理想の就活/転職のための
自己分析サイト

ベビーシッターに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今ベビーシッターの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいベビーシッターに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのベビーシッター適性診断結果

あなたの適性度は43%で、ベビーシッターの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。ベビーシッターを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

ベビーシッターに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.責任感が強い
2.子供に愛情を注げる
3.観察眼がある
4.体力がある
5.常識がある
6.コミュニケーションが得意
7.仕事で多く移動する事が苦でない
8.人のために行動するのが好き
9.誠実に仕事ができる
10.育児経験がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 責任感が強い 』

そこそこ兼ね備えている

ベビーシッターに向いている人の特徴というと、責任感が強いことが挙げられます。そもそもベビーシッターは小さい子供の命を預かる職業なので、仕事の際は常に子供の安全を第一に考えて行動しなければいけません。子供が遊んでいる際には、ケガをすることがないように常に行動や周囲に気を配る必要があります。また、危険を察知した際には早めに対応しなければいけないのです。責任を持って仕事をこなせれば、お客さんから信頼されるベビーシッターになれます。

『 子供に愛情を注げる 』

あまり兼ね備えていない

ベビーシッターとして働くためには、子供に愛情を全力で注げるスキルも必須です。子供と接する際には、親に代わって愛情を注ぐことが求められます。例えば、子供が言うことを聞かなかったり、汚い言葉を使ったりした際には、親に代わって諭さなければなりません。決して感情的にならず、どうしてそのような言動をするのかを考えて、子供に寄り添いながら不安を取り除くことが重要です。

『 観察眼がある 』

あまり兼ね備えていない

優れたベビーシッターになるためには観察眼も必要なスキルです。そもそもベビーシッターは、子供の大切な命を預かる仕事です。ちょっと目を離した隙に、子供が勝手な行動をとって大きな事故に繋がることも起こり得ます。そのため、子供を預かっている時は、危険な行動をとっていないか、周囲に異常がないかなど常に注意深く観察する必要があります。その他にも、小さい子供は体調が急変しやすいのも特徴的です。すぐに体調の異変に気付けるように、顔色や声色などを常に観察することも求められます。

『 体力がある 』

十分に兼ね備えている

ベビーシッターとして働くためには体力も必要なスキルと言えるでしょう。小さい子供は、力いっぱい走り回ったり、思いっきり体を動かして遊んだりするものです。それに付き合うためには、ベビーシッターはかなりの体力が必要といえます。もしもベビーシッターが疲れるからと一緒に遊んでくれないと、子供は素直に心を開いてくれない可能性もあります。子供との絆を深めるためにも、一緒に遊び回れるだけの体力もベビーシッターになるために必要と言えるでしょう。

『 常識がある 』

だいぶ兼ね備えている

ベビーシッターに向いている人の特徴というと、常識を兼ね備えていることも挙げられます。ベビーシッターは、保護者の自宅を訪問して、そこで子供の個別保育を行う仕事です。子供とベビーシッターだけで長時間自宅で過ごすため、家のものを勝手に触らない、個人情報を盗み見しないなど良識ある行動が求められます。もしも非常識な行動が保護者にバレてしまうと、ベビーシッターとしての信頼を失いかねません。したがって、人間として常識のある言動を取れることが大事です。

スポンサーリンク

『 コミュニケーションが得意 』

あまり兼ね備えていない

コミュニケーションスキルもベビーシッターとして活躍するには欠かせないスキルです。明るくてコミュニケーションが得意な人でないと、子供が心を開いてくれない可能性が高いです。すると、意思疎通をスムーズに行えず、ベビーシッターとして信頼されなくなります。その逆に、明るくてコミュニケーションが得意ならば、子供はもちろんその親からも信頼を得やすくなります。

『 仕事で多く移動する事が苦でない 』

兼ね備えていない

移動することを苦に感じないこともベビーシッターとして重要なスキルです。ベビーシッターとして働く場合、依頼された家庭へ自ら移動しなければいけません。なかには自宅から遠い場所まで行かなければならず、移動に時間がかかるケースもあります。したがって、色々な地域に行くことが好きな方、移動するのが苦ではない方にぴったりの仕事です。

『 人のために行動するのが好き 』

兼ね備えていない

人のために行動するのが好きという方もベビーシッターに向いています。ベビーシッターは、子供の世話以外にも部屋の掃除や買い物、食器洗いなど家事全般を任されるケースが多いです。いわゆる、縁の下の力持ちのような仕事を任されるため、自分の行動で人を喜ばせたい方、人のために行動するのが好きという方にベビーシッターは向いているといえるでしょう。

『 誠実に仕事ができる 』

そこそこ兼ね備えている

ベビーシッターとして働くためには誠実に仕事ができる点も求められます。ベビーシッターは育児のプロですが、親としては初対面の人に自分の子供を預けるのに不安を感じるものです。その点、常に安全を意識して誠実に仕事をこなしていけば、親から大きな信頼を獲得できます。

『 育児経験がある 』

だいぶ兼ね備えている

ベビーシッターとして活躍するには育児経験も必要なスキルです。育児経験が豊富にあれば、自身のノウハウを活かして働くことができるからです。とりわけ個人でベビーシッターを開業する場合、子供とかかわった経験があればお客さんからの信頼を得やすく安心して利用してもらえるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのベビーシッター適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る