理想の就活/転職のための
自己分析サイト

アスレティックトレーナーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今アスレティックトレーナーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいアスレティックトレーナーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのアスレティックトレーナー適性診断結果

あなたの適性度は65%で、アスレティックトレーナーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。アスレティックトレーナーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

アスレティックトレーナーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.人をサポートするのが好き
2.スポーツ・医療への興味が強い
3.コミュニケーション能力が高い
4.臨機応変な対応ができる
5.話しかけやすい雰囲気がある
6.問題解決能力が高い
7.協調性が高い
8.長期的な目標に向かって努力できる
9.体力に自信がある
10.何事にも前向きに取り組める
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 人をサポートするのが好き 』

そこそこ兼ね備えている

アスレティックトレーナーは、競技者やジムなどでスポーツを頑張っている人を、健康管理、ケガ予防の指導、応急処置、リハビリテーションなどを通して支える仕事ですから、縁の下の力持ちとしての役割が多いです。前線で活躍する人に尽くそうという思いを持ち続けながら誠心誠意、業務に取り組むことができる人がアスレチックトレーナーに向いていると言えるでしょう。

『 スポーツ・医療への興味が強い 』

だいぶ兼ね備えている

アスレティックトレーナーの仕事は、スポーツ選手・ジムやフィットネススタジオのお客さま・福祉施設や医療機関のお客さまなどスポーツに関わる人が対象になります。そのため、様々な競技ルールなどスポーツに関する専門的な知識に精通している必要があります。また、これだけではなくアスレテックトレーナーは、応急処置やケガや病気予防のための指導を行います。スポーツトレーナーの中でも特に医療的な役割を担うのです。身体の仕組み、リハビリテーション法などの医学的な知識を使って、人々のヘルスケアに携わります。このように、スポーツ分野・医療分野いずれに関する知識にも興味を持ち、満遍なく学んでいける人がアスレティックトレーナーに向いています。

『 コミュニケーション能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

アスレティックトレーナーは常にお客さまや他の専門職、関係者との会話を行います。お客さまは、スポーツ選手やフィットネスジムの利用者などどこで働くかによって様々ですが、どのような人が相手でもしっかり意思疎通を測り、寄り添うことが大切です。ケガや病気に繋がらないように、お客さまのニーズや悩みを聞き出しながらアドバイスをします。話す力・傾聴する力いずれも求められるのです。時には、アスリートを励ましたりする場面も出てくるのではないでしょうか。場面に応じて優しい言葉をかけることができる人もアスレティックトレーナーに向いていると言えるでしょう。

『 臨機応変な対応ができる 』

そこそこ兼ね備えている

スポーツを行う以上ケガをする可能性はありますが、それは思いがけない時に起こります。そのような時にアスレティックトレーナーは、どのような応急処置をしたらよいのかを即時に判断し、対応することが必要です。早期に対応することで、選手の今後のスポーツ人生を救うこともできます。また、お客さまの悩みを聞き、運動をする際に発生するあらゆるリスクを想定し、ケガや病気を予め防ぐことができるようなアドバイスができることも大切です。臨機応変な行動や、アドバイスができる人がアスレティックトレーナーに向いています。

『 話しかけやすい雰囲気がある 』

そこそこ兼ね備えている

話しかけやすい雰囲気を持つ人は、お客さまからも信頼されやすいです。相談するときも気張らずに悩んでいることを打ち明けられることもでき、リハビリテーションも会話に花を咲かせながら楽しく行うことができるでしょう。トレーニングや試合がきつくて落ち込んでいる時に優しく励ましてもらえた時には、「この人に相談したい」と思うのではないでしょうか?ちょっとした心遣いをしたりすることによって、話しかけやすい雰囲気を作り出すことができます。話しやすく信頼してもらいやすい人は、アスレティックトレーナーに向いています。

スポンサーリンク

『 問題解決能力が高い 』

だいぶ兼ね備えている

アスレティックトレーナーは、お客様のニーズや悩みを聞き出して、どのようにすれば解決するのか、ケガや病気を防ぐことができるのか、アドバイスをすることが仕事です。試合中でのケガの発生でどのような処置が最適なのか、今後そのようなことが起こらないようにどこをリハビリテーションやトレーニングで重点的に鍛えればよいのか、食事バランスを整える必要があるのか、ということを適切に判断し、お客さまを支えます。問題解決をするために必要な要素を考えることができる人がアスレティックトレーナーに向いていると言えます。

『 協調性が高い 』

十分に兼ね備えている

アスレティックトレーナーは、他のスポーツトレーナー、スポーツドクター、看護師、管理栄養士、ジムのスタッフなど勤務場所にもよりますがいずれにしても様々な職種と連携してお客さまを支えます。そのため、自分がお客さまと関わった中で得た情報や、自分が持っているスポーツ分野・医療分野の知識を共有したり、相手から新しい情報を聞いたりする必要があります。知っていることを1人でとどめておくのではなく、お客さまを他の分野で支えている他職種の人にも伝えることができる人が、アスレティックトレーナーに向いていると言えます。

『 長期的な目標に向かって努力できる 』

そこそこ兼ね備えている

「ケガや病気を予防する」ということは将来を見据えた長期的な考え方です。また、リハビリやトレーニングも一朝一夕では結果が出ないことが多々あります。お客さまを励ましながら長いスパンでサポートし、その先にある、「結果を出せた喜び」を味わうことを楽しみにできる人がアスレティックトレーナーに向いていると言えます。

『 体力に自信がある 』

だいぶ兼ね備えている

アスレティックトレーナーは、トレーニング指導などスポーツ分野に加えて治療や施術など医療的な仕事などやらなければいけない業務が多岐に渡ります。必要があるならば、休日に呼び出されることもあるでしょう。スポーツ分野・医学分野の知識を勉強しながらこのようなハードな仕事をこなす必要があるため、体力のある人が向いていると言えます。

『 何事にも前向きに取り組める 』

十分に兼ね備えている

どの仕事にも言えることですが、必ずしもうまくいくことばかりではありません。時には、お客さまの調子が悪くなったり病気が再発してしまうこともあるのです。自分が考えたカリキュラムや、リハビリの内容が悪かったのかもしれない、と考えてしまう時もあるのではないでしょうか。そのような時に、落ち込みすぎないで次はどのようにすれば改善するのか?ということを冷静に、前向きに考えることができる人が向いていると言えます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのアスレティックトレーナー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る