理想の就活/転職のための
自己分析サイト

バレリーナに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今バレリーナの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいバレリーナに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのバレリーナ適性診断結果

あなたの適性度は63%で、バレリーナの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。バレリーナを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

バレリーナに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.根気よく物事を継続できる
2.とにかくバレエが好き
3.メンタルが強く心が折れない
4.身体が柔らかい
5.自分で心身のケアができる
6.バレエに向いた身体を持っている
7.芸術に関して敏感
8.本番に強い
9.前向きで向上心がある
10.先を考える力を持っている
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 根気よく物事を継続できる 』

兼ね備えていない

バレリーナになるためには、根気よく練習を続けていくことが必須となります。途中で飽きて練習を休んでしまったり、だらだらと自堕落な生活をしていては立派なバレリーナになることは難しいです。地味で面倒だと思っても、毎日きちんと練習を積むことが大切です。地道に練習を続けていくことでそれまで出来なかったことが出来るようになるかもしれませんし、苦手だったポーズなども綺麗にやれるようになるかもしれません。たゆまぬ努力を続ければ、確かな技術をもったバレリーナとして花開くことが出来るでしょう。

『 とにかくバレエが好き 』

だいぶ兼ね備えている

バレリーナをするからには、バレエが大好きだという気持ちを抱いている人は多いかもしれません。しかし挫折を重ねて思うようにバレエを踊れなくなった時に、バレエを好きだという気持ちを忘れてしまいそうになることもあるのではないでしょうか。何度練習しても上手く踊れなくて、自分には才能がないと思うこともあるかもしれません。それでもバレエが好きだという気持ちを捨てなければ、いつかは理想のバレリーナになれる可能性が高いです。初心を忘れず、好きという気持ちを大切にしましょう。

『 メンタルが強く心が折れない 』

兼ね備えていない

一流のバレリーナとしてやっていくためには、練習はもちろん必要ですし、時には海外へ行く道を選ぶ必要もあるかもしれません。住み慣れた日本を離れて海外で暮らしていくのは大変なことですし、英語などの言語の学習も必須事項です。英語がわからなくて周りの人と上手くコミュニケーションがとれない、ということもあり得ます。そんな時にも心を強く保ち、諦めないで前進すればバレリーナとして生きていくことが出来るはずです。折れない心を育んで、環境の変化にもめげずに一歩一歩着実に歩んでいきましょう。

『 身体が柔らかい 』

十分に兼ね備えている

バレエを踊るうえで大切なのが、体の柔軟性です。体が硬いと綺麗なポーズをとることが出来にくいですし、基本のポジションすら長時間保つことは難しいかもしれません。足首の柔軟性や足の甲の柔軟性、股関節の柔らかさなどもバレエを美しく踊るためには大切な素養となります。また、元々体が柔らかい人でも、毎日ストレッチをして柔軟性を高めることは大切な作業です。足のつま先から手のつま先まで美しく魅せるには柔軟性が大切です。日頃からストレッチを習慣づけて、体をほぐしておくのがおすすめです。

『 自分で心身のケアができる 』

だいぶ兼ね備えている

バレエは舞台の上で長時間体を動かさなければならない大変さがあります。体の調子だけではなく、心もきちんと整えておかないと美しいバレエを踊ることは出来ません。綺麗なバレエを踊るためにいつも誰かに頼っていては、その誰かがいなくなった時に自分一人でバレエを踊ることは難しいかもしれません。どんな時でも自分一人で自分のケアを行える人はバレリーナに向いています。体と心のケアを普段から行い、いつでも最高のバレエが踊れる人でなければ、バレリーナのトップに立つことは難しいでしょう。

スポンサーリンク

『 バレエに向いた身体を持っている 』

そこそこ兼ね備えている

頭が小さく手足が長くて、全体的に細い体型はバレリーナ向きです。バレリーナは頭から足まで体全体を使って踊るので、全体を見た時にバランスの良い体型である方が良いとされています。手足が短い体型はバレリーナには向いていませんし、沢山努力をしなければ美しいバレエを踊ることは難しいです。美しい筋肉のつけ方をして、体重が増えすぎないように食べ物にも気をつけなければなりません。体型維持はバレリーナに必須なので、食べすぎはNGです。歪んでいない綺麗な骨格を持っている人が、バレリーナにぴったりです。

『 芸術に関して敏感 』

十分に兼ね備えている

バレエは音楽とダンスが合わさっており、芸術に敏感であることが求められます。芸術的なセンスがあれば振付師の思いもうまく汲めてバレエに綺麗に表現することができますし、見る人に感動を与えやすいです。芸術について全くわからないという人でも、勉強してみれば知識はつくはずです。しかしセンスはなかなか身につけることが難しいので、芸術的なセンスが元からある人の方がバレリーナに向いています。日頃からアンテナを張り、美術館などにも足を運んでみると、芸術のセンスが育めるかもしれません。

『 本番に強い 』

十分に兼ね備えている

練習でどんなに上手く踊れても、本番に強くなければ実力を発揮することは難しいです。本番に強ければ自分の実力以上の成果を出せることもあるかもしれません。練習の時にどうしても出来なかったことが、本番では何故か上手に出来たということもあり得ます。オーディションやコンクールなどに挑戦する機会もあるかもしれませんが、本番に強ければそれだけで有利に事を運べます。緊張して人前ではあがってしまうという人は、バレリーナにはあまり向いていないかもしれません。

『 前向きで向上心がある 』

そこそこ兼ね備えている

振付師から難しい振り付けを任されたり、師事している講師から駄目だしをされても前向きに受け止めることが出来る人は、バレリーナに向いています。厳しいことを言われてもそれを上手く自分の中で消化して、自分が前進していくためのステップとして捉えられたなら、挫折すら魅力的なバレリーナに近付く一歩と思うことができるかもしれません。落ち込むことは誰にでもあることだと思いますが、そこで立ち止まらずにもう一度前を向いて進んでいけば、必ず自分にとって良い経験になるはずです。

『 先を考える力を持っている 』

十分に兼ね備えている

バレリーナとして活躍するためには、どんな場所でどんな経験を積めばいいかなど先のことを考えて行動することが大切です。将来のことを考えずに目の前のことだけでいっぱいいっぱいになっていると、思わず落とし穴が待ち受けているかもしれません。冷静に現在の自分を分析して、将来のためにどんなことをすればいいのか考えられれば、バレリーナとして立派にやっていけることでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのバレリーナ適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る