理想の就活/転職のための
自己分析サイト

宇宙飛行士に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今宇宙飛行士の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい宇宙飛行士に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

宇宙飛行士に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの宇宙飛行士適性診断結果

あなたの適性度は55%で、宇宙飛行士の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。宇宙飛行士を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

宇宙飛行士に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.協調性がある
2.コミュニケーション能力がある
3.異なる文化や価値観への敬意がある
4.知的好奇心が高い
5.どんなときも冷静沈着
6.集中力が高い
7.語学力を備えている
8.健康と体力に自信がある
9.強い精神力がある
10.人間性に優れている
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 協調性がある 』

そこそこ兼ね備えている

宇宙飛行士は世界各国のクルーが働いている国際宇宙ステーションに、最長で6か月間滞在します。長期にわたりチームの一員として活動していくために、協調性は欠かせません。仲間とのチームワークを大切にしている方に、宇宙飛行士はぴったりな仕事だと言えるでしょう。

『 コミュニケーション能力がある 』

だいぶ兼ね備えている

国際宇宙ステーションに長期間滞在するのは、2名から6名ほどです。数名のチームメイトと共に閉鎖的な空間で生活していくためには、円滑なコミュニケーションが欠かせません。さらに、宇宙飛行士は危険なミッションを行う場合もあります。チームで協力して作業できるよう、普段から積極的にコミュニケーションをとっていくことが重要になるでしょう。

『 異なる文化や価値観への敬意がある 』

兼ね備えていない

宇宙飛行士は、様々な国籍のチームメイトと共に働きます。国によって文化も異なるため、相手の文化的な背景を尊重することが求められるでしょう。また、ただ自身の価値観を押し付けるのではなく、相手の意見も聞いた上で柔軟に対応していく必要があります。

『 知的好奇心が高い 』

十分に兼ね備えている

宇宙飛行士になるためには、豊かな教養と専門的な分野における膨大な知識が求められます。また、宇宙飛行士は自身の専門分野はもちろん、専門分野以外の様々な活動を行っていくことも必須です。宇宙飛行士になるまでだけでなく、宇宙飛行士として働き始めてからも生涯にわたって学び続けていくためには、知的好奇心が欠かせません。未知に対してあきらめずに挑戦し続けられるような探求心を持つ方に、宇宙飛行士の仕事は向いていると言えます。

『 どんなときも冷静沈着 』

十分に兼ね備えている

宇宙飛行士として働く上で、命が危険にさらされるようなトラブルに見舞われる可能性もあります。自身やチームメイトを守るためには、危機に直面してもパニックにならず、出来る限り冷静に対応していくことが重要です。トラブルが発生した場合でも、落ち着いて的確な行動を選択できるような方は、宇宙飛行士に適性があると言えるでしょう。

スポンサーリンク

『 集中力が高い 』

兼ね備えていない

宇宙飛行士の仕事内容として挙げられるのは、実験や設備の組立などです。時には、大きな負担のかかる複雑な作業を1人で担うこともあるでしょう。ちょっとしたミスが重大なトラブルへとつながってしまうため、長時間集中力を維持できることが求められます。

『 語学力を備えている 』

十分に兼ね備えている

宇宙飛行士が受ける講義や訓練などは、基本的に全て英語で実施されています。ネイティブと同等のレベルに達していない限り、課題を解決するどころか課題の内容について理解することも難しいでしょう。多国籍なチームメイトとのコミュニケーションをスムーズに行っていくためには、国際的な公用語にあたる英語に堪能であることが必要不可欠です。また、宇宙飛行士としてソユーズに乗船する可能性もあるため、英語だけでなくロシア語の習得も重要になります。

『 健康と体力に自信がある 』

そこそこ兼ね備えている

宇宙飛行士を目指す上での基本となるのは、健康な体づくりです。宇宙飛行士の訓練は、選抜試験合格後に専門的な施設で受けるような特殊なものであり、日常的にできるようなトレーニングとは異なります。しかし、宇宙飛行士として長期間働き続けるためには、特殊な空間でミッションを遂行できる体力はもちろん、健康であることも重要なポイントになります。栄養バランスのとれた食事と適度な運動をこころがけ、睡眠も十分にとるなど、生活習慣の改善から取り組んでいくようにしましょう。

『 強い精神力がある 』

そこそこ兼ね備えている

宇宙飛行士は、長期にわたって地球から離れた特殊な空間で生活するとともに、プレッシャーのかかるミッションを遂行しなければいけません。どんな環境でも柔軟に対応し、安定したパフォーマンスを発揮していくことが求められます。常に前向きに考え、あきらめずに挑戦し続けられるような強靭な精神力を持っていれば、危機的な状況にも冷静かつ的確に対処していけるでしょう。困難から逃げることなく、向き合って克服していけるような方に、宇宙飛行士の仕事は向いています。

『 人間性に優れている 』

そこそこ兼ね備えている

宇宙飛行士は、多くの人からの支えによって成り立つ仕事です。宇宙飛行士だけでは、宇宙へ行くことも、ミッションを遂行することも不可能でしょう。よって「この人と一緒に宇宙に行きたい」、「この人のためなら頑張っていける」と思わせられるような人間性が、宇宙飛行士に求められます。また、宇宙飛行士はチームへ自身の命を預けるとともに、チームメイトの命も預かっています。仲間と深い信頼関係を築かない限り、極限の状態で協力し合うことは出来ません。自身が絶対的な信頼を得られるような人間であることはもちろん、相手を心の底から信頼することも必要になります。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの宇宙飛行士適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

この適正診断テストでわかること

  • 宇宙飛行士に向いているか向いていないか
  • 宇宙飛行士の職業適性度
  • 宇宙飛行士に必要な10の資質
  • 解説で宇宙飛行士に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか
アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る