理想の就活/転職のための
自己分析サイト

バーテンダーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今バーテンダーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいバーテンダーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのバーテンダー適性診断結果

あなたの適性度は40%で、バーテンダーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。バーテンダーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

バーテンダーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.話を聞くのが上手い
2.誰とでも会話ができる
3.お酒が好き
4.お酒に詳しい
5.気配り上手
6.人のサポートが得意
7.探求心がある
8.夜に強く夜更かしが苦でない
9.体力がある
10.清潔感がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 話を聞くのが上手い 』

兼ね備えていない

バーにはお酒を飲みに来ている人ばかりではありません。お酒を飲みながら日常の嬉しかった話や悲しかった話、会社での不満なことなどを誰かに聞いて欲しいという思いで、バーを訪れる人も珍しくないでしょう。そんなときに聞き役に徹してくれるバーテンダーが居れば、客に喜んでもらえる可能性は高いです。聞き上手な人がバーテンダーであれば、「また話を聞いてもらいたいな」と思ってもらえるのでリピーターも増えます。普段から話を聞くのが上手い人はバーテンダーに向いています。

『 誰とでも会話ができる 』

兼ね備えていない

バーテンダーは聞き役に徹していればいいとは限りません。客によっては話をしてもらいたいという人もいるので、そういう客が相手になった場合は面白い話や興味深い話、ためになる話などを披露する必要もあるでしょう。しかし、どれだけ内容の良い話でも話すのが下手では魅力が半減してしまいます。そのため会話が上手な人ほど、バーテンダーに向いていると言えます。

『 お酒が好き 』

だいぶ兼ね備えている

バーテンダーはお酒を提供する立場にありますが、自分が飲まないわけではありません。客にお酒を振る舞ってもらった場合には、そのお酒を飲む必要があるでしょう。お酒が好きな人がバーテンダーになっていれば、お酒の話で客と盛り上がることもできます。バーテンダーになりたいのであれば、まずは酒を好きになるところから始めるのが良いかもしれません。

『 お酒に詳しい 』

だいぶ兼ね備えている

バーテンダーは様々なお酒を提供する必要があるため、お酒に関する知識を深めておくのが大切です。お酒に関する知識が深ければ、新しいドリンクを作れる可能性も高まるでしょう。またバーテンダーは客からおすすめのお酒を聞かれることも珍しくありません。お酒に詳しければ、その客の好みや心境に合った適切なドリンクを提供しやすくなります。

『 気配り上手 』

そこそこ兼ね備えている

気配りが上手な人はバーテンダーに対する適性が高いと言えます。バーテンダーは状況によっては客の邪魔をしない気配りが求められます。2人きりの時間を求めているカップルがいた場合は、その場を離れた方がいいでしょう。一人で飲んでいて寂しそうにしている客がいれば、声をかけてあげるのが適切かもしれません。このように状況に応じた気配りができるバーテンダーは周りからの評判が良いケースが多いです。

スポンサーリンク

『 人のサポートが得意 』

十分に兼ね備えている

バーテンダーは状況によってはアシストを求められるケースもあります。例えばプロポーズの場所に自分のバーを選んでくれた客がいた場合は、そのプロポーズが成功するようにサポートする必要があるでしょう。このような客の人生を左右する場面で適切なサポートをできる人は、バーテンダーに向いていると考えられます。

『 探求心がある 』

そこそこ兼ね備えている

バーテンダーは無数のカクテルを作れる人でもあります。その人に探求心があれば、この世に存在していないオリジナルのカクテルを生み出せる可能性もあるでしょう。オリジナルに対する探究心が高い人は、バーテンダーとしての適性が高いです。また客層に合わせたオリジナルカクテルを考案できるような人もバーテンダーに向いています。

『 夜に強く夜更かしが苦でない 』

兼ね備えていない

バーは基本的には夕方から深夜、もしくは夜から朝方まで営業しているケースが多いでしょう。営業時間は夜が基本なので朝よりも夜の方が能力を発揮できるという人がバーテンダーに向いていると言えます。夜に眠たくならない人であれば、営業終了まで元気に働ける可能性が高いです。夜型の仕事は体調を崩すこともあるので体調管理ができる人もバーテンダーに向いていると考えられます。

『 体力がある 』

そこそこ兼ね備えている

体力仕事と聞けば建築関係のような力仕事をイメージする人も多いかもしれませんが、バーテンダーの仕事も実は体力仕事の1つです。バーテンダーは営業開始から営業終わりまで立ちっぱなしで仕事を行うことも珍しくないので、体力の消耗が激しい職業だと言えます。また酒の運搬も力仕事の1つなので、ここで体力を消耗してしまう人もいます。体力に自信のある人はバーテンダーに向いているでしょう。

『 清潔感がある 』

そこそこ兼ね備えている

バーテンダーは接客業の1つです。飲食関係を取り扱う仕事であるため、清潔感は重要なポイントとなります。特に顔や手のような客から見える部分は清潔にしておく必要があるでしょう。またカウンターや洗い場といった場所も清潔な方が良いです。自分だけでなくお店の中の清潔感も意識できる人がバーテンダーに向いています。また普段から掃除を心がけている人や部屋を綺麗にしていなければ気が済まないという人もバーテンダーに向いている可能性が高いです。客によっては煙草の灰でテーブルを汚してしまう人もいます。そうなれば次に利用する人が嫌な気分になる可能性もあるので、その辺りの清潔感も意識しておきましょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのバーテンダー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る