理想の就活/転職のための
自己分析サイト

自動車整備士適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今自動車整備士の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい自動車整備士に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの自動車整備士適性診断結果

あなたの適性度は56%で、自動車整備士の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。自動車整備士を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

自動車整備士に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.車が好き
2.情報収集が得意
3.手先が器用
4.地味な事をコツコツ続けられる
5.コミュニケーション能力がある
6.チームワークを大切にする
7.体力がある
8.勉強が好き
9.細かいことに気が付く
10.綺麗好き
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 車が好き 』

あまり兼ね備えていない

自動車整備士に向いている人の条件としてまず挙げられるのが、車が好きなことです。車を取り扱い、車の細かいことまで知っておく必要がありますから、それに興味がある人の方が仕事をしていて楽しいですし、クオリティの高い仕事をすることにもつながります。仕事では楽しいことばかりではありませんが、好きな気持ちがあれば続けていくための力も出てくるはずです。好きな車に囲まれた仕事なら、乗り切っていけることも多いでしょう。

『 情報収集が得意 』

あまり兼ね備えていない

車が好きなことと共通しますが、一つの車だけではなく多くのメーカーや車種のものに興味があり、情報を集めるのが好きな方が自動車整備士には向いています。そうして趣味として得た情報が仕事に直接生かせるからです。いろいろな車を見ていくことで、修理できるものの幅も広がります。車好きでも特定の物や思い入れのあるものだけになっていないか、確認してみるとよいでしょう。特に次々新しいものが出てくるのが車の世界ですから、それについていくことが苦でない人でなければ仕事自体についていくことが難しくなります。

『 手先が器用 』

そこそこ兼ね備えている

自動車整備士は様々な部分の修理を行いますので、細かい作業も多くあります。おおざっぱな作業では安全な運転を支える修理はできませんし、車自体を壊してしまうかもしれません。正確で繊細な作業ができるかどうか、それに耐えられるかどうかが重要です。趣味や日常の作業を通して、細かい作業が好きであったり、器用だと褒められたりする方は整備士に向いているかもしれません。

『 地味な事をコツコツ続けられる 』

だいぶ兼ね備えている

自動車整備士はそれほど目立つ仕事ではありません。人に注目されることも少ないでしょう。しかし、その仕事が人々の安全を守ることにつながるので、見られていないとしても気を抜くことはできません。目立って評価されることはなくても、地味な修理作業をきちんとこなしていけるかを考えてみましょう。何事も人に認められなくてもきちんとこなせる人、コツコツ積み上げていくことができる人が向いています。

『 コミュニケーション能力がある 』

十分に兼ね備えている

自動車整備士の仕事自体は一人で黙々と修理をすることが多いですが、仕事を取りに行く営業を行うとき、また、修理の詳細を説明するときなどは、人とのコミュニケーションが生まれてきます。特に専門的な修理の内容を一般のお客様にわかるように説明するのは経験やコミュニケーション力が必要です。分担して作業を行う場合には、同僚などとのコミュニケーションができていないと難しいでしょう。人と話すのが好きで、物事を人に対してきちんと伝えることができる方なら、問題なく整備士の仕事も進めていくことができるはずです。

スポンサーリンク

『 チームワークを大切にする 』

そこそこ兼ね備えている

自動車整備士は一人での仕事だけではなく、複数の人がかかわる形で仕事を進めていくことが多いです。その際に輪を乱さずに作業が進められることは必須となります。きちんと関係ができていなければ、作業に問題が発生したり、修理がうまく進まなかったりすることもあるからです。個人の力だけではなくチームでの動きを考えていくことが求められます。

『 体力がある 』

そこそこ兼ね備えている

自動車整備士の仕事は体力勝負でもあります。重いものを持つこともありますし、作業の際に力を使うことも多いでしょう。そうなると、体力がない場合には仕事が続けられなくなってしまいます。車の修理に関する知識を学ぶのと並行して、体力作りも積極的にしておくと仕事に役立つでしょう。

『 勉強が好き 』

だいぶ兼ね備えている

自動車整備士になるためには、様々な知識を身につけなければなりません。資格取得ももちろんですし、仕事の場では常に学び続けていくことが求められます。自動車の技術は日々進歩していくので、勉強し続けることになります。それに耐えられるかどうか、自分の勉強への姿勢などを振り返ってみるとよいでしょう。

『 細かいことに気が付く 』

そこそこ兼ね備えている

自動車整備士はちょっとした異変などにも気が付く必要があるので、日常の中でも細かいことに気が付く人が向いています。決められたことだけを見ているのではなく、目についた異変を逃さずにきちんと修理できるかどうかは重要です。安全を守るうえでは細かすぎるといわれるぐらいがちょうどいいでしょう。

『 綺麗好き 』

あまり兼ね備えていない

自動車整備士は汚れるイメージの仕事ではありますが、お客様に接することもあり営業マンの側面もあります。最低限人に嫌な思いをさせないような身だしなみは欠かせません。また、車について悪いところをなおせばよいだけではなく、見た目を損なわないこと、作業で汚れた部分をきれいにしてお渡しすることも必要です。そういった点の配慮ができる人が求められます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの自動車整備士適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る