタートラインに立つためにも、運動能力が必要です。

『 度胸がある 』

そこそこ兼ね備えている

競艇選手が操縦するボートは、最高で時速80kmほどのスピードがでます。ただ、水面が近いため、競艇選手が実際に感じるスピードは、時速120kmに及ぶとされています。そのような高スピードを感じながら、他の競艇選手と勝敗を競わなければなりません。場合によっては、他のボートと接触しそうになったり、実際に接触したりすることもあります。そのため、危険と隣り合わせでも、レースができるという、度胸の持ち主が競艇選手に向いています。

『 負けず嫌い 』

十分に兼ね備えている

競艇選手は、ただレースに出るだけではなく、レースで勝つことが仕事です。ボートレースには階級が設けられていて、勝率が高ければ、上位の階級に行くことができます。しかし、勝率が低いと、下位の階級に行くことになります。そして、下位の階級でも勝てないと、競艇選手として活躍することが難しくなります。最悪の場合は、引退勧告がかかります。そのため、どの競艇選手も、必死で勝利を目指します。その人たちに負けないくらい、勝ちにこだわることができる、負けず嫌いな性格をしている人が競艇選手に向いています。

『 努力を続けられる 』

兼ね備えていない

競艇選手として活躍し続けるためには、現状維持をしていてはいけません。より速いスピードでボートを操縦するためのスキルや、勝負をかけるタイミングなどのテクニックを身に付けなければなりません。また、デビューしてからある程度の期間が経過すると、身体が衰えてきます。その衰えをカバーする技術も必要となります。そのように、様々なスキルやテクニックを身に付けようと、常に努力ができる人が、競艇選手に向いています。

『 メンタルが強い 』

兼ね備えていない

競艇選手には、常に勝たなければならないという大きなプレッシャーがかかります。そして、チーム競技ではないため、そのプレッシャーはひとりで受け止めなければなりません。よって、プレッシャーに押しつぶされない、強いメンタルを持っている人が、競艇選手に向いています。また、競艇選手は、怪我に悩まされることも珍しくありません。その怪我に負けないためにも、メンタルの強さが必要です。

スポンサーリンク

『 状況に柔軟に対応できる 』

そこそこ兼ね備えている

ボートレースの会場は、屋外環境となっています。よって、雨や風などで天候でコンディションが大きく変わります。レースで勝つためには、そのコンディションに合わせて、ボートの操縦をコントロールしなければなりません。そのため、状況に応じて柔軟に対応できる、柔らかい頭の持ち主が、競艇選手に向いていると言えます。状況に関係なく、同じ操縦しかできない人は、勝ち続けるのは難しいでしょう。

『 厳しい自己管理ができる 』

そこそこ兼ね備えている

競艇選手はスポーツ選手なので、身体の自己管理をしなければなりません。特に体重は、ボートのスピードに大きく影響するため、厳しく管理する必要があります。多くの競艇選手が、食べるものの種類を制限したり、ハードトレーニングで身体を絞るといった自己管理をしています。そのような自己管理ができるという人は、競艇選手に向いています。誘惑に負けて、競艇選手として食べてはいけないものを食べてしまったり、トレーニングをさぼってしまったりする人は、競艇選手には向いていないかもしれません。

『 仕事中心の生活で構わない 』

そこそこ兼ね備えている

競艇選手は、レース中心の生活をすることになります。特にレース開催期間中は、不正防止のために、競艇選手は全員宿舎から外出禁止になります。宿舎では、起床と消灯の時間が決められている上に、スマホやパソコンといった通信機器は使用禁止です。競艇選手として働く場合、レース期間中は、ずっとその生活をすることになります。そのような生活でも、レースに勝つためであれば問題ないという人は、競艇選手に向いています。プライベートを優先したい、厳しい生活は嫌だという人は、向いていないでしょう。

『 忍耐力がある 』

あまり兼ね備えていない

競艇選手になるためには、ボートレーサー養成所に入学しなければなりませんが、簡単に合格できるとは限りません。何度も入学試験に落ちて、ようやくスタートラインに立てるという人も大勢います。そして、養成所に入学した後も、厳しい訓練を積まなければなりません。そのような、試験に何度も挑戦したり、厳しい訓練に耐えたりできる、忍耐力を持っている人が、競艇選手に向いています。また、忍耐力は、競艇選手になった後も、勝負をかけるきっかけができるまで耐えるために必要です。

『 頭の回転が速い 』

だいぶ兼ね備えている

ボートレースは、競艇選手同士の駆け引きも重要となってきます。勝負相手である競艇選手は、わざとぶつかってきたり、他の選手の後ろに張り付いたりするなど、あらゆるテクニックを使ってきます。そのテクニックに対して、すぐに対応できる頭の回転が必要です。そのため、予想外のことが起こった際に、特に深く考えなくても、すぐに答えが出せるほど頭の回転が速い人は、競艇選手に向いている可能性があります。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの競艇選手適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る